水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・SHUJI NAGAO(長尾周二)とゴゼ・リマーデ二人展
2019年8月18日~28日

フランス・ブラシュー・ビエールホール
水彩画家・長尾周二とセネガル共和国の画家・ゴゼ・リマーデの二人展です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
KOKOROJAPON展20191

長尾周二作品集

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・向日葵
昨日今日と2日掛かりましたが向日葵を描きました。
例年暑い中で描いていますが今年は肌寒い位で雨が降ったり止んだりの中で描きました。

ま、向日葵はヤッパリ汗をかきながら描かないと実感が無いですね。

水彩画家・長尾周二・旅行記写真110723
フランソワーズさんのシャトーにお客様がいらっしゃって居ます。ジョン・クロードさんご夫妻です。奥様がアートテクトメンバーで画家です。

ジョン・クロードさんはParisで演奏活動をなさって居るピアニストです。シャトーシャモント近くのレストランでディナーをご一緒した際にピアニストの赤松真理さんが9月にいらっしゃる話をしたら、是非お会いしたいですねとの事でした。

シャンソン小劇場のジョゼさんカトリーヌさんにも既にコンタクトは取っていて音楽家の交流も始まりそうです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110717
絵を描いてて絵の具を混ぜ感じる色を造るのが大変です。日本では見たこともない数々の色が此処には有ります。
特に花は河川敷に咲いている花でもまるで色が違います。勿論、葉っぱの色や木々の色も。と言う訳で試行錯誤は続いて居ます。どうすれば感じたイメージに成るのかです。何枚も何枚も重ねて居ますが空回りの作品が続きます。

今日は肌寒い日でした。赤いパーカーが活躍しました。今は久しぶりにまとまった雨に為って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真1107041
たましん歴史美術館・風景画展出品作品
水彩画家・長尾周二・作品写真1107042
      昨日描いた作品

フランソワーズさんからマドレーヌ教会での展覧会にSHUJIの素晴らしい友人がいらっしゃったと聞いて居ましたが誰だか分かりませんでした。
メールを頂き関口さんだと分かりました。
ありがとうございました。

関口さんのメールでは、「たましんコレクション風景画展」が国立駅前のたましん歴史美術館で6月28日から8月28日まで開催中だそうです。
私が30数年前に描いた油絵の作品も出品されて居るそうです。

興味が有る方はは是非御覧頂けば幸いです。

その作品の写真と昨日描いた作品を送ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「ドーバー海峡の夕陽」写真
昨日九時間以上車を走らせ着きました。今日3時20分のフェリーでイギリスに渡ります。

久しぶりに海が見られ、狭いながらも住み慣れた車の一泊は格別でした。
雲が多く星空は見えませんでしたが夕陽は海に沈みとても素敵で疲れて居るのにもかかわらず二枚描きました。

チケットに変えて後はフェリーに乗るだけです。

カレーは今日、蚤の市です。雨で少ししか見ていませんが霧雨に変わったので時間潰しに見て回ります。

フランスは恵みの雨で3ヶ月殆ど雨が降らず困って居たのです。どうやら本降りになりそうです。

イギリスに行く目的はロンドンの日本人会で東日本大震災のチャリティーを行うとの事ですから数十点作品を寄贈する為とパスポートのスタンプを貰いに行く為です。
イギリスのスタンプが有ればユーロ圏から一度出国した事になるからです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110524
ロワール地方の皆様に支えられて東日本大震災チャリティー展覧会、荒井弘子個展、中台真帆個展、長尾周二個展が無事終了しました。

チャリティー展覧会では市長始め大勢の皆様に参加して頂き多額の義援金が集まった事に心より感謝申し上げます。

引き続き個展の際も荒井弘子さん、中台まほさんが色紙をチャリティー作品として協力頂き重ねて御礼申し上げます。

引き続き本年度アートテクト展覧会に出品する際や個展でもチャリティー作品を用意してチャリティーボックスに義援金として入れたいと思っています。

パリ・マドレーヌ教会での展覧会でもマダム・フランソワーズさんからチャリティーボックス設置とチャリティー作品販売を継続すると話が有りました。

話しは変わりますが車のラジエーターは新品と交換する事と為りました。熔接でと思った箇所がプラスチックでした。大枚が消えて行きます。
今年の旅も未々続きますので仕方有りません。此処でも皆様に協力頂きありがとうございました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真ロワール川のポピー
先日ロワール川沿いに咲いているポピーを描きに行きました。車で移動中は何時も自分の好きな風景を見つけると地図を頭の中に記憶する様にしています。そのポピーを描き終えフランソワーズさんのシャトーに帰る途中ラジェターゲージがレッドゾーンに為りました。

昨年、ロンドンの二上さんにお会いした時にラジェターの交換時期ですよとアドバイスして頂いた事を忘れてチェックを怠って居た為に水漏れでオーバーヒートしてしまいました。
TOYOTA車とは言え既に20万キロ走り日本だと即廃車でしょうがどっこい欧州では動くまでは現役です。水漏れ防止剤を入れてもう少し働いて貰う様にします。せめて秋、スペ インにたどり着く迄はと希望を込めて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110517
今日はシャンソン小劇場のジョゼさんとカトリーヌさんが個展会場にいらっしゃいました。ワインをお土産に頂きありがとうございました。

CDを聴いて頂きピアニストの赤松真理さんの事をお話し、今度フランスに来られた際にお会いして頂ける様にお願い致しました。画家の交流だけではなくて音楽家の交流も始まります。

来月はパリ・マドレーヌ教会での展覧会も企画されて居ます。パリに行く機会が増えそうです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110416
のんびりチャリティー作品を描いていのですがこの土曜日から二週間私の展覧会とは別にチャリティー展覧会を企画して頂いて居ました。チャリティー展覧会にはフランスの画家も多数参加して下さいます。
明日から全力疾走が続きます。
明日は作品の準備、土曜日はベルニサージュです。何とフランソワーズさんはフランソワーズさんの個展も含め五ヶ所の展覧会を同時に企画し
ていたのです。驚く行動力です。
私が提案したのは私の展覧会をチャリティーにして下さいとお願いしたのですが。
シャトーボガールでの国際的な肖像画展覧会も含めてです。
道理で毎日深夜までバソコンに向かって仕事をしている訳です。
幸い私の作品は数百点有りますから何回展覧会を開こうが問題はありせん。

フランソワーズさんの個展以外の展覧会には一点は展示していてベルニサージュにも参加しています。

では頑張ります。=

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110406
先日フランソワーズさんが主宰するアートテクトにロシア人アーティストからの売り込みが有りました。インターネットによるものでした。そうです、あの手の絵です。しかし自分の作品に比べれば遥に高いテクニックを持っています。彼女は躊躇いも無くだめ押しをしました。
ま、私のコレクションした本の挿し絵でさえ現代画家がとてもなしえない境地の世界に有ると思います。とんでもない世界に足を踏み入れたと感じています。

多分、小島善太郎先生も一度はそう感じたと思います。況してやあの挿し絵画家が活躍してた時代ですから尚の事でしょうね。
知れば知る程、人間の能力の高さを感じます。
日本人画家も技術的には高いと評価しつつ、芸術性が無いと厳しい答えが帰って来ました。

正に自分が置かれているこの土俵がとんでもない世界に居ることを感じました。

やはり絵は難しい!

改めて震えを感じる程大変な世界で仕事をしていると感じます。
ヨーロッパ放浪生活5年目、60歳で路頭に迷う心境です。
視力や気力が衰え始め、為るようにしか為らないのかも知れません。

実は今までは何でも出来そうな自惚れや自信が在りました。
ま、幻だった気がします。

御託を並べる暇が有ったら描け!
負けずに描け!此しか無いのかも知れません!

ある意味で技術力が無いから幸いしているのかも知れません。感性を研くしか方法は無いと思って居ます。

今、セーヌ川やロワール川に飛び込んでも笑われるだけですから戦いを続けます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「シャトーボガールの鶏」
私がお世話になって居るフランソワーズさんはパリのラジオ局で美術番組を担当しています。今日はその放送日だと言う事でパリにご一緒しました。放送時間や用事をしている間にパリの街を散策しました。
街の樹々は新芽を吹き出し花も花壇を彩り本当に美しい光景でした。カメラは持参していたのですがスケッチの道具箱は持って来ませんでした。
この美しい風景を描き留める事ができず本当に残念でした。グランドパレスの公園やセーヌ河畔で春を楽しみました。新芽の緑に黄色や紫、ピンクの花が本当に美しく映えていました。

絵はシャトーボガールで描いた鶏の作品です。

↑このページのトップヘ