水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

town-clinic.com編集者の取材

ブログネタ
貴方が行った美術館・博物館 に参加中!
ブログを管理しているタウンクリニックドットコム運営者からのお知らせです。

たましんギャラリー開廊40周年記念・多摩の作家展において、当美術館に収蔵されている長尾氏の油彩作品「伊豆最南端」が展示されています。
この展覧会はたましんギャラリー開廊40周年を記念し、たましんコレクションのなかから、多摩の作家作品を5会期に分け、約200点の絵画、彫刻を展示しています。

会期(第3期の分):2014年 7月29日(火)~ 8月31日(日)

★美術館オフィシャルホームページ
企画展の案内ページ

場所はJR中央線国立駅南口にある多摩信用金庫の6Fで、入場料は100円です。
ぜひご覧になっていただければと思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

タウンクリニックドットコム運営者で水彩画家・長尾周二氏のホームページおよび当ブログを管理している千田と申します。

このたび長尾氏が出品している「ロワールの会」の展覧会が開催されました。

早速開催初日の1月23日に、会場の東京都立川市たましんギャラリー(多摩信用金庫本店9F)にうかがいました。

『ロワールの会』とは
フランス在住で世界中で活動中の長尾周二氏と創作活動などで友好関係のあるメンバー(荒井弘子氏、平沼邦子氏、川上比佐子氏)との4人の合同展覧会です。

『ロワールの会』発足の経緯
長尾氏はARTEC(欧州造形美術振興協会)の会員として昨年だけでも
イタリア・グッビオ、ポルトガル・ポルト、スペイン・マドリード、フランス・パリ、フランス・ロワールなどに作品を出品しています。
また彼はARTEC会長とともにベルギーでの美術館交渉、他の会員の展覧会開催などのための活動も行っています。
その一環で前述の日本人の画家の方々の個展をロワール地方で企画応援したご縁で友好関係が深まり、ロワールの会が発足しました。

下記に一部作品の写真を掲載しました。
長尾氏はフランスで国際作家として活躍していますが日本での発表は久し振りとの事です。ブログの写真で見る作品とは全く違う空気感があり、迫力もありました。

もちろん荒井氏、平沼氏、川上氏の作品もそれぞれ特色があり、実物は大変迫力がありました。

是非とも展覧会をご覧下さい。


展覧会概要
2014年1月23日~2月4日(会期中は無休です)
時間:10時~17時
入場無料
・たましんギャラリー(
ホームページ)
JR中央線立川駅・多摩モノレール立川北駅より徒歩5分
〒190-8681
東京都立川市曙町2-8-28
多摩信用金庫本店9階
TEL:042-526-7717


展覧会の様子
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー141
会場の様子
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー142
左から平沼氏、長尾氏、荒井氏
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー144
長尾周二氏

作品を一部ご紹介します。
下記は展示されいている作品のほんの一部です。
※各作家の方より許可をいただいて掲載しております。
長尾周二氏(全12作品出展)
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー144

ロワールの会展覧会・たましんギャラリー145

ロワールの会展覧会・たましんギャラリー147

ロワールの会展覧会・たましんギャラリー148
荒井弘子氏(全9作品出展)
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー149

ロワールの会展覧会・たましんギャラリー1412

平沼邦子氏(全7作品出展)
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー148

ロワールの会展覧会・たましんギャラリー149

川上比佐子氏(全8作品出展)
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー1410


ロワールの会展覧会・たましんギャラリー1414

ARTEC(欧州美術造形振興協会)会長の推薦文
(原文フランス語・敬称略)

「長尾周二の活動はロワールでシュベルニー、ボガールの城の両方で非常に大規模な個展をフランスで成功させている事に示される。その都度、マスコミの栄誉を獲得し、素晴らしい質の作品を制作している。

長尾周二に続いて、他にも才能あるアーティストがARTECに参加している。


特に注目すべきは平沼邦子、その作品は抽象的で材料すべてが魅力的で流れがあり、フランスのテイストに共鳴するなにかを持ち合わせている。


荒井弘子の才能は肖像画の国際展示会でグランプリ審査員賞を受賞によって示されている。作品は日本で起きた悲劇的な津波と福島を思い起こさせる、暗さと強さのある表現主義作品である。

川上比佐子の才能は彼女の、伝統的な画の手法による、日本の建造物や風景を表現するシリーズで発見することができる。

彼らは、素晴らしい日本代表作家として、フランスARTECのエキジビションにて称賛された作家達である。」

フランソワーズ イカール(ARTEC会長)

今後の長尾氏、およびロワールの会の活動予定、スケジュール
・ロワールの会
2015年1月~2月(予定)
今回同様たましんギャラリーにて展覧会(企画展)を予定(期間は約1ヶ月の予定)
・長尾氏
2014年中(予定)
フランス国内ほかロシア・モスクワの美術館等の海外にて多数の展覧会が予定されています。
2015年1月~2月(予定)
香川県高松市・歯ART美術館 にて長尾周二作品ほかARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会(企画展)
※琴平電鉄八栗駅または志度I.Cより車・有料(予定)


ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二氏写真111105
当ブログを日本で管理しております、
地域情報サイト・タウンクリニックドットコム本部です。
ヨーロッパから一時的に帰国された長尾先生と先週の土曜日に武蔵小金井でお会いしました。

昨年までは帰国されると、京都・法然院や長野県のギャラリーたかはしさんなど国内の各所で個展や展覧会を行っていましたが、今年は現在のところは開催はされない予定だということです。

というのも今年は活動地のフランスなどで春の震災チャリティーの展覧会を皮切りに、多数の個展や展覧会を行なってきて、来春以降もフランスなど海外での活動や個展、展覧会開催に専念されるからだということだそうです。

特に今年はアフリカのセネガル国より招待されたダカール展に
ARTEC(欧州美術連合・会長:フランソワーズ・イカール氏)の一員として出展されたそうです。
またフランス・ブラッシュ市では名誉市民として市長からメダルを授与されたということで、ここ数年に及ぶ芸術活動がだんだんと実績として高く評価されつつあるとのことです。

来年はさらなる飛躍を目指すそうです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
サイト運営者からのご連絡です。

2011年4月16日よりフランス・ブラッシュ市で開催の東日本大震災チャリティー展覧会(下記)は在仏日本国大使館ホームページ(仏語版)催時案内に掲載されました。
http://www.fr.emb-japan.go.jp/culture/calendrier/autres_regions.html

またフランス・ブラッシュ市VIEILLE HALLEのホームページにも掲載さ
れました。
http://les-amis-de-la-vieille-halle.over-blog.com/

(上記リンクは期間が過ぎますとリンク切れになるケースもありますのでご承知おきください)

↑このページのトップヘ