ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1610182
フランスで購入したベネチア派の作品ぺテロを描いたと推測される作品を美術館に納入しました。
専門技術のある方の修復作業を経て納入されました。
購入時は作品にカビが着いていて傷んで居ましたが修復で見易く為りました。下の写真の額なし作品は修復前の作品です。
勿論私がコレクションした作品の中でも第一級の作品で探しても中々手にする事が出来ない逸品です。
水彩画家・長尾周二1610183
展示している歯ART美術館にこの作品を見に行く価値のある作品だと思います。
修復師の話でも作者不明で大作の一部を切り取った作品ですが一級の作品だと話して居ました。
余談ですが有識の方に見せて居る時に老舗ギャラリー支配人がこの作品を見て売って欲しいと言われました。
一般社団法人アートシップインターナショナルの名誉会員でもある美術館オーナーに納める意義があるとのアドバイスもあり納めました。
水彩画家・長尾周二1610181
日曜日、弟とお墓の掃除に行きました。私達が亡くなったら墓守りをする事が出来なくなるねと話ながら掃除をしました。
子供の頃住んだ屋敷は無くなりましたが時々来て居ます。
掃除を終えて讃岐山脈をドライブして居ると小さなお堂にお地蔵様が祀られて居ました。その由来を書いた掲示板に源平合戦の際に平家の落人が云々と有りました。そのお地蔵様の横にある南無阿弥陀仏と彫られた石碑には触らぬ様に貧乏神が着いて来ると有りました。
私は下から拝み退散しましたが弟はその石碑に触れてこんな事を書いた掲示板は初めて見たと話して居ました。私達の先祖も平家の落人ですから大変興味深く感慨に耽って居ました。
その近くで1メートル以上有ろうかと思える青ダイショウの蛇が居ました。
とてもスリリングな体験でした。