水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

長尾周二作品集

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1907111
盛況の内に明日終わります。
今日は30度に届きませんでしたが明日は31度の予報が出て居ます。
今日も写生に出掛けたのですが朝は肌寒いくらいでした。
しかし午後一時を過ぎると陽射しはとても強くなりました。
掲載した作品が今日描いた一枚です。
農園の一部に鳥の餌になる花々を植えて其れを補助する制度があります。
このCHOUZYの町外れにそうした場所を見つけて写生しました。
水彩画家・長尾周二1907112
今回フランスに来て交通規制があったり規則が変わったりしました。
一般道の最高速度が90キロだったのが80キロに為りました。
此れは私的には賛成で、狭い道でも多くの車は100キロ近くで走って居たので内心ホッとして居ます。

またパリ市内に古いディーゼルエンジン車等が入れ無くなりました。
此れは困った物で搬入方法を変えなくては為りません。
パリ郊外に止めて何度か運ぶ様だとフランソワーズさんは仰って居ます。ディーゼルエンジン車は新車から4年迄はParis市内に入れるそうです。私の車は廃車同然ですから致し方無いとは思いますが不便になる事には間違い有りません。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1907091
これからヒマワリの花が咲きます。未だヒマワリの花が咲いた畑は見かけません。
画題が無い今はロワール川に通います。
ロワール川の河川敷に車で入れて大きな木の木陰がある場所は意外とたくさんあります。
その一ヶ所に車を走らせました。
私の部屋からも川面が見られ白鳥が今年生まれたグレーの羽根の子を従えて泳いで居るのが望めます。
大白鳥が優雅に川面を泳ぐ姿は大自然の中とても素晴らしいです。
川下りのカヌーも時折通ります。
そんな風景を眺めながら一日をすごしました。
水彩画家・長尾周二1907092畑淳子個展チラシ
畑さん個展のカードが出来ました。 (写真上)

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1907081
ココリコ畑を見つけて2日続けて写生に出掛けました。
この畑の持ち主とも仲良くなり敷地内で写生をさせて頂きました。
日差しが強くてこの日は最初から木陰で制作しました。
気温は28~29度と然程暑くは無いのですが陽射しの強さは耐えられません。
数日間絵筆を持って居ませんでしたから気持ちが早り思うように為りません。
又、この季節は描きたい風景が身近に無いのですが、終わりに近づくココリコ畑は有り難い風景でした。

そして日曜日待ちに待ったバーカントです。
前日夜にネットで調べ何ヶ所かリストアップしてカーナビで目的地に向かいます。
今日は三ヶ所回って「リモージュのブローチ」と「魚の装飾が有るまな板」、「ラクダの置物」を買いました。特別掘り出し物は有りませんでしたが、日の出の前から朝焼けを望みながら車を走らせるのはとても楽しいです。

フランスでもガレージセール的に為って来てアンテークの良い物は中々出会う事は出来ません。
しかし、地方の村や町のバーカントは時に掘り出し物が有ります。
其れが楽しくて止められません。

ブロァのギャラリーで個展を開催予定の畑さんのベルニサージュカードが出来ました。
私も友人に配る予定です。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1907061
車を走らせ用事を済ませる序でにココリコ畑を見つけました。
今の季節にポピーの花が咲いて居る事は無いのですが珍しく見つけました。
昨日ARTEC展(欧州造形美術振興協会)のベルニサージュが終わり一段落しましたので、余り気温が上がらない午前中に始めました。 麦わら帽子を被り強い陽射しを避けて制作しました。

話は変わりますがレストランを経営なさって居る円さんを訪ねて昼食を頂きました。
フランソワーズさん家族にもお寿司や冷やし中華、春巻きや鳥の唐揚げをお土産に用意して頂きました。 相変わらず目標に向かって努力されて居る姿は尊敬に値します。
夏のバカンスの後に又お会いする約束をして別れました。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906251
佐藤名誉会員と一緒に上野駅から電車を乗り継いで常陸太田市に着きました。
雨が降ったり止んだりの天気で駅から市役所までタクシーを使いました。
歩けば歩ける距離で帰り道はそうしました。

市役所では常陸太田市・市長とお会いしました。
学校の廃校の件でお伺いしました。
何処も同じ問題を抱えています。
意見交換と提案をして後にしました。

電車の旅はすでに小旅行でした。朝、駅弁を買って食べながらの旅で本当に風情がありました。

今日はフランス展の費用を受け取り、明日はフランスに行かれる5人とお会いします。
今日は朝寝坊をしてしまい荒井先生には大変ご迷惑をお掛けして申し訳有りませんでした。

今年9月でたましん本店のギャラリーが閉館となるそうです。
私も個展やグループ展で何回もお世話になり残念で仕方ありません。
本当にお世話になりありがとうございました。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906201
そこでサヨリがポツポツと釣れて居ます。
そこで私も釣竿を持って半日楽しみました。

昨年釣れたサヨリはサンマと見間違うほど太ったサヨリでした。
今年のサヨリはそこまで大きいサイズではありませんでした。
しかしその白身の刺身や焼き物は絶品です。
15~16匹釣れて持ち帰り弟と分けて食べました。

海を眺めて釣りをしていると世間で騒がれて居る喧騒も忘れさせてくれます。
夕焼けの時間を待ち大串半島で写生です。
二度と同じ風景は見られません。
ですからそこで感じた感動を画面に留めるべく筆を走らせます。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906191
翻訳をして下さる濱岡さんと新しくメンバーになりParisマドレーヌ展に出品なさる七條さんと
お会いして打ち合わせをしました。 出品なさる作家の経歴を簡単にフランス語に翻訳して頂きそれを渡仏される七條さんに持参して頂く為です。
濱岡さんとは帰国するまでお会い出来ません。

こうして新しい出会いで前に進んで居ます。

七條さんから香港のギャラリストを紹介して頂きましたが、会期の都合が付かず忙し過ぎて個展を今、香港で開催するのは諦めました。

四国愛媛県での企画展や群馬県安中市の企画展が来年進んで居ますので忙しくして居ます。
こうした企画が進められるのは本当に皆さんの助けが有ってこそ進められて居ます。
Parisマドレーヌ展は19人出品して下さいます。

日本の作家とフランスの作家交流がこうして続きそうした中で又新しい企画が進められる事は大変喜ばしい事だと嬉しく思って居ます。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906161
こうした季節は体調も崩しがちです。私は渡仏が近づき荷物の整理をして居ます。

旅行カバン二つはParisマドレーヌ寺院展の為作品を詰めて持参しますので私物は機内持ち込みのリュックサックだけです。
若干の肌着とパソコンです。
そうした中車を走らせ写生をして居ます。
海を眺めて居ると心が和みます。瀬戸内海は本当に美しい国立公園です。

名誉会員の佐藤さんから連絡があり、渡仏前に茨城県に行く事になりました。
フランスロワールで個展を開催する畑さんのグループやギャラリーGKの星野さんともお会いする予定です。
アートシップインターナショナルの活動が皆さんのご協力により活発に為って居ます。
前日、材木を購入し帰国後の制作に対処しました。
桜の作品や紅葉もイメージして居ます。


※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906121
流石に暑かったり寒かったりと体調が万全では無くて高松に帰って来て暫くは休養を取りました。
それでも東京やメンバーから連絡があったり、 ARTEC(欧州造形美術振興協会)会長・フランソワーズさんに国際電話したり高松の友人と会ったりと忙しくしています。
部屋の作品や額縁を駐車場の倉庫に片づけを始めました。
注文したスズキエブリのルーフキャリアが届き設置しました。
大作制作する際に材木や脚立を積む為です。
水彩画家・長尾周二1906122
今日は大串半島の好きな場所に来て風景画を描いて居ます。
瀬戸内海の海岸は相変わらずゴミが流れ着き足元を見ると残念でなりません。
ゴミ袋二つ分拾って来ました。
ほんの一部ですがしないよりはマシと思って拾って来ました。

私の様な下手な作品を描くアーティストは居ないと実感しています。混沌とした時代、評価基準も曖昧で特に日本はメディアに取り上げられたり有名だとかで評価されて居ると感じます。
そうした中でややもすると技術やパホーマンスの競争で本当に内容がある作品やアーティストが見落としされて居ると思います。
私は人に自慢出来る程、取り柄も有りません。
毎日描けば描くほど表現出来ないと情け無い気持ちで次こそはと取り組んで居ます。


※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906091
JR松山駅で弟と落ち会い愛媛県伊方町に向かいました。

何時も立ち寄る釣具店でコマセと餌を買って伊方町で氷を買って現場に着きました。
風が強くて釣り場を探しましたが中々見つかりませんでしたが何とか場所を見つけて釣り始めました。
夕飯は買って来た蕎麦をたべました。
夜11時ぐらいまで釣りましたが小さなアジがポツポツとつれました。

朝から又始めました。
ベラやカワハギ、小鯛と其れなりにに釣れました。
帰る間際に40センチ以上の寒鯛を釣りました。
タモも車に持ち帰って居たのですが弟に持って来てもらい無事取り込みました。
水彩画家・長尾周二1906092
高松に帰って50匹位の魚を捌き調理しました。
アジの南蛮漬けが意外と時間が掛かりました。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ