ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二20050501
水彩画家・長尾周二20050502
水彩画家・長尾周二20050503
水彩画家・長尾周二20050504
水彩画家・長尾周二20050505
水彩画家・長尾周二20050506
水彩画家・長尾周二20050507
水彩画家・長尾周二20050508
水彩画家・長尾周二20050509
水彩画家・長尾周二20050510
水彩画家・長尾周二20050511
水彩画家・長尾周二20050512
出品者の作品掲載です。フランスから日本に送って頂いた一部が東京税関で関税対象に為ってしまい2~3日やり取りをしたり、フランソワーズさんに資料を送って頂いたり、と展覧会だけでは無い雑務に追われていました。

作品や額縁の保存様の棚制作、花壇の雑草、掃除と毎日があっという間に過ぎて行きます。

政府発表によると5月7日以後は美術館閉鎖も解かれる様で、愛媛県での展覧会準備もしなければなりません。

6月には東京銀座ギャラリーGKでARTEC(欧州造形美術振興協会)会長・フランソワーズ・イカール女史の個展開催も予定されて居ます。
こうした状況ですから当然私が会場に通う事になります。
ですから益々忙しい日々が続くと覚悟して居ます。
その前に愛媛県のメディア取材と打ち合わせで愛媛県にも飛ばなくては為りません。
水張りをして制作準備もしましたが、落ち着いて仕事が取り組め無くて時間を見て描いて居ます。


※横長の画像はクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。
※6枚目の写真は4月28日に掲載しましたが、再度掲載致しました。