水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
・展覧会情報



水彩画家・長尾周二1807242
KOKORO JAPON展(Part.1)
 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)

水彩画家・長尾周二1807243
KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

長尾周二作品集

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・ロワールの花の絵1
ロワールは本当に温かい日々が続き仕事も進んで居ます。
美味しいフランスパンをリュクサックに入れてシャトーボガールの庭園を廻って居ます。桜や木蓮、水仙にパンジーと春爛漫の様相です。木々も新芽が芽吹き出し化粧を始めました。

ロンドンの二上さんに電話した処、放射能検知器が売り切れたと言って居ました。フランスでも3000ユーロする放射能検知器が売り切れたそうです。多くは日本に送るとか?

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・ロワールの桜2
フランス ロワール地方に居ます。
温かい日々が続き桜や桃の花が咲き誇って居ます。
大好きな桜の花を描きました。
一足先に桜の絵を送ります。
蜜蜂は勿論、今日は蝶々が飛んで居ました。

テレビの映像を見て何度、涙を流せば済むのか。目を覆いたく為る光景が続き何か行動をとフランスでの個展をチャリティー展にします。またフランソワーズさん会長のアートテクトの企画展覧会にもチャリティーボックスを設置して頂く事になりました。

東北各地はヨーロッパ放浪の前に何度となく訪れた日本で最も美しい海岸線の一つです。
何枚も何枚も描いた風景です。
無惨な映像は今でも信じられません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記写真110210
約11時間のバスの旅で四国高松に帰りました。未だ歯医者さんや日本
医科大学永山病院の検診が残って居ますがフランスから出品して頂いた
作品を送り返したりする用事が有る為に帰って来ました。
水彩画を永年描いて来ましたが青年時代には油絵も描いて居ました。
母が亡くなり部屋を整理してたら22才の時に描いた作品が出て来ました。写真の作品がそうです。

修行時代に奈良、壺坂寺で宿坊に泊めて頂いて壺坂寺の奥の院に有る石仏五百羅漢を制作しました。その作品です。
毎日早朝、修行僧と朝の勤行を行い宿坊で作って下さったお弁当を持ち深山に籠り何枚も描いた内の一枚です。無心に画面に向かい描いた事を昨日の様に思い出します。

今度の訪欧は放浪の旅では無くロワール世界遺産群のシャトーボガールに滞在して制作します。数年前に新たに買い求めた油絵の具も持参し制作します。
勿論水彩画を主体に制作しますが油絵でも感じた美しさを表現出来ればと思って居ます。

大作の水彩画や依頼された植物の作品は勿論ですが油絵も再挑戦します。

1月末には渋谷のNHK放送センターにお伺いし後藤アナウンサー、大輪アナウンサー、チーフプロデューサー等地球ラジオの関係者に挨拶をして来ました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・高取城跡
先日、奈良県高取町にある壺坂寺に伺いました。
壺坂寺は私が20代に数ヶ月境内の奥の院にある石仏を描く為に宿坊に泊めて頂いた所縁があるお寺でも有ります。
その当時からの友人高橋さんと昔話をしながら夕食を頂きました。境内も大きく変わりましたが本堂の静けさはそのままでした。
水彩画家・長尾周二・旅行記写真101119
その壺坂寺の山沿いに有るのが高取城跡です。
故植村鷹千代先生の居城でも有ります。
未だ植村先生にお会いする前に城跡や猿石がある城下を散策し絵を描いたものでした。植村鷹千代先生が亡くなる前に先生から依頼された書籍を武蔵野美術大学に寄贈、植村文庫を開設したのもつい先日の様に思い出しながら城跡に立ちました。

赤い紅葉が天守閣跡に艶やかに色付いて居ました。

ーお知らせー
フランスでの活動の成果として下記の期間・会場で日仏秀作美術展覧会が開催されることになりました。
入場は無料です。お気軽にご来場ください。

★2010年12月7日~12月13日京都法然院
(京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地・電話075-771-2420)
http://www.honen-in.jp/

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二作品写真20101103
昨日と今日の食事の内容を書きます。
昨日の朝は食パン一枚と頂いたリンゴ一個、昼は長野ギャラリータカハシでお蕎麦をご馳走になりラッキー。夜はカップ麺と一個48円で買ったお握り一個。

今日の朝は48円で買ったお握り一個とリンゴ一個
昼は陶芸家立石さん宅でうどん鍋をご馳走に為りました。有難いですね。夜はコンビニで納豆巻き130円と190円のスパゲッティ船の中で食べました。

リンゴも二個になりましたから生鮮野菜が不足気味になります。

貧乏を絵に描いた様な生活は何年も変わらず続いて居ます。ご馳走は友人知人にお世話に為って居ます。それでも我が家の経済は真っ赤です。

旅人で居られるのは友人や知人の助けが有ってこそ続けられて居ます。
苦しいとか不満は一度も感じた事が有りませんがそろそろ体力の限界を感じる時が有ります。
寒さですね、体か冷えると膝や肘に堪えます。

アルプスの雪化粧を描きたかったのですが用事が有って車を預け四国高松に神戸三ノ宮から船で向かって居ます。

歯の治療も今年の正月入院した手術後検査も受けなければ為りません。
展覧会やフランソワーズさん一家の来日と年内は雑用で走り回って居ます。

ーお知らせー
フランスでの活動の成果として下記の期間・会場で日仏秀作美術展覧会が開催されることになりました。
入場は無料です。お気軽にご来場ください。

★2010年12月7日~12月13日京都法然院
(京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地・電話075-771-2420)
http://www.honen-in.jp/

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・妙高山の風景写真
さすがに標高1300メートルの妙高高原笹ケ峰は寒く紅葉真っ盛りでした。昨日から雨で今日も霧の中雨が降って居ます。
野宿は慣れたものとは言え寒さにはお手上げです。
早速冬仕様に着替え寝袋に包まって寝ました。
ヨーロッパのカラットした空気と違って湿度の多い空気は繊細な情景が有ります。

写真の作品は妙高山の風景です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真100914
ベニドーム槙さん宅に何日か滞在しマドリッド空港に向かいました。

滞在中槙さんの仕事先、海岸の教会横広場に遊びに行きました。
彼は30年以上ポートレイトを描き続けて既に20000人を越えた
そうです。その作品は素晴らしく皆さんに愛される訳で着いた時も作品を制作していました。写真はその様子です。

夜11時59分バレンシア地方ベニドームのバスターミナルからマドリッド空港に向けハイウェイバスで向かいました。

深夜バスですから当然室内灯が暗くなります。しかし走りだすと運転手はラジオ番組を選び出して音楽を流し始めました。案内アナウンスでも有のかと思ったのですが彼の好きな音楽を流して居るだけの様です。
勿論慣れて居ない私は最初寝られず驚いて居ました。ウエスタン音楽から始まってピートの効いたラテン音楽迄流して居ました。
ボリュームを下げて居る様子は無く室内に響きわたって居ました。何ともスペイン的と言うか朝7時前にマドリッド空港に着くまで流して居ました。

例えば東京、大阪行きの深夜バスでラテン音楽を流して居る様な物ですから文化の違いと言うか只、驚くばかりでした。さすがに朝方少し寝ましたが!?

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真「姫りんご」
シャトーボガールのガーデンの木々も季節の変化が見られます。小さな姫リンゴも御覧の通り赤く色づきました。

先日蓮の花がある小さな池で1日観察していたら朝は閉じていた花が午後一時過ぎ太陽の光を浴びて綺麗に咲きました。
午前中はラジオを聞きながら花が咲くのを待って作品を仕上げました。

52000坪あるガーデンにはまだまだ興味が湧く風景が有ります。

来年はこのシャトーでもゲストルームを用意して頂けます。季節の移り変わりを作品に出来れば幸いです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・ポートレイト写真
シャトーボガールの展覧会の最終日シャトーボガールのスタッフ・アリーシャさんがポートレイトのモデルに為って頂きました。
写真のポートレイトがアリーシャさんです。
展覧会会場で日本語の挨拶をされてびっくりしました。
水彩画家・長尾周二・旅行記写真100821
ジュベール&直子さんです。とてもきれいな日本語で話されてお聞きした処、日本に10年滞在してたそうです。今はロワール地方にお住まいでシャトーボガールにはバカンスでいらっしゃったとの事です。

個展が終わってマダムフランソワーズさんと一緒にシャトーボガールに挨拶にお伺いしました。来年度の企画が話し合われ私も参画させて頂く様です。
シャトーボガールにはフランス建国当時の国王やジャンヌダルク等の肖像画が360枚以上在ります。そこで世界中からポートレイト画を集めて展覧会の企画が進んでいます。
マダムフランソワーズさんが主宰のアートテクトが全面協力で企画するそうです。

打ち合わせの後はマダムナタリーさん家族と一緒にランチをご馳走になりました。

来年度もブガッシュ市のギャラリーでの企画展と合わせて忙しくなりそうです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真100801
昨日と一昨日、デイエテイエ&こずえさんのパン屋さんから大量のパンやケーキを差し入れて頂きました。パン以外のケーキ類はシャトーボガールのマダムナタリーさん等日頃お世話に為って居る方に配りました。パンは有り難く毎日頂いて居ます。本当に有り難うございました。

今日は向井円さん一家が展覧会会場にいらっしゃいました。ヴエルニサージュの日本食が大変評判が良くシャトーボガールのマダムナタリーさんからお声が掛かって会う約束で来られたそうです。

バイオリンを弾いて頂いた二上公臣(マサオミ)さんも友人の輪を広げた様で来月にも又フランスにいらっしゃるそうです。

展覧会を通じて友好の輪が広がる事は大変嬉しいです。ひいては皆様の幸せに繋がり民間外交の一助となった事は本当に喜ばしい事です。

↑このページのトップヘ