ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160213
桜の花ではと見間違う美しさでしたがアーモンドの大木です。
やっと時間が取れて友人の上森さんと写生に行って来ました。昼食事を共にしてアーモンドの木の横に並んで描き始めました。雨が降って居たのですが3時半を過ぎる頃には思い描いていた様に青空が出て来ました。久しぶりの30号制作楽しかったです。
アーモンドは例年より1ヶ月から2ヶ月早く咲いて居ます。
お陰でアレルギーも始まり鼻水とくしゃみが帰って来ました。

Parisのマドレーヌ寺院の契約パパが高齢の為に約束を忘れて今年はマドレーヌ寺院の企画は流れました。昨年の展覧会企画の際も日時が違って居て慌てた事が有りましたが何方も高齢に為るとこうした事に為りますね。
Parisの街もロワールの街にも警察官が警戒して居ます。CHOUZYの小さな街の入り口でも検問していて取り締まりを受けました。  
交通取り締まりでは無くて検問の様です。
Paris市内の高級ホテルも空きが目立ち40%割り引きも有ると柴沼さんが話して居ました。
昨日行ったギャラリーの横でも警察官3人で警戒して居ました。
ま、皆さん今が一番安全ですよと話して居ました。