水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2010ヨーロッパ放浪記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真100815
パリに住んでいらっしゃるMAUD-MARTENSさんです。来年日本の大学に留学するそうです。来日した際は皆さんよろしくお願い致します。
シャトーボガールの展覧会でお話をお伺いし、日本に来日された際は友人を紹介しますと約束し別れました。
家族の皆さんとサマーバケーションをロワール地方で楽しんでいらっしゃるそうです。
パリに帰ったらインターネットでホームページをご覧頂けるそうです。
〔フランス語でのホームページもマダム・フランソワーズさんが作って下さいました。〕
写真は彼女とお母様です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真100812
昨夜、シュウジの館に泊まって居るアーティストの皆さんとガーデンでディナーをご一緒している時に妖精の様なパピヨンが飛んで来ました。
カメラに収めた写真を送ります。

暑さを一時忘れさせる美しさでした。

シャトーボガールの展覧会も順調です。既に入場者も1000人を超えました。
ガーデンのマロニエは早くも色付き季節の移り変りを感じさせます。野山の花も秋めいた花が咲いて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1008091
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1008092
昨日はCHOUZY〔シュウジ〕で始まったアートテック〔美術アソシエーション〕のヴエルニサージュでした。私もメンバーになっていますので作品出品要請が有りました。
現在シャトーボガールで個展開催中ですが未発表の作品30号二点出品しました。

夕方シャトーボガールの会場が終わってからヴエルニサージュに参加しました。報道関係者も含め大勢の方がいらっしゃっていました。

その後メンバーとディナーを共にして夜11時過ぎ別れました。シャトーボガールの展覧会に見に行きますよとメンバーの方が大勢言って頂きました。
写真はヴエルニサージュの写真です。

今日の朝、デイエテイエ&こずえさんのパン屋さんに寄るとシュウジの街の展覧会の事が今日の新聞記事に為って居て私の名前も載っていると新聞のコピーを頂きました。

早速、シャトーボガールの展覧会にアートテックのメンバーが駆け付けて頂きました。
お陰様で今日は116名の入場者が有りました。

又、昼には向井円さんがシャトーボガールの仕事に来られてそのついでに昼食を用意して頂きました。
ありがとうございました。

友人やメンバーに支えられてフランスでの展覧会が開催されて居ます

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・シャトーボガール個展写真1
水彩画家・長尾周二・シャトーボガール個展写真2
このシャトーボガールは庭園も素晴らしいシャトーです。朝や夕方、広大な庭を散歩していると野うさぎが跳ねてたり、リスが芝生の上を走っていたりします。
フランス庭園があり季節の花々が咲き誇って居ます。

小さな池には睡蓮が咲いていてとても美しい水辺の風景です。大きな池には水鳥が居たり大きな鯉が泳いで居ます。
機会が有れば是非ご覧下さい。

新聞報道記事の中で西洋美術と東洋美術をミックスしたオリジナリティーの高い作品と高く評価して頂きました。
渓流を描いた作品は水が流れていて音まで聞こえてくる作品だと評論して頂きました。そして新聞記事を見た方が大勢ご来場頂きました。

その中に近くに住んでいらっしゃる菊川啓次郎さんが京都にお住まいの藤田康宏さんと来られました。

Paris在住のモクタール&重子さんはシャトー観光で来られてご覧頂きました。Parisの展覧会にも来て頂けるそうでお会いするのを楽しみにしています。

既に入場者は600人を超えて居ます。
写真は日本人の方々の写真です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
フランス、ロワール川に面したマダムフランソワーズ・イカールさんの館で早朝目が覚めました。梟が直ぐ横の木で鳴いていました。起きて窓からロワール川を望と川面には月が揺らめいていました。

もう一度ベッドに入り休んで居ると高橋秀夫さんのお嬢様から、秀夫さんが先日突然亡くなられたと連絡が有りました。

高橋秀夫さん通称秀さん。私の人生で衝撃的な出会いの人でもあります。

今、ヨーロッパで活動しているのも彼の影響が多分に有ります。

70年安保闘争前後、昭和45年私が18才の時トヨタ系セントラル自工デザイン課に入社した際に直接の上司〔当時係長〕でした。
既に初代トヨタカローラスプリンターや初代トヨタクラウンハードトップをデザインして一番粋の良い年齢の時でした。
日本美術を徹底的に研究、その源は日本人しか出来ないオリジナリティーが高く世界に通用するデザインでした。

彼のデザインで日産自動車を抜き世界のトヨタとなる礎を築いた人でも有ります。
鉄は熱い時に打てと言いますが猛烈な社員教育でトヨタイズム+高橋イズムを徹底的にたたき込まれました。
230時間残業を経験した事でもその事がお分り頂けると思います。日曜祭日なし毎日深夜までたたき込まれました。徹夜の作業は当たり前、随分無理難題をさせられた物です。

二年間在籍の後デザインではなく純芸術の道を進む為に退社しまさたがその際、君とは一生付き合うよと今日に至って居ます。

予備校経営時代も勤務中に来て頂いて学生に指導して頂いたものです。
先ず教室に入る前から日本酒を飲み生徒にも言いたい放題、あの当時の生徒は本当に幸せ者だと思います。その後、東京多摩美術学院卒業の学生から4人トヨタ系セントラル自工デザイン課に採用して頂きました。

〔現在セントラル自工のデザイン課は関東自工のデザイン課と統合〕
ま、今でも信じられませんでしょうが退社した後も会社に遊びに行くとデザイン室に入室させて頂きました。〔担当重役以外入室禁止〕
ある時モデルルームに入るとトヨタ自動車では生産していないサイズの車、軽四でした。高橋さんにダイハツミラ?と訪ねると頷いて居ました。ダイハツと提携報道がある3年前の事だったと思います。

ある時はハチャメチャである時は緻密な計算をし周りを翻弄させなが楽しませて下さいました。NHKテレビプロジェクトX出演依頼が有った際もそんな柄じゃないとお断りしていました。

セントラル自工で新卒求人募集を兼ねて四国九州の学校回りをした事が有りましたがそこでも同様に求人に行ったのやら遊びに行ったのやら各学校の私が親しくしていた先生方と懇親会と為った事を思い出します。

今年、ヨーロッパ出発前にお会いする約束をしていましたが私が大病をして入院、お会いする事なく旅立ちました。
我慢強く粘り強い秀さんだからこそ疲れても体調が悪くても介護を続けて居たのが命取りに為ったのだと思います。

今、ロワール地方世界遺産群のシャトーボガールで個展開催中です。
高橋さんに話してた夢が実現しました。
その報告がこんな形での報告に為ったのはとても残念でなりません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真100802
フランスの新聞記事で写真入りはこれが三度目ですがカラー印刷でこの大きさは初めてです。
シャトーボガールも素晴らしい会場ですがこの紙面も驚きの扱いです。

これも皆様のご支援の賜物だと心より感謝申し上げます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真100801
昨日と一昨日、デイエテイエ&こずえさんのパン屋さんから大量のパンやケーキを差し入れて頂きました。パン以外のケーキ類はシャトーボガールのマダムナタリーさん等日頃お世話に為って居る方に配りました。パンは有り難く毎日頂いて居ます。本当に有り難うございました。

今日は向井円さん一家が展覧会会場にいらっしゃいました。ヴエルニサージュの日本食が大変評判が良くシャトーボガールのマダムナタリーさんからお声が掛かって会う約束で来られたそうです。

バイオリンを弾いて頂いた二上公臣(マサオミ)さんも友人の輪を広げた様で来月にも又フランスにいらっしゃるそうです。

展覧会を通じて友好の輪が広がる事は大変嬉しいです。ひいては皆様の幸せに繋がり民間外交の一助となった事は本当に喜ばしい事です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記100728
7月27日から8月19日迄の会期でシャトーボガールにて開催されます。今日はオープニングパーティーを開催して頂き多数の出席者の中で盛大に行われました。
ロンドンからは二上公臣〔マサオミ〕さんがバイオリン演奏の為に駆け付けて頂きました。即興で弾いたりリクエストで弾いたりとプロフェッショナル顔負けの実力で喝采を浴びて居ました。

パーティーの料理は向井円さんが作って下さいました。巻き寿司を中心にした日本料理は皆さんから大変評判が良く大勢の人達と名刺の交換をしていました。

取材に来て居た新聞記者も美味しいと絶賛して居ました。又、私の取材写真とは別に好きな絵の写真を撮って行かれました。取材写真も好きな絵の前の写真二ヶ所で撮りました。作品を高く評価して頂き大変嬉しく思います。

日本人同士の出会いやこのパーティーでフランス人との出会いが新たな芸術活動に繋がりそうです。夏のバカンス中の展覧会、大勢の人々との出会いが有ると思います。その事も大変楽しみにしています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真100727
昨日のディナーはフランソワーズさんの家族、バイオリンを演奏して頂ける二上公臣〔マサオミ〕さんとご一緒しました。
家族の為に演奏会をして下さったお礼にマダムフランソワーズさんが素晴らしいプレゼントをして下さいました。

ワインセラーから1975年ボルドーの赤ワインを出して下さいまし た。
そうです、ワイン通なら如何に貴重なワインかお分かり頂けると思います。一本数十万円はする代物です。
私も何回か頂いた事が有りますがボトル一本出して頂いたのは初めての経験です。残りのワインも今日のディナーで戴ける事に為って居ます。

フランス人は日頃からワインには特別にこだわりを持っていてオープニングパーティーに使うワインでも産地を見ながら美味しくて安いワインを選んで頂きました。
又このワインはワインセラーで寝かせると熟成して良いワインになるとケース単位で購入したりしています。チーズ同様そのこだわりには恐れ入りました。
家庭料理とワイン、チーズ、デザート迄こだわった食事に感謝です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真100726
早速マダムフランソワーズさんの家族に紹介しました。その後敷地内に住んでるトーマスさんその友人ピエールさんとギターとバイオリンで楽しんでいました。写真はガーデンでの写真です。

今日は朝早くから大変忙しい1日で目が覚めて日の出を一枚部屋から見える場所で描きました。
朝食の後はベニヤと材木を買って案内板を制作20枚作りました。出来上がった案内板をシャトーボガールに届けて先ずは一安心。
夜はフランソワーズさんの館でミニコンサートです。

↑このページのトップヘ