ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
ヨーロッパ23ヶ国を回って居て未だ未だ色々な逸話が有ります。

南仏・エクス アン プロバンスのJ カルロス ガロさんとの出会いが旅の一番でした。
泉の街センター、裁判所横の一画がガロさん家族所有の建物です。
其処に京都の町家を想像させる竹林が有るギャラリーが在ります。
其処で出会ったのがガロさんです。
水彩画家・長尾周二1901092
ガロさんは四年前肺ガンで他界されまし たが私の大親友でした。
4回個展を開催して頂きフランスの芸術に関するイロハを教えて下さいました。
そうした彼から受けた感動と彼の才能は私の財産です。
水彩画家・長尾周二1901091
スペインから南仏コリオの街に入って市内観光をして居る時にトイレに行きました。
其処に「ジュリエット50ユーロ」と落書きが有りました。
其れを見てロミオは誰だと見渡し、「アッ!俺か」と感心したり驚いたりでした。
舟の写真はその時に撮った物です。

サンレミ プロバンスではノストラダムスが住んで居た家に現在住んで居る知人が出来たり、
洞窟に住んで居る戦前にドイツから来たパイロットだった父を持つ知人等、
ヨーロッパ中に知人友人が大勢出来ました。