ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1708311
今日も陽射しが出た一時は暑かったのですが昨夜同様に寒気が入って来て何度か雨が激しく降りました。そうした天気が安定しない1日でしたから運転席から4号の作品を2枚描きました。
車には50号80号を準備して用意していますが今日の天気では制作は無理でしたから諦めて小品にしました。

館に帰ってインターネットを見ると北朝鮮が事前通告なしにミサイルを発射して日本上空を飛び越えたとの事。
非常事態に驚きました。一歩間違えば・・・というような案件です。
まさに国防や日本をどう守るかが問われる事態です。

水彩画家・長尾周二1708312
勿論アーティストは平和を一番願って生活しています。

今日朝、フランソワーズさんと世界情勢に付いて話し合いましたが世界中がきな臭く為ってゝにも為らない情勢に入って居ると意見が一致しました。
新自由主義の破綻が世界中で起きて居てこの先大きなアクシデントに為りはしないか危惧しています。
フランスも収入は減る傾向に有りますが物価や税金は毎年上がって居て庶民の生活は益々悪く為って居ます。
私がParisの画材問屋で買ったロール水彩紙も随分値上がりしていました。毎月の様に買って居ますから良く分かります。
パリからの帰り道もポリスが全車両を止めて特に他国ナンバー車は室内点検も含め厳しく取り締まりをしていました。そう言えばメトロでも電車の乗客を全員下ろし空車のまま次の電車も同様にしていました。次の混雑した電車をやり過ごしその後の電車に乗車すると次の駅で若者2人がポリスに拘束去れて居ました。
こうした事が日常化して居る感じがしています。ま、治安の為には必要な事で今までの対応が間違って居たのではないか、と私は思って居ます。

日本においても実生活において会った人々や報道などを通じて得たニュースや情報に大きな違和感を感じることが多くなりました。

私は今まで国内外で色々な人たちと出会ってきました。様々な思想や信条、考えを持った方もいらっしゃいました。
社会生活はお互いを認め合ってこそ問題が起きないのですが、中には自身の主義主張以外の考えの人の話には聞く耳を持たない方もいて、かかわり合いになっても相互の理解がなかなか難しいと感じることも多々ありました。
言いたいことをはっきり言い合うのも後々を考えればいいのかもしれませんが・・・。

また海外では私自身も日本的にあいまいな返事を時々してしまうようで、イエスか?ノーか?と言われる事が有ります。
これも国民性かも知れませんね。