ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1408141
毎週末何処かで蚤の市が開かれて居ます。
インターネットで50キロ圏内で調べて見て回るのが私の趣味です。
手持ちに余りお金が有りませんから買える品物は限られて居ます。
水彩画家・長尾周二1408142
しかし今回は写真の様に掘り出し物を手に入れました。6号サイズの銅版画の原版です。
当然美術館行きの品物です。
約100年前の物ではないかと思われます。
原版を制作するのに大変な労力を要します。技術も熟練者でなければ出来ません。こうした物が一般家庭から出て来るのですから当然見逃せません。
今年も数点掘り出し物を手に入れました。5ユーロで買った作品もParisの蚤の市では120ユーロはする人物画だったり8ユーロで買った彫刻物もロココ様式を見事に表現した作品だったり(当時はお土産置物だったかも)です。銅版画の価格もランチを食べられる値段で手に入れました。
今年も後数回は見て回れる機会が有ります。
早朝明るく為ると同時に出掛けます。普通6時から始まって居ますのでその日だけは早起きです。

毎日、ロワールを描いて居ます。疲れも取れて気持ち良く制作しています。
コスモス畑にも行って来ました。少しコスモスも咲き始めて居ました。何日が通い詰めてと思って居ます。作品は小さな村の教会が見える風景ですが此所は秋めいた色に為って居ました。1日同じ場所に居るからこそ見えて来る風景も有ります。同じ場所に通い詰めて見えて来る風景も有ります。