水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
・展覧会情報



水彩画家・長尾周二1807242
KOKORO JAPON展(Part.1)
 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)

水彩画家・長尾周二1807243
KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

長尾周二作品集

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1809141
金曜日、フランソワーズさんがParisに用事が有るとの事でご一緒しました。
私の用事はセーヌ河畔エッフェル塔近くの日本文化会館にジャポニスム2018KOKOROJAPON展の案内状を届ける為です。
丁度入口付近に担当者が居て直ぐに終わりました。
水彩画家・長尾周二1809142
フランソワーズさんはARTECのParisメンバーの作品受け渡しをプチパレスの正面で何時も行っています。ところが電話があり其処より北に居るとの事です。
メトロでプチパレスに行くと、リムジンとパトカーが陣取って居ます。
日本のプレス関係者もカメラを構えて居ます。私は何時もプチパレスで作品を鑑賞したりトイレを利用させて頂いて居ます。
プレスの方に皇太子殿下が来られるのですかと聞いたらプチパレスで開催中の若冲展をご覧になる為にいらっしゃいますとの事です。
程なくして日本国旗が付いたレクサスが警備の白バイ隊員と共に到着しました。
持っていた携帯電話で撮影した次第です。
私も大使館の文化担当者が交代した事もあり連絡する予定でしたが皇太子殿下の訪仏が終わってからと思って居ましたのでインターネットで動向を見てParisにいらっしゃる事は分かって居ました。
思わず感動の遭遇でした。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1809121
ここのところ晴天が続き制作に出掛けて居ます。勿論展覧会準備も気を配らなくては為りません。
車に積み込む小物のチェックや作品ネームカードを作ったりです。
フランソワーズさんの仕事を手伝いも有ります。
先週の土曜日はフォモンタンのイベントに一日ご一緒しました。今日も制作し帰って来てから展覧会のカードを送る準備を手伝いました。
フランス滞在中は気を抜かず過ごして居ます。何が起こるか分かりませんよね。
車は壊れて動かなくなり修理、展覧会での売り上げでは足りず四苦八苦。
今年は余裕が有りそうと思ったのですがそうも行きませんでした。
Paris滞在中もアンテーク購入が殆ど出来ません。ガソリン代も値上りして居ますし食事代金も必要です。
水彩画家・長尾周二1809122
写生はシュウジの公園でここの所描いて居ます。車も治ったのですがガソリン代節約の為に歩いて描きに行っています。
画面に向かう時はワクワクしながら絵筆を持つのですが完成に近づくと才能の無さに落ち込みます。それでも尚次回はよりイメージに近い感動を表現したいと思って画面に向かいます。
どうであれ毎日絵筆を持って挑戦する事で前進すると心得て居ます。
未だ未だ磨けばそれなりに輝くと思って居ます。
本当はParisで制作出来なくて描きたい気持ちで一杯です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1809091
今まで何度もガレージに持ち込み修理して治らなかったオーバーヒートの問題も同時に解決し当分の間は走れる様に為りました。整備士の方は楽しそうに仕事をこなして居て如何にも車に携わる事が天職の様な方でした。どんな仕事でもこういう態度で臨みたいですね。
支払額は手持ちのお金では全額支払出来ませんがARTEC会長フランソワーズさんが負担して下さる事で何とか為るようです。
水彩画家・長尾周二1809092
野外写生の帰りに約束していたシュウジのアステエ クリスティオンさんのお宅に立ち寄り作品のコレクションを見せて頂いたり美術談議に華を咲かせました。
私の作品も真新しい額に入り飾られて居ました。私の明るい花の絵が大好きだそうで次回は大きな作品が欲しいとおっしゃって居ました。
帰宅すると修理が終ったと聞かされました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1809071
朝、リノさんが身振り手振りで地震が有った事を教えて下さいました。ネットで千田さんからもメールがあり調べて大変な状況で心が痛みます。
天災が日常的な日本ですがこれ程大規模な災害だとは思いもよりませんでした。
関西も北海道も送電がストップとの事、電気が使えない生活はさぞや大変だと思いますがいち早い復旧を願うばかりです。

リュックサックに画材とランチを詰めて写生に出掛けました。近くの公園で描いて居ると以前、其処で一枚エチュードを買って頂いたシュウジにお住まいの方が声を掛けて下さいました。是非一度コーヒーを飲みに来てくださいとの事,明日にでも夕方お伺いしたいと思っています。
こうして写生して居ると親しく声を掛けて下さる事がよく有ります。
水彩画家・長尾周二1809072
数日間制作から離れて居て久し振りに太陽の光を浴びました。
幾分朝夕は涼しいのですがこの日は日差しが強く時々木陰で休みながら制作しました。
季節の変わり目、幾分湿度が高く写真の様な茜色に近い飛行機雲が見られました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1809052
ARTEC会長フランソワーズさんがParisに行かれると聞いて車に同乗し行って来ました。朝ハイウェイを走って居たら全面通行止めで一般道路で行きました。フランソワーズさんはラジオ放送の為に行かれたのですがギリギリの時間だった様です。マドレーヌ寺院展の案内もラジオ放送に乗せて頂いたそうです。
私はメトロの駅で降ろして頂いて先ずはセーヌ河畔のエッフェル塔近く日本文化会館に向かいました。マドレーヌ寺院展も国が後援するジャポニスム2018展ですから日本文化会館に案内状も置いて頂けます。100部ほど持参したのですがもっと欲しいと言われましたので後日改めて持参する予定です。館長の杉浦さんにも封筒の案内状をお渡し頂く様に依頼しました。
水彩画家・長尾周二1809051
パリ・オルセー美術館付近

次にマドレーヌ寺院近くのレストランチバでランチを頂きました。少ない案内状でしたがお渡しすると今年は案内状が届かないのでどうしたのかと言われました。手持ちの10枚位を全て渡し後にしました。そこからParis日動ギャラリーの長谷川さんに封筒で用意した案内状を置いて来ました。4時には自治体国際化協会Paris事務所所長の羽白さんと約束してお伺いしました。勿論昨年同様に是非ともいらっしゃって下さいとお願いしました。
所長室には移転して真新しい壁に私の描いた富士と桜の絵が掛かって居ました。今度夕飯をご一緒しましょうと約束して別れました。
夕方7時にメトロの駅で待合せしシュウジに帰って来ました。
Parisで散策中にオルセー美術館の写真を撮りました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1809031
もう十分に走ったので廃車と決めて居たのですがフランソワーズさんが修理が出来るかどうかチェックして貰うと整備士を招きました。
手持ちの現金も心細いので出来ないと話したのですが一部修理代金も出すと言う事で始まりました。
確かにマドレーヌ寺院展搬入日にはARTEC会長フランソワーズさんは別の展覧会搬入が有るそうで、大きな車を使いますのでワゴン車では搬入が難しいとの判断です。
私は小品を中心に展示するつもりで居ました。

確かに展示だけでは無くParisの宿泊も考えれば経費は必要です。

2回の展覧会でそれなりの売上げが有りましたのでそれを当てますがそれでも尚足りません。
水彩画家・長尾周二1809032
そうした事情で整備が始まりました。火曜日には交換部品が入るそうで今週中には修理が終わるのではないかと思って居ます。
私も休息と決めてのんびり展覧会準備と制作の準備を進めています。
修理を決めたのはフランス人ではなくポルトガル人の整備士だったからです。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1809011
さすがに疲れたので一休みして居ます。
水彩画家・長尾周二1809012
先ずは日曜日、蚤の市で入手したアンテークをご紹介したいと思います。
水彩画家・長尾周二1809013
フランソワーズさんに見て頂いたところ1900年頃ベルギーの作家作品だと解説して頂きました。勿論、彫刻作品は申し分ない秀作で大変良い買い物だと褒めて頂きました。長年の蚤の市探索で駄物かどうかの見識眼はそれなりに付いて来ました。既にアンテークショップが開ける位のコレクションです。
違う日に手に入れたのは置き時計です。蚤の市では思いもよらず価値のある品物が安価に手に入る事が有ります。
私はハンドメイドで人の心が伝わる作品やアンテークが好きで集めています。
それらのアンテークを眺めていると制作する意欲と力を得ることが出来ます。
と同時に歴史的な様式やスタイルを学ぶことが出来ます。
フランスの蚤の市は美術館展示作品に近い秀作が手に入る事が有ります。
そうした事で自分の作品が売れたお金の一部で買い求めて居ます。
又、明後日の日曜日は蚤の市が有る日です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808301
13日間の展覧会色々な事が有りました。
フランス人で日本語を習いたいのでとか日本の旅行会社に勤めて居て一時帰国して居るフランス人とかオランダ人ツーリストやイギリス人、ドイツ人、イタリア人、アメリカ人ツーリストまで数々の人々がいらっしゃいました。
来場者総数775名です。
水彩画家・長尾周二1808302
小さな街で過去5回展覧会を開催しましたが前市長が小学生の生徒と一緒に写生して頂けませんか、と生徒が来られた時以来の賑やかな展覧会でした。
麟太郎さんの作品と私の作品もお買い上げ頂きました。他の作家の評判はとても良いものでしたが売り上げには繋がりませんでした。
例年ツーリストの買い上げが有るのですがそれが有りませんでした。チャペルでの個展同様にフランス人による購入でした。

朝、8度まで下がったと思えば真夏が戻ったりと天候も目まぐるしく変わりました。
私のワゴンがとうとう悲鳴を上げて館に帰る事を拒み近くで野宿を続けました。

何とか帰ってこれましたがガレージで点検です。余りにも費用が掛かるようでしたら廃車です。
41万キロを超えて居ますのでご苦労さまでしたと言うしか有りません。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808171
車には満載の作品が乗って居ます。数日間準備をしてようやくたどり着くことが出来ました。
銀座ギャラリーJKのメンバー作家作品と共に準備が終わりました。

ARTEC会長フランソワーズさんはメディアや関係者に展覧会案内をメールで送って下さいました。
今回、ベルニーサジュに日本からエレキギターを持参して演奏して下さる宮崎さんの演奏曲その案内も抜かり無く加えての案内送付です。

その宮崎さんご夫婦の旅をサポートさせて頂来ました。
ロワール地方の古城巡りです。
朝一番でシャトーショモンに行きそこで開催されて居た蚤の市を見て回りました。友人のお土産にリモージュ等の商品を買い求めて居ました。
水彩画家・長尾周二1808172
その後親しくさせて頂いて居るシャトーモントレゾーに向かいました。
フランスの美しい村で2位に選ばれた事もあります。

そのシャトーの城主 ・コンスタンチーノさんを紹介し観光のシャトーは勿論普段のお住まいの部屋にも案内して下さいました。シャトーシュノンソー、シャトーアンボワーズ、最後にバンドームの街を巡りフランソワーズさんの館に帰って来ました。

家族でディナーを頂きフランスを堪能して頂きました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808141
朝、30号のパネルを車に積み込みパンとイワシの缶詰のランチを持ってシャトーショモンの南に車を走らせます。
バカンスシーズン、キャンプ場はキャンピングカーで賑割って居ます。シャトーを右手に見ながら橋を渡り坂を走り抜け右折すると広大な向日葵畑が現れます。
お気に入りの場所に駐車して制作の準備です。
こうして大自然の中で一日中空を見上げたり光り輝く風景を感じながら制作する事が至福の一時です。
しかし、向日葵は大変難しいテーマの一つで天才のビンセント バン ゴッホに代表される位しか思い出せない花です。
長年にわたりこれでもかと挑戦してきましたがそれでも思う様に行きません。
花の一番綺麗な時は直ぐ終わります。ですから毎年描いて居ますが枚数は意外と少ないです。
一番暑い季節ですから暑さに負けて連日の制作が出来ない事もあり作品数が伸びません。
四国で今年6月制作した際には農家の方が日射病にならない様に麦わら帽子を貸して頂いた位でした。
紫色も難しい色ですが黄色い色は特に奥行き感を表現するのが大変な色です。
絵は理屈で描いてもつまらないので泣き言は言わずにひたすら筆を走らせる事にしています。
下の写真は建物が面白かったので写しました。ブロァの図書館が有る建物です。
水彩画家・長尾周二1808142

↑このページのトップヘ