ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1712121
寒波襲来で誰も来ないのかと心配しながら美術館に入ったのですが朝から賑わって居ます。一度来られた方の紹介や再度来館者などで大変有難いと感謝して居ます。
展示作品の中でも私が気に入って居る写真を掲載しました。牡丹です、日本を代表する花の一っです。日本滞在中は勿論良く描いて居ましたのでフランスで牡丹が咲いて居るのを見つけた時は感動して夢中で描きました。五月の爽やかな晴れた日に日本で描いた大好きな大輪の牡丹が描ける喜びで満ちていました。何日も咲いて居る訳では有りません。日本で咲いているそれと比べると幾分小ぶりで感動して描いた事を思い出します。
水彩画家・長尾周二1712122
アンティークも早朝から車を走らせ手に入れた私に取っては宝物です。兜姿の陶器で当時は職人が作ったインテリア飾りと聞いて居ますが私には心動かされる作品でした。
水彩画家・長尾周二1712123
そうした展示をご覧戴いた方のリピーターや紹介でいらっしゃって居ると聞いて個展を開催して良かった思って居ます。
会期が長いので途中旅にでもと思っていましたがこうした方々がいらっしゃって居ますので出来るだけ会場に居る様に努めます。
車のタイヤを冬様にしましたから雪景色を描くことも可能です。