ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150907
一般社団法人アートシップインターナショナルの海外展第1回Paris展の初日を迎えました。6月にParis日本文化会館でフランスの美術団体ARTECとのジョイントで展覧会を主催しましたが実質的に今回がメンバー展としての旗揚げです。

海外初のアートシップインターナショナルParis展は私の想像以上に手応えが有りました。
Paris日本文化会館展に続き今回も在仏日本大使館の後援を頂きました。
マドレーヌ寺院入り口に120×80センチのポスターにはJAPAN.KOKORO.EXPOSTIONのタイトルと共に国旗と在仏日本大使館のロゴマークが並んでいます。
フランスParisのセンターにあるマドレーヌ寺院は世界中から来られた観光客が見学にいらっしゃいます。そうした中で美術に関心の有る方がポスターをご覧に為って入場して下さいました。
ベルニサージュにも関係者友人知人が25名出席して頂きました。その中にはフランスを代表する作家ロルジュのコレクター柴沼さんARTEC会長フランソワーズ・イカールさんや自治体体国化協会のParis事務所所長荒井さんレストランオーナーの千葉さんも来て頂きました。
全く何も無い処からマドレーヌ寺院のギャラリーを使わせて頂く契約が出来こうして皆様のご支援を頂き開催出来ました。
心より感謝申し上げます。
マドレーヌ寺院入り口に大きなポスターを用意しました。日本の日の丸とParis日本大使館の後援許可マークロゴが効いたのでしょうか20人位の日本人観光客が来られました。それらを含め初日の入場者数は150名を超えました。
全てが期待以上の1日でした。

アートシップインターナショナルの主たる目標は日本人作家を世界に羽ばたける事を応援する団体です。今回はメイン作家を平沼邦子さんとしフランスの評論家 に作家紹介文を書いて頂きました。今後こうした発表と同時にあらゆる方面に働きかけ作家の後押しをしたいと思って居ます。
早速火曜日にはARTEC会長フランソワーズ・イカールさんがParisのラジオ放送局で今回の展覧会情報を放送して頂きます。
平沼邦子さんの作品解説を含めメンバーの作品に付いて事前打ち合わせを今日する事に為って居ます。

こうして産声を上げた一般社団法人アートシップインターナショナルを今後共宜しくお願い致します。

一般社団法人アートシップインターナショナル 理事長 長尾周二