ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1809031
もう十分に走ったので廃車と決めて居たのですがフランソワーズさんが修理が出来るかどうかチェックして貰うと整備士を招きました。
手持ちの現金も心細いので出来ないと話したのですが一部修理代金も出すと言う事で始まりました。
確かにマドレーヌ寺院展搬入日にはARTEC会長フランソワーズさんは別の展覧会搬入が有るそうで、大きな車を使いますのでワゴン車では搬入が難しいとの判断です。
私は小品を中心に展示するつもりで居ました。

確かに展示だけでは無くParisの宿泊も考えれば経費は必要です。

2回の展覧会でそれなりの売上げが有りましたのでそれを当てますがそれでも尚足りません。
水彩画家・長尾周二1809032
そうした事情で整備が始まりました。火曜日には交換部品が入るそうで今週中には修理が終わるのではないかと思って居ます。
私も休息と決めてのんびり展覧会準備と制作の準備を進めています。
修理を決めたのはフランス人ではなくポルトガル人の整備士だったからです。