ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二171004
着いた時は青空も一部見られたのですが描き進んで来ると同時に小雨、霧雨と止まなく為りました。水彩画は雨には敵いませんから車を移動させて何とか進められる様にしました。彼は早々に描き上げ先に引き上げました。30号でしたから其なりの時間は必要です。小雨、霧雨の中で我慢して描いて居たので画面が流れ出しました。乾燥を待って何とか仕上げたのがこの作品です。
最初から雨だったら車のリアドアを開けて雨避けをしその下で描きます。途中からの天候が変わるのには参ります。
次の日は又、先日描いたシャトーの庭を描きはじめました。80号です。
完成間近まで描き進みましたが太陽の移動で影が変わり明日の仕上げとしました。5時過ぎにはシャトーのオーナーが来られ作品が欲しいとの話で先日描いた作品と2枚持参しどちらか買って頂けるとの事です。
画家に取って何よりも励みに為ります。今まで応援して頂いた御礼に格安でお譲りします。作品は息子さん家族の家に飾って頂けるとの事です。