ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1708251
インターネットでニュースを見て居ると四国の四万十川で37度を記録したとかで未々日本は暑そうですね。昨日ロワール河の河川敷で風景画を描いて居て黄色く少し色付いた木々が見られたり蔦の葉が紅くなりかけたりと秋を感じる色が有りました。

ロワール地方は一足先に秋を感じます。勿論陽射しがある時は真夏の暑さを感じますが一度木陰に入れば過ごし易い気温に感じます。少し体調が悪かったので小品制作にしています。ですから昼前から出かけランチを頂いた後に1枚描いて館に帰って居ます。
頭痛も無くなり美しい大自然のロワール河を楽しんで居ます。
大白鳥はカヌーが良く通るせいか居なく為りました。代わりに小鷺が何羽か見られます。
水彩画家・長尾周二1708252
ヨーロッパは相変わらすテロのニュースが流れて居ます。全く人種が違う方が何十万人も流入するといさかいが起こるのは当然です。日本も移民に付いては当然規制すべきで無闇に入れたら同じ様な事が起こります。歴史を遡ると必ず戦争か殺戮が起きて居ます。そうならない為にも知恵を出し守るべき事は守らなければいけないと思います。
今日ロワール河の河川敷で制作中に警察官が巡回して来ました。フランソワーズさんの館にお世話に為って8年経ちますが行き止まりのロワール河河川敷に警察官が巡回して来たのは初めてです。それ位フランス国内も何が起こるか分からない状態です。空に憲兵隊(国家警察)のヘリコプターが飛んで居るのは以前から有りましたが本当に驚きでした。

新自由主義の考え方が世界的に広がった頃から私はこうした事態に為ると予想して居ました。
お金儲けの為には何でも有りはこうした結果に為ります。中国や北朝鮮の王朝は見ての通りです。人を支配する為に物資やお金を独占しその資産で又人々を支配する困った物ですが何でも自由と言うのは何時の時代も弱い立場の人をより苦しめます。ヨーロッパに来て11年目ですが各国を見て周りユーロ圏の問題はドイツ一国が経済的に豊かに為りましたが他の国は昔に比べて経済もすべてが悪く為って居ます。南仏プロバンスは11年前は皆さんが明るくフレンドリーでした。今は余りにも治安が悪く為り又近隣の国々から安い農産品が入り小さな農家は生計が立ち居か無くなり廃業し政府の年金生活に陥りました。
結果、人々のマインド迄変わり疑心暗鬼に為ってしまって居ます。まるで大都会の人々と同じ様な疑心暗鬼の対応でした。

日本の歴史資料館や縄文遺跡を見て回った際に障害者も手厚く面倒を見て居たと資料が有りましたがそうした人間らしい豊かさをも壊しかねないのが人種間の対立だと思います。テロで何人か殺されたら大騒ぎしますが移民がボートで溺れて死んでも余りニュースに為りません。同じ人間ですが人種によって価値が違う様です。その一人勝ちのドイツも移民を大量に受け入れ都市の一部にスラム化した場所が見られます。ゴミの山が街の至るところに有りました。
あの勤勉て真面目なドイツ人も人を騙したり(燃費問題)スラム化した場所を放置したり少なくともドイツも決して幸せに為っては居ないと感じます。
理念や思想、宗教がどんなに素晴らしくても為政者の方向が間違って居ると取り返しの付かない事態に為ると証明したような物です。 (テロは交通事故に比べれば無いに等しいのて私は全く気にしていません。)
心の豊かさこそが文化ですしその一人である私は作品を通し幸せを届けるのが天命だと思って居ます。