水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

2010ヨーロッパ放浪記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
ルクセンブルクを通り抜けドイツ、ローテンブルグ、ディンケンスルビューの友人に挨拶して今はポーランド近くの旧東ドイツに居ます。

テテロゥ市トーデンドルフにあるシュロスミツコ美術館にお伺いするために来ています。車のメーターがくるくる回り2000キロ近く走ったのではないでしょうか。

旧東ドイツは今でも素朴な茅葺きの民家が有ったり街の風情も中世のままです。
昨日泊まった駐車場横にも茅葺きの民家が有ります。
ベルリンの壁が崩壊して20年余経ちましたがドイツの東西間の問題はまだまだ解決していません。しかし風景は素晴らしく私は好きな場所です。

暫らく滞在したいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二 画家旅行記写真100606
フランス、ロワール地方を後にデジョン、ルクセンブルクを通りドイ ツ、ローテンブルグに着きました。
何時もなら色々な街を観光しながらのんびり走るのですが日仏友好展覧会の依頼も有りましたので直行しました。
この街はローマ遺跡が有るとか、教会が綺麗だとか、街並を通過するたび思い出しながら楽しみました。

竹山栄一先生はローテンブルグ画家組合員〔ギルド会員〕で地元に深く根ざした画家です。
個人的な信頼関係での友好展覧会には将来性が有と快く承諾頂きました。これで仏人五人日本人五人メンバーが決ります。

夕方はローテンブルグのテニスコートでシニア大会に参加してますので観戦して来ました。
作品もテニスコートでの先生の若々しい姿に感動です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二作品・森の妖精の教会
シャトーボガールでの展覧会は無事終わりました。夏の展覧会迄ドイツに向けて旅立ちます。
パン屋さんのデイエテイエ&小津枝さんからは沢山のパンやお菓子の差し入れが有りました。本当にお世話になりありがとうございました。美味しいパンを噛りながら東に走ります。

又新しい出会いや友人が出来る楽しみが有ります。
何よりも心ときめく風景と出会える事が沢山有りますように。

写真はシャトーボガールの庭園内に有る教会跡の風景です。私はこの絵のタイトルを〔森の妖精の教会〕と名付けました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記写真100531
シャトーボガールがフランシス一世と所縁の有るシャトーです。その後もロワイヤルと係わりが深いシャトーでした。
先日私が居候しているシュウジのシャトーの主フランソワーズさんが展覧会に来られた時にシュウジのシャトーの暖炉にある鉄で出来たエンブレムと寸法も王家の印の百合の花のデザインも展覧会会場の暖炉のエンブレム同じ物とおっしゃって居ました。
フランソワーズさんのシャトーも旧館は400年前に建造された事が分かって居ますので時代も一致します。
フランソワーズさんのシャトーもロワイヤルと深い関係に有るシャトーだと分かった訳です。
毎日の様に私が暖炉で薪を燃やして居ましたから見て直ぐ確認出来ました。
写真はシャトーボガールの暖炉のエンブレムです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記写真100528
シャトーボガールでの個展開催中で連日大勢の方が来て頂いてとても盛況です。
フェリスィタスイオンとお祝いを言って握手を求めて来られたりで大変嬉しく思って居ます。
先日はフランソワーズさんと9月からの日本での作品展の打ち合わせをしました。

会場は
・9月25日~10月7日 名古屋市小さな美術館かじた
・10月28日~11月2日長野市ギャラリータカハシ
・12月6日~12日京都法然院

で開催します。フランス側から五人の作家20点の作品を送って頂く事に為りました。

欧州放浪の旅が文化交流迄発展し現実的に為りました。
フランソワーズさんも京都法然院での展覧会に合わせて来日して頂きます。日本人は私の友人と四人で作品を出品します。小さな会場で個人的に企画し開催出来る事になり大変嬉しく思っています。
今回はフランスの作家ですがドイツス、ペイン等で知り合ったアーティストとの作品展も出来ればと思って居ます。

早速滋賀県在住陶芸家立石善規さんにその旨連絡を取り準備を進める事になりました。
額縁の製作やパンフレット、ポスター等用意の為に今日の朝は日本に電話連絡をしました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二旅行記写真100525
今日も大勢の方々が展覧会に来られました。
私が居候しているシュウジのシャトーの主フランソワーズさんが展覧会に来られて作品を見て頂きました。
フランソワーズさんはパリにも舘があり毎週パリに行かれています。
又パリでフランスのラジオ番組を担当しているそうで明日はその番組の中でシャトーボガールでの個展を放送して頂けるそうです。

大変有り難い話で感無量です。

日本でも欧州でも皆さんに支えられシャトーボガールでの個展が開催出来ました。本当にありがとうございました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・シャトーボガール展覧会写真1
水彩画家・長尾周二・シャトーボガール展覧会写真2
フランス、ロワール地方に快適なシーズンがやって来ました。晴天で暑くもなく爽やかな心地好い風が吹いていました。個展会場にも日曜日、今日1日で122名来場者が有りました。〔開場は午後2時から6時迄〕有難い事に大変好評でマニアックとかトレビアンとお褒めの言葉を頂いて居ます。

又五月の展覧会はポスターを作らない予定でしたがシャトーボガールのマダムがポスターを作って頂きました。写真がそのポスターです。渡した資料で作って頂きました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記写真100521
シュウジのシャトーに居候しています。
今日はブガッシュ市市長ご夫妻を招いて日本料理をご馳走しました。フランソワーズさんの家族はパリの住居に行き留守でした。
私一人で料理を作りながら話をしましたが大変でした。
先ず小鉢に素麺を作りその次にちらし寿司いなり寿司、手巻き寿司そして最後にお好み焼きをお出ししました。
ビールも日本のビールと材料にも日本製品を出来るだけ用意しました。ワサビや梅干しもお出しましたが殆ど初めて食べた様子でおっかなびっくりの食事会でした。

私は料理を作りお出しするのが精一杯で写真も撮り忘れる位でした。
シャトーボガールでの展覧会をしてると伝えると大変驚いた様でその顛末を説明すると納得して頂けました。

来年6月ブガッシュ市での展覧会を約束し、次回は又別の日本料理を作りご馳走しますと別れました。

写真はシャトーボガールです。右側の建物が展覧会会場です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二ショーボガールの個展の写真4
晴天でとても心地良い風が吹いて居ます。芝生と森の緑がとても素敵な季節になりました。薔薇の花も咲き始め過ごしやすい日々が続いて居ます。
写真は展覧会を開催している建物からシャトーを見た風景です。

昨日オープンして御覧頂いた人達はアートに煩い人が多いと感じました。
作品解説迄して頂いたり好きな作品はコレとコレだとか教えて頂いたりで日頃からアートの好きなヨーロッパ人らしいですね。
語学力が殆ど有りませんが何を伝えたいかは大体分かります。

語学が出来るともっとコミュニケーションが楽だと痛感しています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二シャトーボガールの個展写真1
水彩画家・長尾周二シャトーボガールの個展写真2
水彩画家・長尾周二シャトーボガールの個展写真3
今日会場に搬入展示しました。夢のような会場での展覧会です。会場に作品を搬入した時の印象は、こんな素晴らしい場所に作品が負けてしまうのではないかと気後れしました。
10メートルは有ろうかと思う天井まで真っ白な壁。窓にはビロードのカーテン、シャンデリア大きな暖炉、天井の梁でさえ存在感が有ります。
壁に掛けると以前から此処に有ったかのように輝き出してホッとしました。此れからの作家活動にも大変意義深い展覧会になると思います。

朝から八時間かけて展示しましたが作品の配置をしながら感じた事は石造りの存在感と時を経た木の強さ、高い天井と白い大きな壁、全てが強烈に威圧してきます。会場が作品を選ぶ事も有るのだとブガッシュ市での個展で使用したギャラリー、築500年の木造重要文化財建築でも感じましたが壁や部屋の存在感に作品が負けてしまう場合が有ると気が付きした。それが良い額縁と調和来る作品のみが耐えうる強さだと感じました。

ま、大理石の彫刻が会場に在るのですから想像出来ると思います。美術団体の作家が慌てふためきデカイ作品を用意したり原色の絵の具を塗りたくる気持ちが理解できたと思います。

延べ1ヶ月間の個展で得るものは何物にも代えがたい体験が待って居ると思います。

↑このページのトップヘ