ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二161002
先日もロワール川の畔で描きましたが日常生活には支障が無いのですが体力が回復していないようで続けての写生が出来ません。
部屋から川面を見ていると今日は大白鳥だけではなく鵜の大群約250羽他にも小型のカモメがこれ又数100羽鳥たちの楽園の様です。他にも鷺や小型の鳥も舞って居ました。
帰国の準備は殆ど終わりました。
格安券でしたから預け荷物が1個です。荷物の半分は作家の作品です。着替えも二三日分で自分でも心配する位の量でお土産等は全く入りませんでした。しかもパソコンも有りますから尚更です。
リュックサックにはアンティークと小品の作品15枚位でこれ又後は靴下と洗面用具でおしまいです。展覧会の芳名帳やパンフレット重たいです。重量制限一杯詰め込んで居ます。

しかし帰国をこんなに待ち望んだ事は有りませんでした。其ぐらい苦しい痛い体験でした。何を食べても飲んでも最初の一週間は嘔吐と下痢、水を飲んでもそうでしたから本当に苦しかった。
今も消化の良い物を自分で用意して食事をしています。
軟らか目のご飯とかインスタントラーメン等でフランス料理は病気の際には油が多くて胃に負担がかかりますのでそうして居ます。