水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

長尾周二作品集

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・ブルターニュ朝の風景
ブルターニュ地方は多分経済的にはフランスの中でも余り良くない地域だとは思いますが風景と人々は大変素晴らしいです。
ここの処天気ににも恵まれ旅を堪能しています。
昨日は大アサリ等貝を採りカレーライスにしました。それはとても美味しかったです。
今日の朝はワカメを拾って車の屋根で干しています。

イギリスや日本はライセンス、漁業権と騒ぎ磯遊びも儘成りませんがフランスの標識には何センチ以下は採らないようにと有るだけでした。
地元の人に大アサリの採り方を教えて頂きましたが名人にはかないません。違う貝の方が多かったですね。

小さな教会に寄り添うように民家が有ります。イギリス、コッツウェルの風景と比べても素朴で大自然に溶け込んだ風景は上品な位です。
茅葺の民家も有りましたが石の屋根は500年は経って居ると思います。幾つもの半島や入り江を廻り好きな場所を探し泊まって居ます。

今、西も東も岬が見える場所に居ます。朝日も夕陽も楽しみな場所です。今日はこの駐車場で泊まろうと思って居ます。

作品は朝の風景です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・ブルターニュの海岸
地上にもし楽園が有とすればこの海岸もその一つかもしれません。私が2日続けて泊まった海岸は小さな島が点在しその島にはシャトーや民家が1、2軒有ります。
干満の激しい大西洋岸は干潮になると数キロ先まで干潟になり風景が一変します。陸地側を見るとやはり民家やシャトーが有り牧場には牛や馬が放牧されています。

干潟には水鳥がいて夜になると野兎が車の横で跳ねて居ます。見渡す限り大自然に囲まれていて人工物を探しても防波堤の石組か民家しか見当たりません。
多分500年前と同じ風景だと思います。

地元の人が貝を取って居るので私も教えて頂いて取りました。小さなバケツに家族の分だけとり、小さな貝は逃がして居ました。全てがゆったりして干満の汐に合わせた生活の様です。

満潮になると足元まで満ちて海に浮かぶ小島が出現します。
晴天は二日で終わり又厚い雲に覆われ霧雨に為りました。その天候の変化も風景画家に取って正に楽園です。
昨日は夜11時半過ぎまで何枚も描いていました。干潮時の磯遊びを久しぶりにして本当に楽しかったです。

ブルターニュ地方は文化の違いだけではなくその風景にも魅力溢れる地方です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二作品写真・ブルターニュの海岸線
わたしは日本全国を長年旅をして来ました。北は利尻島、南は沖縄、離島の小笠原にもスケッチをしながら旅をしました。

ヨーロッパ放浪の旅も4年目です。エクスアンプロバンスで知り合ったブルターニュ語研究者からブルターニュの事を聞いて是非一度は訪れたいと思っていました。
大西洋に面した海岸は汐の干満が激しく白い砂浜が遠く迄見えたと思っていたら足元まで汐が満ちて来ます。自然の風景はその干満の激しさと共に変化に富んだ風景を楽しませてくれます。日本で言えば対馬や北海道の様な手付かずの自然が有ります。
又海岸線は常にゴミを処理し綺麗に保って居ます。

そこで思い出されるのが宮崎県の海岸線です。
今、日本では大変問題に為っていて宮崎県の人々には申し訳ございませんが私が二度と行きたくない場所の一つが宮崎県の宮崎市から延岡市に至る海岸線です。
勿論青島や観光地は綺麗に清掃去れているのですが国道が内陸部を通る目に見えない場所は膨大な量の流木や漁具類タイヤから自転車まで捨てて居ます。
車で寝るために海岸線に何度か入りましたが家畜の糞尿の悪臭で場所を何度か移動しました。
小さな川も流れている水は清流なのですが河口には見たくもないゴミの山が有ります。流れ着く流木や外国からのゴミ又不法投棄のゴミと併せ処理仕切れない量のゴミが放置されています。
何十キロ走って絵を描く場所をと探しましたがあのゴミの横では私の風景画は有りませんでした。
大分県に入り小さな川で村人が清掃をしている姿を見てホッとした気持ちに為った事を昨日の様に思い出します。

民話の里の穏やかな南の国ですがあの海岸線だけは二度と行きたく有りませんね。一度宮崎県に縁のある人とその問題に取り組もうとしたのですが相手の都合で叶いませでした。

あっ!今はブルターニュの美しい海岸に居ます。
朝の制作に取り掛かります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二の絵画作品写真・モンサンミッシェルの夕景
先日フランソワーズさんと一緒にシャトーボガールに私の個展の打ち合わせをしてきました。シャトーのマダムナタリーさんやスタッフの皆さんとポスターやベニサージュの案内状等最終的な打ち合わせをしました。
パーティーにはロンドンから二上さんの息子さんがバイオリンを持参、演奏して頂ける事になりました。
プロバンスの写真家のジョンさんも来て頂けると連絡がありました。

モンサンミッシェルが望める堤防で泊まりました。島は深夜迄ライトアップ、島に続く道は観光バスや自家用車がこれでもかと向かっていました。私は島には渡らず何枚か遠目に絵を描いて次の街に向かいました。
静かな修道院だった島は陸続きとなり随分と賑やかな様子でしたね。

ブルターニュ地方の大西洋岸に居ます。私は観光地も一度は良いと思いますがやはり小さな街や麦畑の中が大好きです。
この半島からは小さな島々がエメラルド色の海に輝いていて空の青と素敵な風景を見せてくれています。入り江には干満の激しい砂浜にヨットや小舟が横たわって居ます。
初めてこの地に来ましたが又好きな場所が増えましたね。

絵は「モンサンミッシェルの夕景」です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二作品写真100627
ロンドンで受け取った30号の額縁二点を積み車は来た道を帰りフランソワーズさんのシャトーに着きました。こずえ&デイエテイエさんに頂いたパンも一週間を過ぎると固いパンに為ります。その固いパンを食べて居た事も忘れて今は新しいパンを頂いて居ます。

旅人は良い事ばかりでは有りませんが良い話をお互いに話し合う事で又新しい良い環境や出来事が起きてきます。
又悪い事が有れば気分を変えたり運気を変えるため旅を始めれば良い様な気がします。幸せを分かち合う事がある意味で旅人の持つ役目かも知れませんね。
画家はその行為そのものが幸せを分かち合う仕事ですから必然かもしれません。

又来週から放浪の旅に出ます。短い旅ですが新しい出会いと良いインスピレーションで一枚でも納得の行く作品が出来ればと思って居ます。

シャトーボガールの個展準備も進んで居ます。パーティーに出す軽食は向井まどかさんファミリーにお願いし、ポスターとオープニングパーティーの案内状はフランソワーズさんの息子さんジョンさんにお願いしています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・ドーバー海峡が望める丘
青い空、青い海と言いたいのですがこの一週間は雨が時々降り冷たい強い風で寒い日々が続いて居ます。
それでも若者達は色とりどりのカイトに風を受けカイトサーフィンを楽しんで居ます。
私なんかセーターを着て膝掛けを掛け車の中で寒さをしのいで居ます。フランスの海岸線ではカイトサーフィンが主流でウインドーサーフィンは殆ど見かけませんね。
アウトサイドスポーツは盛んで自転車は勿論ハイキング、乗馬と麦畑の丘の上からも観察できます。
昨日乗馬した6頭が通り過ぎて暫くすると雨が振り出し馬が騒いで二人が振り落とされて居ました。怪我は無かったようです。
大規模な機械化した畑で作業を見ていました。10トントラック2
0台分位の堆肥をトラクターで牽引した散布車を使い一時間余りで畑に散布、山の様な堆肥は直ぐ無くなりました。
広大な畑の向こうには大西洋が望めます。まことに豊かな国だと改めて感じました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・ノルマンデー海岸にて
フィンセント・ファン・ゴッホの傑作に教会と糸杉の絵が有りますよね。月と太陽が空に描かれている作品です。
月と太陽が同じ画面に掛かれて居ますがゴッホのイメージで描いたのだと思って居ました。

私は今、フランス・ノルマンデー海岸にいます。
夕陽を描く為に朝から海岸で待って居ました。日没は6月16日現地時間午後10時10分でした。
その日没前に西の空に三日月が出て居ました。そして太陽も同じ視野に見えるのです。単なる創作では無く大自然を鋭い感性で捉え絵にした事が分かりました。
西の海に沈む太陽と三日月が同じ視野に入っていてこれを画面に表現したのです。昨日も同様に夕方、太陽と三日月が同時に同じ西の空に有りました。

オランダ・アムステルダムのゴッホ美術館に30数年前にも来ましたそして又今回ゴッホに会いに来ました。改めて鋭い感性で捉えた大自然を感じとても感動致しました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・港町LEERの風景
ドイツ国境近くのLEERと言う港街に泊まりました。
小さい港街ですがとても風情が有り私の好きな街です。時間が来ると教会の鐘の音と共に絡繰り時計の音楽が流れて来て旅愁を誘います。
この港街にも帆船が数隻係留されていて美しい姿を見せています。
その昔、船乗り達がこの港に帰って来た時の感動が伝わる様です。高い搭や教会の鐘の音、私のような旅人の疲れも癒してくれました。

この港街の風景です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二作品・森の妖精の教会
シャトーボガールでの展覧会は無事終わりました。夏の展覧会迄ドイツに向けて旅立ちます。
パン屋さんのデイエテイエ&小津枝さんからは沢山のパンやお菓子の差し入れが有りました。本当にお世話になりありがとうございました。美味しいパンを噛りながら東に走ります。

又新しい出会いや友人が出来る楽しみが有ります。
何よりも心ときめく風景と出会える事が沢山有りますように。

写真はシャトーボガールの庭園内に有る教会跡の風景です。私はこの絵のタイトルを〔森の妖精の教会〕と名付けました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記20100511
フランソワーズさんの館には500年以上経った木像のマリア像が 有ったり大理石の彫刻が有ったりで部屋の中のアンティークを見ているだけでも驚きです。
浮世絵の版画も壁に掛かって居ます。
今日は雨で殆ど外に行かなくて館に居ました。
美術関係の本を見ながら時にスケッチブックに写したり。
ラジオのクラシックを聞きながら何と幸せな環境に居る事かと感動しています。
巡り合わせと運命的な偶然は凄いですね。

ヨーロッパに旅して4年目色々有りましたが大病の後のプレゼン
トでしょうか。
5月18日から6月3日迄シャトーボガールで展示します。
本番の個展は7月27日から8月19日です。
夏が一番世界中からお客様が来られるシーズンなので沢山の人々に見て頂けるのはこの上も無い喜びです。

牡丹の花で苦しめられましたが体調を調えて頑張ります。牡丹はまだまだこれから咲きますから気に入った作品が出来る迄チャレンジです。

この国の凄さは古い旧家にはそのまま美術品が残って居る事です。アンティーク市やショップにも重要美術品が転がって居ます。家具にしてもキャンドルにしても素晴らしい物が有りますね。
お金が有ればもっと良い物が手に入るのですが見てるだけでも幸せです。

↑このページのトップヘ