水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

長尾周二作品集

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906051
先ず砥部町のミュゼ里山房の矢野さんを訪ねました。
展覧会でお預けしている作品を受け取るためです。
又、砥部町町長・佐川さんとお会いする為に打ち合わせをしました。

宮崎さんご夫婦と落ち会い愛媛県県庁に神野副知事を訪ねました。
中国に訪問前日で忙しくしされていましたが時間を取って頂きました。
その後、愛媛県文化局長・信貴さん、課長の山岡さんと再会して協力をお願いしました。

夜はフランソワーズさんの通訳を務めて頂いた長坂さん、宮崎さんご夫婦と夕食をご一緒しました。

こうして愛媛県砥部町での企画展は意義ある内容を伴って終わりました。
町長には内容を充実させて継続し地域活性化に協力したい旨を伝えます。

それらが終われば天候を見ながら山登りか釣りをしたいと思って居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906031
車を志度に走らせて居たら田圃に百合の花が輝いて居ました。
大串半島に向かう途中でしたから帰り道に写生する事にしました。
小雨が降ったり止んだりで私は車の中で写生です。
そうすると地主の方が話しかけて頂き、この方の小父さんが球根を植えたその日に亡くなられたそうです。そうした経緯がある百合の花が輝いて咲いていました。
水彩画家・長尾周二1906032
フランスでも元軍人で畑に百合の花やマーガレットの花を育て居る老夫婦と親しくさせて頂いて居て、この季節にフランス滞在中個展を開催した際に何度か抱き抱える位の百合の花をプレゼントして頂いた事が有ります。
ご自宅にも何度かお伺いした仲です。
その花と同じ花でしたから懐かしく感じ写生した訳です。

そのお花畑の経緯がそうした訳だと聞いて、見事に咲いて、その方も亡くなられた方も喜んでいると感じました。

暫く世間話をして名刺交換して別れました。
香川県の農業の実情も話されて目の前の大きな屋敷も空き家とか、、。
息子さんが専業農家にと話され明るい話も出ました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1906011
七條さんとも再会してParisマドレーヌ寺院展に際し一緒に行かれる方のホテル予約するとか、自分の作品制作、出品者19人分のドキュメントやタイトルの翻訳依頼などなど打ち合わせをしました。

今月末には私はフランスに向かいますから今の内にしなければならない事が未だ未だあります。
七條さんとは香港での展覧会の話も出ました。
フランスから帰って来たら進めたいと思っています。
水彩画家・長尾周二1906012
車で走って居たら赤い色の花が目に留まりました。早速今日の朝現地に向かい写生しました。
花の名前は分かりませんが、鮮やかなピンクや赤で小さなキャンバスに2枚描いてもう1枚6号の水彩画を仕上げました。
日差しが強くて肌を射す様な陽気でした。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1905301
安城市に在る市民ギャラリーに立ち寄り挨拶をした後、国道23号線で鈴鹿市を通って阪奈国道で奈良を通過 大阪首都高速を経て淡路大橋を走り鳴門に着きました。

夕焼けが綺麗で車を停めて写生しました。
瀬戸内海は本当に美しいと思います。
香川県側に走り落日を描きました。暗く為るまで海を眺めて過ごしました。
高松に着いて友人知人に連絡をしたり一緒に食事に行ったりでのんびりと過ごして居ます。
自分の 作品制作もしたいので愛媛県に行く際は石鎚山系のスーパー林道を走りたいと思って居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1905281
フランスParisマドレーヌ寺院で開催予定のKOKORO JAPON展のポスターとベルニサージュカードのデザインを水口麟太郎さんに依頼して東京を立ちました。
Paris展出品者は今年は19人と大幅に増えました。又、銀座ギャラリーGK星野さん推薦のアーティストが加わり現代日本を代表するに相応しい展覧会に為りそうです。
群馬県安中市の企画も進み出してこの後、豊川市で国際免許を取って愛媛県に向かいます。砥部町町長や愛媛県県職員、お世話に為った宮崎さんにお会いする予定です。
東京では真夏の陽気で深夜迄、車の中は暑くて寝られませんでした。
富士吉田経由で富士市を通って豊川市に着き ましたが富士吉田を過ぎて雨が降り出しました。
車の屋根を叩く音が激しく響いて居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1905261
日本でも美術館やギャラリー見学は欠かせません。
日本作家も内容のある素晴らしい資質を持って居る方々が大勢いらっしゃいます。
只、技術的な競争が目立って個性や才能を大切にする環境が余り無いように思います。

あるギャラリーで公募展新人が展覧会を開催して居てその公募展の長老的ボスが言いたい放題でした。まるでこの新人の才能を潰しに掛かって居るのではと感じる事が有りました。
彼女が長年の経験でアドバイスして居るにしては、横で聞いて居てボロクソに批評して居るとしか思えませんでした。思わずその長老的な作家の作品を見たいと思いました。そして新人の作品がとても才能に溢れて、この作家より素晴らしい作品制作をして居るのかどうか確かめたく為りました。
しかし、他人の作家をボロクソに言われる様な作家が素晴らしい作品を制作して居るとは到底思えなく黙ってその場を後にしました。

ま、自分しか認めないアーティストが多い事は間違い有りませんが周りのアーティストも確り見極めて自分の仕事に顧みる事が肝要だと思って居ます。


※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
画家・長尾周二1905231
昨日はパリマドレーヌ寺院展に出品される方々と打ち合わせ、日野市の駐車場に帰って来たのは日付が変わっていました。明日は新宿のギャラリストとお会いして銀座ギャラリーGKの星野さんとお会いする予定です。
パリマドレーヌ寺院展の出品者が決まり此れからベルニサージュカードやポスターの制作に取り掛かります。

そうした中、四国の高松や松山から電話が有りますので対応して居ます。
6月には居たら松山に作品を取りに行って打ち合わせをします。
6月28日成田空港からパリに向け旅立ちます。
其れまで忙しく動いて居ます。
画家・長尾周二1905232
一日中車を駐車場に停めて多摩川河川敷で写生しました。
此処から画家になる決意を再度した場所です。
休みが取れた日に毎日此処で写生していました。
そうした作品を友人の社長にプレゼントした際に絵がうるさいので銀座古径で額装して来なさいと指示されました。
又、別の社長にプレゼントした際にも同様な話が有って突き進む事に為りました。
雨の日も風の日も此処で写生していました。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1905221
アートシップインターナショナルの名誉会員佐藤門哉さんと一緒に安中市財務部長の町田さんを訪ねました。
副市長から提案があった仮住まいの件です。
その場所に定着して地域興しのアートフェスティバルを企画、それに向けて前進して居ます。
9月末フランスから帰国後にそうした動きに為りそうです。
妙義山横で制作しますので楽しみでも有ります。

桜井喜久枝さんもお会いしました。今後の活動にお力添え頂ける様で有難い限りです。

またギャラリーGKの星野さんに連絡した所、オブジェや立体を得意とする作家もご紹介頂けると心強い返事が返って来ました。

私も地元の子供達と一緒に制作する作品のイメージが湧きつつ有ります。
廃校のグランド一杯に楽しい作品が溢れる事を楽しみにして居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1905191
丘の上には小野路城址も在って此処が東京だとは思えない昔の佇まいが有ります。
お寺の関係者で86歳のお婆ちゃんと再会しました。
炭焼きをご主人としていたとの事で農作業やそうした身体を動かす事で今だに元気だとおっしゃって居ます。
東京の近郊で戦後まもなく迄そうした生活があったそうです。
其処の田圃で咲いて居た菖蒲の花を写生しました。
お婆ちゃんの話ではプロと話す画家が昨日花を描きたいので持ち帰りたいとの事、気のいいお婆ちゃんは其れに応じたそうです。
私は切花は基本的に描きませんから全て現地で仕上げます。
切り取られた後も感じましたが花の美しさは変わりません。

今は府中郷土の森公園の駐車場に停めて居ますが流石に日曜日、満車状態でやっと停められました。
河川敷にはバーベキューを楽しむ人人人でした。


※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1905171
人口減少が止まらない地方と見比べると其れはまるで違います。勿論、東京オリンピックの再開発も有っての事だと思いますが、、。
東京に車で来た時に日野市の川久保さんの有料駐車場に停めて都心に入ります。
川久保さんとも親しくさせて頂いて居ます。

今日は玄関の小さな花壇が美しいので写生しました。
ま、絵筆を持たないと堪らない性分でそうした事もあり写生しました。
愛媛県や香川県、東京の友人、群馬県安中市からも電話が有ります。
勿論、9月のパリマドレーヌ寺院展に向けての事もこなして居ます。
銀座の画商と話しても様変わりは歴然でそうした中作家を応援する意義は非常に大切だと思って居ます。

ですから活動時間がそうした事にも集中しなければなりませんから尚更、制作意欲が湧いて来ます。しかし継続して描けない時は辛い物が有ります。
今日も立川経由で銀座に向かいます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ