水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

展覧会・個展実績

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1712231
50年以上会って居なかった友人知人が来て頂いたり欧州旅立ち前に作品を購入して頂いた方と再会したりと思いもして居なかった出来事が有りました。
十年一昔と言いますが本当に浦島太郎に為った様でした。
故郷は思い出が詰まった旅行鞄の様です。其処に風景だけでなく青年時の友人知人が登場するのですから感慨も深い物が有りました。
美しい瀬戸の風景を描くだけで無くそうした思い出も表現出来ればと制作に思いを馳せて居ます。
水彩画家・長尾周二1712232
定年を迎えて水彩画教室に通っていらっしゃる方が意外にも多くいらっしゃって居ます。教室では技術指導が盛んなようでそうした話が良く出ました。当然私の作品をご覧に為って今まで見たことが無い作風だと話されます。オリジナリティーは作品に取っては命とも言えるものですから其れが無いとゝにも為りません。しかし、日本では技術指導が主流ですから教室での作品は同じ様な作風が並びます。質問も技術的な質問が多く見られました。楽しんで描くには最低限の技術が有れば後は無心に筆を動かす事が肝要だとお思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150608
先日前々日と33度32度と真夏日でしたシャトーボガールの農園は菜の花畑がご覧の様なココリコ(ポピー)畑に入れ替わり黄色いジュータンから赤いジュータンに替わりました。
友人の上森さんと競う様に作品を制作しています。こんなに素晴らしい風景を見て描かない画家は居ませんよね。と話ながら昼食を共にし、制作に励んで居ます。
ドイツに旅立つ前に80号を二枚描き上げました。帰って来てから小品五枚描いた後再度80号二枚描き上げました。
昨年描いた場所にも同様にココリコ畑が出現していますので其所にも描きに行く約束をしています。
描かないと前に進めませんし描いても納得出来る作品が仕上がる訳では無いし、昨日は疲れて車の中で夕方迄寝てしまいました。勿論仕上がらなくて今日、再度 80号を仕上げに行って来ました。帰って又、80号を水張りして制作に備えました。このフランス・ロワール地方の素晴らしい風景の中で制作出来る喜びは何 物にも代えがたい喜びです。

↑このページのトップヘ