水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

長尾周二作品集

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110524
ロワール地方の皆様に支えられて東日本大震災チャリティー展覧会、荒井弘子個展、中台真帆個展、長尾周二個展が無事終了しました。

チャリティー展覧会では市長始め大勢の皆様に参加して頂き多額の義援金が集まった事に心より感謝申し上げます。

引き続き個展の際も荒井弘子さん、中台まほさんが色紙をチャリティー作品として協力頂き重ねて御礼申し上げます。

引き続き本年度アートテクト展覧会に出品する際や個展でもチャリティー作品を用意してチャリティーボックスに義援金として入れたいと思っています。

パリ・マドレーヌ教会での展覧会でもマダム・フランソワーズさんからチャリティーボックス設置とチャリティー作品販売を継続すると話が有りました。

話しは変わりますが車のラジエーターは新品と交換する事と為りました。熔接でと思った箇所がプラスチックでした。大枚が消えて行きます。
今年の旅も未々続きますので仕方有りません。此処でも皆様に協力頂きありがとうございました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真ロワール川のポピー
先日ロワール川沿いに咲いているポピーを描きに行きました。車で移動中は何時も自分の好きな風景を見つけると地図を頭の中に記憶する様にしています。そのポピーを描き終えフランソワーズさんのシャトーに帰る途中ラジェターゲージがレッドゾーンに為りました。

昨年、ロンドンの二上さんにお会いした時にラジェターの交換時期ですよとアドバイスして頂いた事を忘れてチェックを怠って居た為に水漏れでオーバーヒートしてしまいました。
TOYOTA車とは言え既に20万キロ走り日本だと即廃車でしょうがどっこい欧州では動くまでは現役です。水漏れ防止剤を入れてもう少し働いて貰う様にします。せめて秋、スペ インにたどり着く迄はと希望を込めて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110517
今日はシャンソン小劇場のジョゼさんとカトリーヌさんが個展会場にいらっしゃいました。ワインをお土産に頂きありがとうございました。

CDを聴いて頂きピアニストの赤松真理さんの事をお話し、今度フランスに来られた際にお会いして頂ける様にお願い致しました。画家の交流だけではなくて音楽家の交流も始まります。

来月はパリ・マドレーヌ教会での展覧会も企画されて居ます。パリに行く機会が増えそうです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110416
のんびりチャリティー作品を描いていのですがこの土曜日から二週間私の展覧会とは別にチャリティー展覧会を企画して頂いて居ました。チャリティー展覧会にはフランスの画家も多数参加して下さいます。
明日から全力疾走が続きます。
明日は作品の準備、土曜日はベルニサージュです。何とフランソワーズさんはフランソワーズさんの個展も含め五ヶ所の展覧会を同時に企画し
ていたのです。驚く行動力です。
私が提案したのは私の展覧会をチャリティーにして下さいとお願いしたのですが。
シャトーボガールでの国際的な肖像画展覧会も含めてです。
道理で毎日深夜までバソコンに向かって仕事をしている訳です。
幸い私の作品は数百点有りますから何回展覧会を開こうが問題はありせん。

フランソワーズさんの個展以外の展覧会には一点は展示していてベルニサージュにも参加しています。

では頑張ります。=

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110406
先日フランソワーズさんが主宰するアートテクトにロシア人アーティストからの売り込みが有りました。インターネットによるものでした。そうです、あの手の絵です。しかし自分の作品に比べれば遥に高いテクニックを持っています。彼女は躊躇いも無くだめ押しをしました。
ま、私のコレクションした本の挿し絵でさえ現代画家がとてもなしえない境地の世界に有ると思います。とんでもない世界に足を踏み入れたと感じています。

多分、小島善太郎先生も一度はそう感じたと思います。況してやあの挿し絵画家が活躍してた時代ですから尚の事でしょうね。
知れば知る程、人間の能力の高さを感じます。
日本人画家も技術的には高いと評価しつつ、芸術性が無いと厳しい答えが帰って来ました。

正に自分が置かれているこの土俵がとんでもない世界に居ることを感じました。

やはり絵は難しい!

改めて震えを感じる程大変な世界で仕事をしていると感じます。
ヨーロッパ放浪生活5年目、60歳で路頭に迷う心境です。
視力や気力が衰え始め、為るようにしか為らないのかも知れません。

実は今までは何でも出来そうな自惚れや自信が在りました。
ま、幻だった気がします。

御託を並べる暇が有ったら描け!
負けずに描け!此しか無いのかも知れません!

ある意味で技術力が無いから幸いしているのかも知れません。感性を研くしか方法は無いと思って居ます。

今、セーヌ川やロワール川に飛び込んでも笑われるだけですから戦いを続けます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「シャトーボガールの鶏」
私がお世話になって居るフランソワーズさんはパリのラジオ局で美術番組を担当しています。今日はその放送日だと言う事でパリにご一緒しました。放送時間や用事をしている間にパリの街を散策しました。
街の樹々は新芽を吹き出し花も花壇を彩り本当に美しい光景でした。カメラは持参していたのですがスケッチの道具箱は持って来ませんでした。
この美しい風景を描き留める事ができず本当に残念でした。グランドパレスの公園やセーヌ河畔で春を楽しみました。新芽の緑に黄色や紫、ピンクの花が本当に美しく映えていました。

絵はシャトーボガールで描いた鶏の作品です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・ロワールの花の絵1
ロワールは本当に温かい日々が続き仕事も進んで居ます。
美味しいフランスパンをリュクサックに入れてシャトーボガールの庭園を廻って居ます。桜や木蓮、水仙にパンジーと春爛漫の様相です。木々も新芽が芽吹き出し化粧を始めました。

ロンドンの二上さんに電話した処、放射能検知器が売り切れたと言って居ました。フランスでも3000ユーロする放射能検知器が売り切れたそうです。多くは日本に送るとか?

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・ロワールの桜2
フランス ロワール地方に居ます。
温かい日々が続き桜や桃の花が咲き誇って居ます。
大好きな桜の花を描きました。
一足先に桜の絵を送ります。
蜜蜂は勿論、今日は蝶々が飛んで居ました。

テレビの映像を見て何度、涙を流せば済むのか。目を覆いたく為る光景が続き何か行動をとフランスでの個展をチャリティー展にします。またフランソワーズさん会長のアートテクトの企画展覧会にもチャリティーボックスを設置して頂く事になりました。

東北各地はヨーロッパ放浪の前に何度となく訪れた日本で最も美しい海岸線の一つです。
何枚も何枚も描いた風景です。
無惨な映像は今でも信じられません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記写真110210
約11時間のバスの旅で四国高松に帰りました。未だ歯医者さんや日本
医科大学永山病院の検診が残って居ますがフランスから出品して頂いた
作品を送り返したりする用事が有る為に帰って来ました。
水彩画を永年描いて来ましたが青年時代には油絵も描いて居ました。
母が亡くなり部屋を整理してたら22才の時に描いた作品が出て来ました。写真の作品がそうです。

修行時代に奈良、壺坂寺で宿坊に泊めて頂いて壺坂寺の奥の院に有る石仏五百羅漢を制作しました。その作品です。
毎日早朝、修行僧と朝の勤行を行い宿坊で作って下さったお弁当を持ち深山に籠り何枚も描いた内の一枚です。無心に画面に向かい描いた事を昨日の様に思い出します。

今度の訪欧は放浪の旅では無くロワール世界遺産群のシャトーボガールに滞在して制作します。数年前に新たに買い求めた油絵の具も持参し制作します。
勿論水彩画を主体に制作しますが油絵でも感じた美しさを表現出来ればと思って居ます。

大作の水彩画や依頼された植物の作品は勿論ですが油絵も再挑戦します。

1月末には渋谷のNHK放送センターにお伺いし後藤アナウンサー、大輪アナウンサー、チーフプロデューサー等地球ラジオの関係者に挨拶をして来ました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・高取城跡
先日、奈良県高取町にある壺坂寺に伺いました。
壺坂寺は私が20代に数ヶ月境内の奥の院にある石仏を描く為に宿坊に泊めて頂いた所縁があるお寺でも有ります。
その当時からの友人高橋さんと昔話をしながら夕食を頂きました。境内も大きく変わりましたが本堂の静けさはそのままでした。
水彩画家・長尾周二・旅行記写真101119
その壺坂寺の山沿いに有るのが高取城跡です。
故植村鷹千代先生の居城でも有ります。
未だ植村先生にお会いする前に城跡や猿石がある城下を散策し絵を描いたものでした。植村鷹千代先生が亡くなる前に先生から依頼された書籍を武蔵野美術大学に寄贈、植村文庫を開設したのもつい先日の様に思い出しながら城跡に立ちました。

赤い紅葉が天守閣跡に艶やかに色付いて居ました。

ーお知らせー
フランスでの活動の成果として下記の期間・会場で日仏秀作美術展覧会が開催されることになりました。
入場は無料です。お気軽にご来場ください。

★2010年12月7日~12月13日京都法然院
(京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地・電話075-771-2420)
http://www.honen-in.jp/

↑このページのトップヘ