ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二140820
8月のParisは観光客で溢れて居ます。
マダムと共にParisプチパレ前でARTECメンバーの作品の受け渡しをする為に来ました。
観光客が多いのですがParisは車が少なく動き易いです。路上のパーキングも無料です。しかしイタリア・グビョウでも居ましたが料金徴収員を装ってチップを受け取る人が居ました。勿論払う必要は有りません。信号待ちをして居るとフロントガラスを洗う男が来ました。これもクラクションを鳴らして拒否、しかし洗ってお金を要求しました。これも勿論払いません。
ありとあらゆる裏ビジネスが花盛りのParisです。
万引き置き引き偽物を買わせたりと私の知る限りでもそれだけ有ります。

私が20代の時にムーランルウージュにショーを見に来たらフランク・シナトラの特別ショーで入れませんでした。数件横のショーパブに男5人で入ったらいきなり鉄格子のドアを閉めて高額料金を請求何も飲まずで1人20000円払った事が有ります。シャンペンが出てきた時にヤバイと気がついたのですが時遅しです。皆さん気を付けてバカンスを楽しみ下さい。

ランチは中華バイキングレストランで頂きました。中華バイキングに寿司は当然有ります。この店は味噌汁迄有りました。久しぶりの味噌汁此はたまりません。
私の車は展覧会作品で満載、明日は展示で忙しいです。