ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160426
私の父も祖父も伯父までも64歳で亡くなって居ましたので私の人生設計はこの歳までと決めて歩んで来ました。
もう何も求める事も望みも有りません。
以後余生と決めて居ましたから皆様のお役に立てればと思って居ます。
日本とヨーロッパ特にフランスとの関係を通じ国際貢献出来ればと思って居ます。
今後は一層アートシップインターナショナルを通じて文化活動に力を注ぎたいと思います。
今日もトゥールのヤマト展に出品する作品を車に準備し満載しました。
その後ロワール川の対岸に車を走らせ教会の見える菜の花畑の絵を描いて来ました。
兎に角、画家は絵筆を持ちキャンバスに向かわなければ始まりません。
そうしていつの日か納得の行く作品が出来るのだと楽しみにしています。
ARTEC会長のフランソワーズ イカールさんとも話して居ますが後何年間こうした活動が一緒に出来るのかと。