ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1809281
私も自分の頑固なまでの自負心と行動力を持って居ます。
先日パリで自分探しの旅をして居る方と出会いました。
インドからフランス、アメリカを見てみたいとの事です。
旅は人生を豊かにしますし新しい出会いも有ります。
で、「新しい友人知人が出来たのですか」と尋ねると全く無いと話されて居ました。
先ずは自分の考えを強引なまでに話されて、「自分がこの先どうしたいのか分からない」
とおっしゃって居ました。
哲学が好きで物事を理想形で進めたいとも話されて居ました。

私は天才でも秀才でもありませんから思い付いた事を実践し、駄目なら次の目標に向かってコツコツと励む事を続けて居ます。ヨーロッパ各地に友人知人が出来たのもそうした積み重ねです。

彼にフランス人の資産家を数人紹介しました。
全くお金持ちには見えないし、普段の生活にそうした成金趣味は全く無いのは当然でそれさえも理解不能でした。
ま、日本の金持ちはいわゆる成金的なにわかに大きな資産を形成した人が多く、文化として如何に立ち振る舞うかと言った事が教養として身に付いて居ないからです。
有る城主の息子さんが庭掃除をしていて彼はそれを見て驚きました。
何をするかを体験した後にその資産を引継ぎ守る事が資産家のイロハだと思います。
館にはルーブル美術館に展示して居る様な絵画作品や彫刻コレクションが並んでいます。

今まで城主や資産家と知り合った方は10人近く居ますが、誰一人として普段高級車を乗り回している方は居ません。それがヨーロッパの資産家の日常生活です。
地主や資産家程優しく親切に接して下さいます。
数百年資産を守り抜く知恵がそうした中に垣間見られます。

エクス アン プロバンスの亡くなった親友のガロさんがよくそうした話をして下さいました。
第二次世界大戦では彼の邸宅がドイツ軍のJHQに接収され退去の際に火を放たれたにも係わらず、仲良くする事の大切さを話されて居ました。

私はそうした方々の実践哲学を見聞きする事で奥深い文化を感じます。
芸術を愛する国民は決して成金趣味でも浪費家でも有りません。

日本には無名でも素晴らしい芸術家が大勢いらっしゃいます。
そうした方々を世界に紹介したいと日々努力しています。
現実は芸能人の作品を数千万支払いしてルーブル美術館の貸会場を使いそれを良しとして居る日本人関係者が居る事も事実です。
私や知人が拝見した際、会場は殆ど来場者が居ませんでしたが。
水彩画家・長尾周二1809282
ポート バンブーの蚤の市でフランス現代美術の巨匠であるベルナール・ ロルジュの作品(写真上)を買い求めました。
こまめに見て回り探すとこうした事も起こります。
作品はARTEC会長フランソワーズさんにお世話に為ったお礼も込めてお渡ししました。
作品の出来栄えも素晴らしく大変喜んで頂きました。