水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

長尾周二作品集

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「エクスアンプロバンスの教会」の写真
エクスアンプロバンスはセザンヌの産まれ育った地でも有ります。旧市街にギャラリーや美術館が大小合わせて27在るとか。ギャラリーを見ながら街並みを楽しんだり、美味しいピザ屋さんで一切れ買って食べたりとのんびり過ごしています。

今回はビーモン湖に向かう道路で駐車代金が係らない場所に車を停めてそこから旧市街に歩いて居ます。勿論、差ほど遠くない場所です。

其所から見える教会を描きました。日中、日射しが有ると温かですが雲が出たり朝夕は寒いですね。

描き出しはまずまずでしたが筆を入れるに従って納得が行かない物と為って行きました。何枚描いても何年描いても難しいですね。ま、市内に有るギャラリーの作品よりはましですが困った物です。

花粉症が出て来て鼻水と涙目です。回りは松の木が有りますので松の花粉ですね。当分悩まされながらの生活です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・バレンシアでの作品写真120302
温度計が18度を指していました。黄色や紫の花が咲いています。
勿論アーモンドの花も咲き誇って居ます。

丁度バレンシアオレンジの収穫時期で美味しいオレンジが4キロ1ユーロで買え今までの最安値でした。地元の槇さんも驚いて居ました。

スペインに来たのは槇さんやアナトリーさんと再会する事も有りましたがイーゼルを買う事とエアコンのガスチャージも目的でした。
イーゼルは鉄で出来ていて安くて頑丈で60号とか80号を制作する時に二つ同じイーゼルを並べて描く為にどうしても必要でした。
注文し届いてからの旅立と為りました。

エアコンのガスチャージはやはり最安値で53ユーロで済みました。
トヨタ・カリーナがエアコンのガスを時々チャージしていたのでガレージや国によって価格差が有ります。

アルテァの画材店にイーゼルが届くのを待つ間に一枚描きました。
写真がその作品です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真120228
昨日ベニドームから程近い場所でスペイン版蚤の市が有りました。槙さん等とご一緒して会場を見て回りました。
数百店は有ったでしょうか一回りするだけで一時間半は掛かりました。
私は本を一冊と靴を買いました。

その会場からの風景が素晴らしく描きたく為って今日、描きに行きました。
岩山をバックにアーモンドの花が咲いています。
そしてレモンの樹も見られてスペインならではの風景です。

其所でロゲさんと出会いました。近くにお住まいの様で散歩中でした。
彼は元美術大学で教えて居たそうです。
ですから水彩画でパネルに水張りして制作してるのは初めて見たと話して居ました。

描いてる間に三度来られ作品の写真を撮って行かれました。
その時の写真です。完成間近の作品とロゲさんです。

今日は2時過ぎに槇さんとランチの約束、5時にアナトリーさん家族と会う約束が有りましたので明日10時にロゲさん宅にお伺いする約束をして別れました。

偶然の出会いが楽しい事に繋がります。
彼は今、美術制作は一休みで音楽活動をしているそうです。
三度目に来られた時は奥様もご一緒でした。

明日お会いするのが大変楽しみです。

奥様も英語が話せて盛り上がりそうです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真120227
プロバンスの友人ガロさんに電話した処、今日から4日間パリに滞在中だと言う事なので先にポートレイト画家、スペインの槇さん宅に向かいました。

今回はどうしてもガロさんに会いたい事が有りますので他の友人知人とは用事が済んだ後に会う予定です。
先ず驚いた事が有りました。ガソリンの価格がフランスと同じに為って居ました。何時もの通りスペインで満タンにと空っぽのタンクに為りながらスペインに入りました。
何と殆ど同じ価格では有りませんか。
スペインもタックスを値上げしたのですね。
ガッカリでした。

バレンシア地方、とても温かです。気温が18度迄上がっていて快適です。
アルテァの美術大学横で絵を描いてたら私も画家ですと話し掛けて来ました。アルテァにギャラリーをお持ちだそうです。
アーモンドの花が咲いて居てとても綺麗だったので思わず描き出しました。

此方は春爛漫です。お陰で花粉症が再発、くしゃみばかりしています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・シュウジの風景
厳寒の寒波は最高気温が氷点下9度最低気温は氷点下17度迄下がりました。

朝起きると霧雨の様な雪が降って後には小雨に変わりました。

日曜日はとても寒い一日でしたがブロァのロワール河の駐車場で毎月恒例の蚤の市が有りました。ま、寒さが厳しくてそれでも大好きなアンティークを見て回りました。店は暖かい季節の3割位しか出店していませんでした。
髭を蓄えた出店者は氷が髭に張り付いて居ました。 外に置いてある飲みかけのジュースは既に凍り始めて居ました。ロワール河の白鳥も凍った河畔で羽を休めて居ました。

そんな寒い一日でしたが大勢の観客が品定めをしていました。
車の中の5リットル、ポリカンの水が完全に凍って居たことはお知らせしましたが墨汁や木工用ボンドもカチンコチンでした。
フランスの天気予報を見ながら一度南に向けて走りたいと思って居ます。
ま、寒気が抜けてからの話しに為りますが。

写真はシュウジの風景です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真120211
買い物を済ませてブロァーの街のロワール河沿いの駐車場に停めて対岸を描きました。
まるで流氷が流れて居る様な光景です。朝、11時の温度計は氷点下5度を標示していました。
天気予報では最高気温が氷点下3度で最低気温は氷点下11度だそうです。

5リットルの水を車に積んでいたのですが全て凍っていて仕方なく先程スーパマケットで買った水を使い絵を描きました。

幹線道路は除雪していますが小さな道や駐車場等はアイスバーンに為って居て危険です。
小雪が舞う中で光が射している頃合いを描きました。
ま、それでも今日も二枚風景を描き上げました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真120206
水彩画家・長尾周二・旅行記写真120206
作品は雪が降る前に夕陽が当った明るい風景の物です。勿論日中でも氷点下で車の中で描きました。
朝、起きると窓ガラスに白い物が見えました。
雪です。10センチ以上積もりました。サラサラの雪です。

マダム・フランソワーズさんは不在中です。
台所の隣部屋の天井から大量の水が流れ落ちて居ました。この寒さで水道管が破裂してしまった様です。電話で指示された元栓を閉めてやっと止まりました。
台所の下水も氷結して流れ無くなって居ます。

勿論、車を動かすのは危険です。
暖炉で温まりながら雪掻きをしました。
ゲート付近と車の雪を除雪しました。
少し作業をするとズボンの裾が雪で凍ってしまいます。
この寒さは何時まで続くのでしょうか?

日本から送ったロールペーパー4本とキャンバスロール1本が局留めです。taxの為の様です。
取れる所からはと言った所でしょうか。
何処も経済は大変ですね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「野田池からの五剣山」写真
元旦は私が生まれた讃岐山脈に行きました。祖先が祀られている神社が有ります。と言っても平家落人が刻んだ石が御神体です。
道無き道を登り参拝して来ました。

二日は子供の頃良く遊んだ栗林公園の背景に有る紫雲山に登りました。
標高200メートル弱の山です。山頂近くには古墳が有ります。松の間から青く輝く瀬戸内海が望めとても綺麗でした。

三日は由良山と言う標高100メートル位の山歩きをしました。高松市からも南に望める山です。私が子供の頃は採石場で時々ダイナマイトの発破音が家まで揺らして居ました。ですから山頂からは切り崩した絶壁が有ります。
弟と二人で昔話をしたり世間話をしながら楽しい一時を過しました。

写真は近くの野田池から描いた五剣山です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「富士山」写真
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

元旦

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・大串半島からの小豆島
写真は私が描いた「さぬき市大串半島からの小豆島」です。

先日、ひろしま美術館を見学して来ました。

以前にも訪れた事が有り懐かしく作品との再会を楽しみました。

印象派を中心にしたコレクションは点数は少ないものの作品が揃って居ます。
晩年のゴッホやマルケ、モジリアーニ、ユトリロ、ブラマンクの作品等が展示されて居ますがその中でもスーチンとモネの作品が印象的でした。

著名な作家でも心を動かされる傑作とそうでない作品が有ります。
ま、趣味の世界ですから好き嫌いも多分に有りますが時代やスタイルを超えて秀作は輝きが違います。

小さな美術館で30分も有れば見て回れますが三時間かけて何度も見て回りました。

日本人画家の洋画作品も展示されていて比較も出来ます。
広島の財界人がコレクションを寄贈して文化に触れる機会を与えて下さったこの美術館です。
日本の美術館でも一度は訪れてたい美術館の一つです。

ヨーロッパ各国の美術館も良く訪れますが日本の美術館も機会有る事に見学するように心掛けて居ます。
作品に触れる事は作家や時代背景も含め私自身、大変勉強になります。

美術作品は鑑賞する側の力量やセンスも試される程奥の深い傑作やエッ!と驚く駄作も有ります。ま、一時期持て囃された現代美術作家が抽象作品を描いて居たのを止めて具象作品を発表したりして居る作家が居ますが時代の先取りをして居る様で軽い仕事に終わって居る事が多いと思います。自分を一筋に掘り下げた芸術家と比較すると一目瞭然です。

そんな事も含め数多く作品に触れる事は自分の作品を高める大切な時間だと思っています。

↑このページのトップヘ