水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。
展覧会チラシ:表
展覧会チラシ:ウラ


フランス&砥部作家交流展ー新緑の陶街道にそよぐロワールの風ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二個展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
長尾周二ほか展覧会(仮題)【予定】
2019年7月

フランス・会場未定
個展プラス他アーティストの予定で調整中です。

日本人作家の作品展(仮題)【予定】
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル会員の他連携事業者様関係による展覧会

長尾周二作品集

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二130109
讃岐山脈を目指して車を走らせました。先ず塩江温泉方面に向かい渓流を望みながら絵になる場所を探しました。
少し高い峠は雪が残って居ました。
探しながら川を遡ると内場ダム上流に私がイメージする渓流が有りました。
陽が射して居る時は然程寒さを感じなかったのですか夕方は寒くてパレットを持つ手は手袋をしました。
50号のギャンバスに描きました。
回りには未々描きたい風景が在りますので是非又来て描きたいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二作品写真121229
流石にこの寒さは堪えます。
今日は四国高松でも氷点下2、3度まで下がりました。暖かく為った日中でも4時間5時間と動かず制作を続けて居ると身体の芯まで冷えて最後は歯をくいしばって描かないと我慢出来ません。ま、防寒靴もフランスに持って行った為に夏用の物しか有りませんので上衣をしっかりしていても足から冷えて来ます。未々制作を続けて行きますから近々防寒靴を買いたいと思って居ます。
30号を連日仕上げましたがイメージ通り仕上がらなくて情けない状況です。
この寒さは日本に一時帰国して気が緩んだ状況を脱け出すのには良かったのですが。

画家は描いて描いてそして描いて何かを感じたり前進するものだと思って居ます。
私は納得しない作品も掲載して居ますが掲載後破棄した作品も数多く有ります。其れも含めて私の生きざまだと思ってそうして居ます。
唯、歳を重ねる毎に体力や視力が落ちて来ます。何時まで続けられるかと一瞬思いますが、、、。

ヨーロッパ程では有りませんが制作していますと何人か声を掛けて下さいます。作品よりこの寒い中で良く描いて居ますねと言われる事が多いです。
ま、普通の人はこんな寒空で絵など描かないでしょうからね。
四国高松に滞在中は出来る限り制作を続けたいと思って居ます。
あれも描きたいこれも描きたいとイメージを膨らませて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二作品写真121228
寒い冬、枯れ始めた花が残って居ました。
寒くて手足が凍えました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二作品写真20121226
高松築港に在る赤灯台の防波堤から描きました。
鬼ヶ島と呼ばれて居る女木島です。
風を建物で避けて描きましたが、本当に冷たい強風が吹いて居ました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二作品写真121225
弟に香川県の西部に連れて行って頂きました。強風注意報が出て居ましたので荘内半島には向かわずミカン畑のを走りました。
其処に不動の滝が有り立ち寄りました。
勿論、画材は積んで居ます。
強い風は七宝山に遮られてイーゼルを立てて制作する事は可能でした。
描き終わる頃には雨模様でしたが無事仕上がりました。
普段は水量が少ない滝ですがとても力強い姿で楽しませてくれました。

その後、稻積山に在る神社を参り1日を楽しみました。
名古屋で注文したロールペーパーも届き30号のパネルを5枚水張りして制作の準備をしました。

日本でも絵筆は離せません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二121107
25度有ったと思ったら次の日は13度、大陸の天候は夏から即冬の様相です。
アパート住まいを引き揚げ車上生活を始めて11年が過ぎようとしています。
幸い今は大半を居候させて頂いて居ますから冬の厳しい季節は日本でもヨーロッパでも野宿は少なく為りました。
大自然の中、夏のキャンプ・テント暮らし最高ですよね!
風の音や虫の鳴き声、鳥のさえずりと心を癒し身体もリフレッシュ、活力が湧いてきます。
先日、車でParisのセンターに野宿しました。Parisは時々車で行って野宿しますが郊外の静かな住宅街に停まります。
車もテント同様に鉄板一枚ですから外気も光も音や気配もダイレクトに伝わります。
人間が生活するには最悪の場所に停めて寝ました。丁度歩道にはテント暮しのホームレスの方が居る前でした。夜中も車が途切れる事が無い大通りです。真冬の寒さと騒音、ヘッドライトが常に走ります。こうした場所では私が常日頃求めて居る大自然の美しい状況とはまるで正反対で身も心も只々堪え忍だけで精一杯です。勿論長い放浪生活でも初めての経験でした。

日本も新自由主義に侵されお金が全てを支配する社会に為りつつ有ります。
ヨーロッパに於いてもユーロ圏と為って新自由主義の実験が行われて居ます。
ご承知の通り謀略諜報、弱肉強食の世界が罷り通り一部の国は豊に為り潰れて行く国も出て来ました。
しかも人も金も自由ですから豊かな国々は移民と不法流入の全く相容れない人種が同居して居ます。その結果各地で暴動、犯罪の多発で理想の国々は荒廃し警察の力が及ばない地域が発生しています。
ベルギーも同様に人々の心が荒んで正に戦争前夜の様相です。
南仏プロバンスでも小さな農家が安い近隣の国から農業製品が入り立ち行かなく為って廃業に追い込まれています。治安が悪化し昨年此処ロワール地方でも暴動が発生しました。
結果、儲かって居るドイツでさえイスラム教人の移民と住民対立が激化して居ます。当然ドイツは東ドイツを抱えていて只でさえ税金を使わなくては行けない状況が有る上に他国救済に使う事に違和感を感じるのは当然です。
アメリカが押し進めて来た新自由主義の破綻は明らかです。
そのアメリカ自身も新自由主義に因って豊かさや心の荒廃が始まって居るのだと思います。

日本でも改革改革と規制緩和を進めた結果益々経済が悪くなって居ます。
人間の知恵や努力でその地域や文化を育んで来ました。
古き良き文化を守る為にも一定の区別や規制は必要だと思います。

騒音と喧騒の環境の中では私が目指す感じる美しい幸せ感を表現する事は難しいと思って居ます。

僅かなお金で人々を奴隷に使う様な社会には戻したく有りません。

今回の旅はそうした事を確認出来た意味で大変意義の有る旅でした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1211021
水彩画家・長尾周二1211022
寒い雨が降って居て最高気温も10度と真冬並みです。マダムの館も暖炉に火が入っていて暖を取ってフランス料理で疲れを癒して下さいました。本当に親しい友人ほど有難い事は有りません。
今年はこの後、スペイン・マドリッドで展覧会が予定されて居ます。
来年はパリの展覧会とイタリア・アッシジでの展覧会が待って居ます。勿論私の個展もロワール地方シャトーシュベルニーワインハウスで待って居ます。
そんな予定をマダムと話ながらディナーを頂きました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二121022
旅をして感じる事も多いですね!
今、お世話に為って居るロワール地方が如何に素晴らしいかも良く分かります。

ベルギーは一時期の経済が最悪さから立ち直りつつ有るように思います。見栄っ張りでシャイな感じですね。オランダ人はベルギー人を見下した感じで経済を背景に生意気でややもすると横柄な処が有りますが良く話し掛けて来ます。田舎はロッテルダムと違って英語を話せる人が殆ど居なくてアレ?と言う感じでした。

何度も来ては居ますがドイツに行く通過点で作品を描いたり住民と話したりは余りしていませんでした。
趣味のアンティークは高いですね!特にオランダは良い品物も有りますがとても高価で手が出せません。
ベルギーも3年前の叩き売り状態から高く為って品物に選るとフランスの価格より高いですね。
私の目から見たオランダとベルギーです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二121018
作品は午後から描いた物です。運河の有る閑かな風景ですが強い風は相変わらずです。
イーゼルには5リットルの水が入ったポリタンクをぶら下げ更にロープで固定して描きました。

今日も朝から強風と雨が降って居ます。車の中に居ますがゴーゴーと唸って居ます。
水彩画家・長尾周二121021
長く野宿をして居て必要な事の一つにトイレが有りますよね。幸いこの駐車場には珍しくトイレが設置されて居ます。水の確保も出来ますので助かります。スペインとか南フランスには何処の村にも水飲み場が有って水の補給が出来ますが水の確保も大変です。
今も車には22リットルの水を積んで居ます。
自炊用と絵を描く際に使う水です。
車に積んで居る主な物を記します。
携帯ガスコンロ、ヤカン、鍋、バケツ、傘、靴とサンダル、寝袋寝具、ハサミや爪切り、大きめのお椀とスプーン、缶切り、孫の手等です。ワインを入れて居た箱を細工して道具箱を作りその中には大工道具やボンド、安全ピンや水張り道具、針金、荷造りロープ等が入って居ます。アンティークを品定めする際のルーペも有りますね。
食料品も常に数日分は積んで居ます。お米、パン、チーズ、リンゴ、缶詰めは必需品です。
勿論画材一式、今回は50号一枚30号三枚後は6号スケッチブック二冊を用意しました。昨日は30号を描きました。
今回は27日にアントワープで日本から来られる友人等と合流しますので私専用のベッドは降ろして4人乗りにしてシートを設置しています。普段はそのベッドの下の物入れに掃除機や展覧会用品が入って居ます。

ブログを更新している間に天気が回復する兆しが見えて来ました。午後には雨が上がりそうです。強い風は相変わらずですが。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
80号の連作が仕上がりました。

水彩画家・長尾周二121008

↑このページのトップヘ