水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

長尾周二作品集

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110928
「お陰様で、最近では完全にイギリスでの日本アニメファン業界のトップ音楽家になってしまいました。
ロンドンの日本文化イベントでも必ず呼ばれるし、最近はまだチャリティイベントがよくあるのでバンバン声がかかってきています。
CDもイベントに行けば演奏してるだけで100枚くらい一般の人が買っていくし、結構恐ろしいことになっています。
長尾さんのアドバイス通り名刺作って、帽子もいつも被ってるお陰でしょう!」

以上のメールを頂きました。昨年、シャトーボガールでの企画展のベルニサージュでヴァイオリンを演奏して頂いた公臣(マサオミ)さんからの近況報告です。

写真は描いていて買って頂いた作品120号です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110916
私がトヨタ系セントラル自工デザイン課を退社した後画塾を東京都日野市のアトリエで始めました。銀座で毎年個展を開催し画業にも励んで居ました。
同じ町内に住んでいらっしゃった出水先生の紹介で小島善太郎先生と出会いました。
当時未だ24、25歳だったと思います。

又、美術評論家の植村鷹千代先生とも親交が有り二度ヨーロッパ旅行を御一緒させて頂きました。
度々百草園のアトリエを訊ねてParis時代の話や愛弟子が若くして亡くなった話などお伺いしていると益々先生が好きに為り、私が主宰する聖蹟桜ヶ丘の美術予備校にも来て頂き芸術家の卵の作品も講評して頂きました。

今、滞欧五年目です。先生との親交を思い出しながらフランス・ロワールで文章を書いています。

その後小島善太郎美術館建設の話が八王子市や日野市青梅市で持ち上がって居たのですが様々な問題が有り進んで居ませんでした。
八王子市の話は新藤先生にお聴きし、日野市は当時の市会議員議長から青梅市は善太郎後援会長からお聴きしました。
最終的に青梅市市長と植村鷹千代先生との会合をセットし美術館建設が決まりました。
公的機関が個人美術館を建設する前例が無かったので小島善太郎美術館が全国初の事でした。

その後は皆さん御承知の通り全国にです。
当時の青梅市市長は議会は私に任せて下さいと英断し植村鷹千代先生も全面的に後押しをして頂いて建設に至りました。
美術館建設記念展も銀座ミキモトギャラリーで支配人の小林さんにお願いし開催しました。

未だ28歳の若僧でしたが志が有れば叶うことを体験させて頂きました。

先生の作品で村の子供は依頼を請け買い戻しに行った事や展覧会作品の額縁を銀座古径にお願いした事、美術館建設記念図録のネガは私が保管して居る事等も懐かしく思い出されます。

あれから30年以上経ったのですね。

今日も40号を描いて次の作品の構想を練って居ます。
あの激しい烈火の如く小島善太郎を思い出しながら記しました。

最後に
「君、 画を描きたまえ!」
直立不動で二回に渡、檄を頂きました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「ロワールの花壇の花」写真
花壇の花を描きに行ったのですが咲き誇っていた花の一部は枯れ始めて居ました。
午後は雷鳴と共に雨が降り季節の変わり目を感じさせる一日でした。

此の地方は夏が終わると一気に冬が来る感じです。未だセーターは要りませんが朝夕は12度近くまで下がります。

写真は午前中に描いた花壇の花です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110823
印象派以降数多くの画家が明るい光りと色を求めて南仏に滞在しました。
今回、私は10日足らずですが毎日制作を続け20枚以上描きました。

暴力的ともいえる40度以上の空には雲一つ有りません。空の色も青空と言うより黄色い光を感じます。
勿論木々や畑の風景も光り輝いて居ます。

一日八枚描いた日が有りましたが感じる事が表現出来なく半分ムキに為って描き続けました。
私のイメージして居る作品もこの暴力的とも言える光の中に有ります。

来年はエクスアンプロバンスでの個展も予定されて居ますので一枚でも感じる美しさを表現出来る様に努力したいと思っています。

ロワールに向かって走り出します。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110819
エクスアンプロバンスのガロさんと久し振りの再会、センターにある彼のギャラリーを訪ねました。
エクスアンプロバンスの名庭園10に入っている竹が植わってて何となく京町屋風な雰囲気のギャラリーです。

ところが御自宅で大変な事に為ってたそうです。私と会う9日前に自宅に雷が午前4時に落ちたそうで石造りの壁に大きな穴が空き電化製品全て使えなく為ってしまったそうです。勿論電話やインターネット、給湯器に至るまでコンセントに繋がっている物が全て使えなく為ってしまったそうです。

就寝時で頭の上からバラバラと小石が落ちてきて何事だ!と言った感じだったそうです。

ま、ヨーロッバ風に言うと、「地震、雷、火事、マダム?」でしょうか!

プロバンスでも制作は続けて居ます。昨日のサンセットです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
朝晩は肌寒い位の陽気が続いて居ます。
水彩画家・長尾周二・作品写真110810
今日も畑の真ん中で一日過ごしました。
絵の様に何も無い場所です。
雲を見ながら過ごしていて今日は空の絵を描こうと思いました。
ランチは日本から送って頂いたインスタントラーメンにオニオンと玉子を入れて作りました。

一眠りして一枚仕上げた後に今度は私の頭の散髪です。
そう言えば渡欧して5年目一度だけスロベニアで理髪店に行きお金を払って散髪しました。若いお嬢さんの理髪師がカットするのが大変そうにしていましたね。因みに東洋人の髪の毛は硬いそうでその中でも中国人の髪が更に硬いそうです。スロベニアの理髪店で教えて頂きました。

スペインのロシア人画家アナトリーさんやフランスの友人に散髪して貰ったり、今回の様に自分で散髪したりです。

森までかなり歩かないと辿り着かないのでキノコ探しは止めました。
ロワール地方の風景を堪能しています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110806

水彩画家・長尾周二・セネガル国招待状写真
今日もロワール川に行って写生をしました。
多摩川と違うのは自然の姿が其のまま残っていて中洲や堤防にも花花が咲き誇って居ます。
雨が降ったり止んだりの天気でしたが、ほぼ出来上がった頃スコールの様な激しい雨に為り筆を置きました。
車の中まで雨が吹き込んで堪らず後ろのドアを閉めお仕舞いです。写真がその作品(写真上)です。

セネガル国とのコンタクトはマダム・フランソワーズさんがして頂いてます。セネガル国から届いた正式の招待状(写真下)です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110803
何枚か花をテーマにした作品に挑戦中です。
50号以上の大きさのパネル二枚に制作しました。
写真はその一つです。

フランスの美しさは街並みにも有りますが私が興味を持って取り組んでいるのが花です。
今回は公園やロータリーなどに見られる花壇を中心に描きました。日本には見られない種類や色の花が咲き乱れています。

作品は私が個展を開催したブラッシュ市の花壇と民家です。

アフリカ・セネガル国での展覧会正式名称はDakar Arts Festival 2011 です。フランス招待作家による企画展覧会だそうです。
パリ・ダカール ラリーの最終到着地です。若い時代に海岸線を走るラリーカーのウイニングランを思い出します。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110726
8月末から一ヶ月間、フランスメンバー招待作家による展覧会がアフリカ・セネガル国で開催されます。
そして私も正式に招待作家として決まったと通知が来ました。
出品作品は30号4点、花をテーマにした作品を選びました。さくら、ひまわり、ポピーそして写真の絵です。

作品の送料は全額負担して頂きます。そして交通費宿泊代も半額をセネガル国が負担して下さるそうです。

作品だけでも良いのですがオープニングパーティーに参加したいと思っています。

フランス画家招待作家として選ばれてとても嬉しい気持ちです。今後も此を励みにコッコッと制作を続けたいと思っています。
フランスを離れての活動は何度か有りましたが大変有り難い話です。

写真は出品作品の一つです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・向日葵
昨日今日と2日掛かりましたが向日葵を描きました。
例年暑い中で描いていますが今年は肌寒い位で雨が降ったり止んだりの中で描きました。

ま、向日葵はヤッパリ汗をかきながら描かないと実感が無いですね。

水彩画家・長尾周二・旅行記写真110723
フランソワーズさんのシャトーにお客様がいらっしゃって居ます。ジョン・クロードさんご夫妻です。奥様がアートテクトメンバーで画家です。

ジョン・クロードさんはParisで演奏活動をなさって居るピアニストです。シャトーシャモント近くのレストランでディナーをご一緒した際にピアニストの赤松真理さんが9月にいらっしゃる話をしたら、是非お会いしたいですねとの事でした。

シャンソン小劇場のジョゼさんカトリーヌさんにも既にコンタクトは取っていて音楽家の交流も始まりそうです。

↑このページのトップヘ