ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160902
個人主義、合理的、自己責任
ヨーロッパでは医療や病気に関してもこれらが徹底している様です。

6年前だったか日本滞在中スペインの友人が来ていてゴルフに行ってゴルフ場で発病、即入院と言う事が有りました。
胆嚢炎です。永山日本医科大学に入院するとドクターが16年振りの重症患者だと言って居ました。
フランス、スペインだと亡くなって居たでしょうと断言していました。

友人は大切ですが医療関係者とのそれは命を左右しかねません。
幸い元医院長と親しくして居てしかもその病院が専門医だったので助かりました。
日曜日でしたが病気に行って即対応、息子が書類にサインする前に処置が始まって居ました。

フランスの医療関係者も持ち場持ち場で適切に医療行為を進めて頂き大変有り難い事でした。
しかし日本の医療現場は患者に寄り添い目処が付くまで世話をして下さいます。
フランスではそうした意味では救急車によるたらい回しや入院拒否、そうした弊害は有りませんが、極め細やかな対応は望めませんね。

日頃から友人知人と仲良くする事が一番かも知れません。
フランスの友人からも心配してメールを頂きました。
ありがとうございました。