ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1811281
2006年横浜港からエステマをロンドンに送ってヨーロッパ23カ国の旅が始まりした。

色々な事が有りフランスロワール地方に来ました。
旅を始めて3年目で帰国し旅を終える予定にしていました。

ロワール川から左折して小道に入って三人の若者と出逢い、その中のトーマスさん宅にご縁があり泊めて頂き、次の日同じ敷地内のフランソワーズさんを紹介して下さいました。
トーマスさんの家に泊まって居るのなら私の屋敷に泊まりなさいと言われ、泊めて頂きました。

其の際に椅子の上に私の作品を20枚位置いて置きました。
その作品を見て「来年いらっしゃい展覧会を企画してあげますよ」と言われました。
其れがご縁で今日に至って居ます。
水彩画家・長尾周二1811282
私のフランソワーズさんの印象は私に対する眼力が只者では無いと感じました。
普段は優しく品の良い婦人に見えますがその眼差しの鋭さは私が何人か経験した其れに似て居ました。

ヨーロッパで出会った方々の中には多くの富豪やシャトーのオーナーも居ます。
若い頃から秀でた方とのお付き合いが有りましたからそうした経験で選んでお付き合いをして居ます。 そうした経験が幸いしたのだと思って居ます。

野山で自然と向かい合い生活していると当然感性を磨く事に為ります。

このたびは四国でもアーティストやギャラリストとの御縁が有り、また松山で皆さんとご一緒する事と為ります。

※上の画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。