ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2005311
80号のパネルを抱えてココリコ「ポピー」を描きに行きました。
もちろん地主に承諾を得て描いて居ます。
フランスのロワール地方でも野外制作して居ると親しく声を掛けて下さいます。
時に自宅に招かれ飲み物をご馳走になる事もしばしば有ります。
水彩画家・長尾周二2005312
この松井田に住んでいらっしゃる住民の方も同様の印象があります。
近所の方々が制作して居る作品を見たいと話し掛けて下さりその地域の様子や歴史まで話して下さいました。その畑の地主では有りませんが近所の方がお茶のボトルまで差し入れして下さいました。

ここ安中・松井田も実際に現地で活動して見るとフランスと同じ様な印象を受けます。
人々の温かさは世界共通だと思います。

10時までには描き上げ会場に帰って来て作業をして居ます。毎日、見学に来られるかたや遊びに来られ新しい友人に為ったりと活動の幅が広がって居ます。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。