ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908161
どんなに忙しくてもborcanteには目がありません。

今回此方に来て最も内容が有る作品を手に入れる事が出来ました。
蚤の市は早朝日の出と共に始まります。ですから展覧会の世話をして居てもそれは出来ます。
先ずはご覧下さい18世紀に描かれた作品です。
画面が傷んで居ますが大変出来の良い作品です。
こうした秀作に出逢える事は本当に稀で何年に一度と言う確率です。
勿論大金を出してパリのオークションやアンティークショップで買えば可能ですが、小銭で手に入れる訳ですから尚更です。
水彩画家・長尾周二1908162
次はミニチュアポートレートです。此れも10年前でしたら何処にでも売って居ましたが内容の有る作家となるとそうは行きません。私が買った価格も通常価格の4分の1位で、しかも作品内容が素晴らしい物です。名誉会員の和田さんにプレゼントした作品に引けを取らない物です。
此れは私のコレクションとして持ちたいと思います。

もう筆を持ちたくてうずうずしています。明日こそは制作したます。