ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150304
昨日は外務省、小林司法書士事務所、阿佐ヶ谷美術専門学校にお伺いしました。一般社団法人を立ち上げましたので色々な方のご支援や協力を得る事も大切な事です。
そうした中で阿佐ヶ谷美術専門学校の理事長三輪さんの話で日本人画家とヨーロッパ画家の大きな相違点は詩や音楽を感じる作品が日本人画家の作品には少ないと仰有って居ました。躍動感や感情表現が画面から溢れ出ているかどうかだそうです。
私はその話しで技術的なテクニックは中国、ロシアと同等以上で何故日本人画家の評価が低いのかと言う問題の本質の一旦を垣間見た気がします。
勿論、オリジナリティが有ってその上の話しです。
たかが平面作品ですが奥はとても深い仕事だと常々考えさせられて居ます。