ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1601232
高松市から讃岐山脈を目指して193号線を走ると溜め池の横に明らかに古墳と思われた小高い山が有りました。山頂迄登り確信して散歩していた地元の方にお伺いした処、昨年迄徳島大学の古墳調査団が入っていたそうで石棺も出土したそうです。
弟と山登りをした徳島県の大麻山や高越山も神話の由来が有る神社が有りました。大麻山は山が御神体で拝殿は麓に有ります。そうした私達の歴史を知ることが日本の風景を描く事に役に立つと思って居ます。
もう少し走った所に竜満池が有ってその北に川東八幡神社がありその奥に油山152メートルがありその山頂にも登りました。その昔、山から油が出て居たと伝承が有ります。近くには古墳も有るそうですが私はこの山も必ず古墳だと思います。
讃岐平野を見渡せしかも油が出て居たと伝承が有る地に古の長が葬られ無い訳が無いと思います。
ま、そんな古の想いを廻らせて製作を続けて居ます。