ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1508311
土曜日、個展会場の鍵をマダムに渡しParisに向かいました。
日曜日夕方シャルル・ド・ゴール着で友人の上森さんが帰国です。個展開催中ですがマダムに一日開けて頂き迎えに来ました。
土日の午前中は此処ポートバンブーは蚤の市開催中です。
勿論見て回るだけでも楽しいので機会を捉えて来ました。
車中泊で夜明けと同時に見て回りました。もう夏の終わりで7時過ぎても準備中の店が殆どでした。
そうした中で日本人女性と出会いました。今日昼にはパリを立つそうでその前に来られたそうです。此処ポートバンブーは日本人観光客にも人気で良く見かけますが夜明けと同時に来られる方はさすがに目立ちます。声を掛けて品定めをご一緒しました。
水彩画家・長尾周二1508312
先ずはアクセサリーをお買い上げ、アンティークのアクセサリーです。後は靴、丁度彼女のサイズにピッタリでした。私も以前此処で2足靴を買いましたがサイズが合えば本当にお買い得な商品が有ります。彼女が選んだ靴は20ユーロ新個品で店で買うと最低数万円はする品物です。
後はリモージュの菓子入れとお皿二枚三点で30ユーロこれは超お買い得でした。支払いをした後に様子を見ていた老人が話し掛けて来て良い買い物だったねと 仰って居ました。買われた彼女は菓子入れの方が気に入って居るのかも知れませんが私は小さなお皿二枚の方に価値が有ると思って居ます。
菓子入れだけでも30ユーロで通用する品物でした。彼女と別れた後再度回って写真にある女性のレリーフをてに入れました。

人との出会いもアンティークとの出会いも楽しいものです。