ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1706042
今日は10時過ぎからARTEC関係でシャトーボガールの展覧会受付が有りますので何ヵ所も回る事が出来ません。
蚤の市と聞いただけで気分が高揚してきます。先ずは一回り気に入った物が有れば即時に購入勿論価値以上の物は当然です。同様に二回は最低限回ります。
フランスの若者も両親が亡くなると日本と同様自分に興味が無いとなると叩き売ります。家具から一切そうする場合が有ります。そうした中に本物が混じって居ます。
先ず兵士のレリーフ(写真上)は石膏型抜きで直径30センチは有る物です。
私が気に入ったのは作家ものでも無くて職人が作った物だと思われます。
フランスが栄えて居た時代を偲ばせます。

水彩画家・長尾周二1706041
次に買ったのは10センチ位のブロンズ灰皿(写真上)です。
同様に型抜き職人制作物です。この種類の灰皿は良く見掛けますが買ったのはその価格の半分位の価格です。
と言う事でアルバイト代も入らない内に買ってしまいました。