水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

個展・展覧会情報

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1207231
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1207232
日本からの来られた画家3人とその友人、FMラジオ放送局のスタッフマダムの家族含めて11人でディナーパーティを開きました。日本人による日本食を作って皆様に御馳走致しました。
メニューはカレーライスと醤油味の焼肉、親子丼を用意致しました。日本食の評判は上々で全て完食して頂きました。
又、ブラッシュ市の展覧会案内をパリのラジオ放送局やブロァの放送局で報道して頂きました。ありがとうございました。

日曜日は蚤の市が近くの村で開催されました。
勿論、早朝6時から車を飛ばして途中朝日を見ながら会場に向かいました。
掘り出し物は早く行かないと売れて手に入りません。と言う訳で明るく為ったら直ぐ向かいます。
今回は18世紀製作の額縁を手に入れました。
状態は大変良い品物です。

フランスの凄さは数100人しか住んでいない田舎の村のバーコントでこんなに素晴らしい額縁が一般家庭から出てくる事に有ります。世界中からアーティストが集まり競うからこそだと思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真120716
ブラッシュ市のギャラリーでアートテクトのメンバー9人による展覧会が開催中です。
この建物はフランスの重要文化財建造物に指定されている築500年の木造建造物です。
一階はオープンスペースで市場として使われて居ます。今でも朝市やアンティーク市等で使われて居ます。その一階でイベントが有りました。

終わった後に展覧会をご覧にいらっしゃいました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・展覧会写真1204281
先ずテレビ収録が有りました。
フランス3チヤンネルです。
主要アーティストの作品を撮影すると同時に作家インタビューが有りました。
2人インタビューを受けたのですが私も英語でのインタビューを受けました。
私の片言の英語が通じている事に自分でも笑ってしまいます。

内容は自画像を描いた経緯やシャトーボガールとの関係そして昨年の東日本大震災でのチャリティー展覧会のお礼を話させて頂きました。
水彩画家・長尾周二・展覧会写真1204282
水彩画家・長尾周二・展覧会写真1204283
午後6時半からレセプションパーティー、ディナー、そしてジョゼさん達のシャンソン&手品ショーと続きます。
レセプションパーティーには90人位の参加者と新聞社2社の取材が有りました。そのレセプションパーティーの席でサロンインターナショナルポートレイト展での優秀作品作家4名の表彰状授与が有りました。
その一人に日本から出品されている荒井弘子さんが選ばれました。

おめでとうございます。
表彰状は代理で中台まほさんが受け取りました。

そしてディナーです。
料理は向井円さんが作った日本食を中心にしたメニューで頂きました。
中には100キロ離れた場所からこの食事を楽しみにいらっしゃった方も居ました。
プレスの方も試食しましたが大変美味しいと話して居ました。
ディナー会場は別のホールで行われましたがその会場に私の花の作品による個展を1日だけさせて頂きました。
大変好評でシャトーボガールの城主家族からもお誉めの言葉を頂きました。

その後はジョゼさん達のシャンソン&手品のショー、マダム フランソワーズさん創作の詩の朗読と長い1日を楽しみながら過ごさせて頂きました。

勿論ベッドに入ったのは次の日の二時でした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真120421
4月20日から5月8日迄シャトーボガールでのサロン インターナショナル ポートレイト展が始まりました。数日準備で来て居ましたがシャトーボガールの城主やスタッフの皆さんに一年ぶりに再会しました。シャトーの庭も写真の様に八重桜が満開で迎えてくれました。

展覧会にはスペインの友人槙さんフランス在住の中台まほさん日本から荒井さん川上さん平沼さんと私を含め6人の日本人作家の出品と為りました。スペイン、イタリア、ロシア、ブラジル、中国等世界中から作品が来て居ます。

シャトーの庭には藤の花が咲き始め牡丹の蕾ももうすぐ開くでしょうね。
広い庭を一回りして花を描く心の準備をしました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・マドリッド展覧会写真1
水彩画家・長尾周二・マドリッド展覧会写真2
水彩画家・長尾周二・マドリッド展覧会写真3
展覧会に私も二点出品しています。友人のスペイン在住槇さんも出品しています。

と言う訳でスペイン・アラファドでマダム・フランソワーズさんと落ち合い展覧会セレモニーに参加しました。
飾り付けが終わり夜はオープニングセレモニー&パーティでした。
写真はその時の様子です。

地中海に面したバレンシア地方ベニドームから車で約500キロ、収穫の終わった赤い大地を走りマドリッドに着きました。
起伏の有る岩山を抜けると地平線迄赤い大地が続きます。時折イスラム建築の塔がある集落や城跡が見えます。
私の楽しみは車窓の風景です。
今度は此処の風景画を描こうとかイメージが膨らんでより楽しく為ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1109131
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1109132
フランスでも招待作家としてモリノフ庁舎ホールでの展示と為りました。モリノフのアートフェスティバル展示会場は8会場有ります。
ロワール地方では知名度も高くテレビ放送も入ったそうです。
作家はフランス国内は勿論海外作家も参加しているインターナショナルなイベントでした。

会場はチャペルやホテル、村のイベントホール等で写真家、彫刻家、画家と参加者も多岐に渡って居ます。各々その道のスペシャリストで村の文化祭的な作品は無く見応えのある作家が揃って居ました。

会場では「シャトーボガールの企画展覧会で見ましたよ」とか、
「ブラッシュ市の企画展覧会を見ました」と声を掛けて頂いたり、
「おめでとうごさいます、とても素晴らしい作品です」
とお誉めの言葉を沢山の人々から頂きました。

プレスの取材や写真撮影も二件有りました。

作品を購入して頂いたり東日本大震災のチャリティーボックスに寄付をして頂いたりで皆様の温かい気持ちを多数頂きました。

本当にありがとうございます。

来週の土日も続きます。

写真はベルニサージュ風景です村の人々が全員集まったのかと思う位の人数でした。200人位はいらっしゃったと思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1109101
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1109102
モリノフの展覧会準備をして来ました。
庁舎ホールと言ってもさほど大きな部屋ではなくてこじんまりした部屋です。
それでも作品を展示しているとウキウキしてきます。

新しい出会いと作品を見て頂ける機会を与えて下さった事に感謝です。
勿論東日本大震災のチャリティーも続けます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・展覧会写真1108141

水彩画家・長尾周二・展覧会写真1108142
アートテクト展がCHOUZYで13日ー28日迄開催されています。

日本から5月に個展で来仏した荒井弘子さんの作品四点も出品されています。作品を見た来場者はツナミのイメージで描いたのかととても強いインパクトが有った様子でした。

出品作品はインターナショナルでスペイン、アフリカ、日本、ルクセンブルク等多彩でした。

私も新作を含め四点出品させて頂きました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
美しいモニュメントや整然と造られた街並みは世界の人々を魅了します。
そんな街でも色々な人々が戦いながら生きて居ます。メトロに乗るとトランペットやアコーディオン、バイオリンにギターと演奏している姿が見られます。
旅行者にとって心地好い音楽演奏も時には騒音にしか聞こえない場合が有ります。早朝から深夜迄並大抵では出来ないと感心させられます。

マドレーヌ教会の入口には何時も物請いが居ます。
其処にも縄張りが有るようで時間によって三人でローティションを組んで居るようです。二人の老婆と一人の老人です。
少々の雨が降ろうが明け渡す気は更々無い様子です。毎日顔を会わして居ると彼女からも挨拶する様に為りました。

そう言う訳ですから泥棒も稼業として成り立って居ます。
旅で訪れたパリの街にも色々な人々が戦いながら生活して居ます。人種も育ちも考え方や思想も違う人々です。

パリの高級ブランドショップでは価格表示が無く価格を尋ねないのがマナーとされる店が在る半面1ユーロを生活の糧にしている人も居ます。

私も1ユーロを生活の糧にしている人の一人ですが、経済と言う魔物に呑まれたら最期何も見えない世界に入って終うのかも知れません。

限られた時間と生活スペースで有る地球の事も忘れないで下さいね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真110616
13日14日と搬入や準備で忙しくして居ました。
今日15日から29日迄パリのマドレーヌ教会で展覧会が開催されて居ます。
会場は丁度教会の入口辺りの地下です。昨日も準備中に係わらず何人もの人々が入って来ました。

写真は展覧会案内板正面入口です。

あっ!車は動かなくなり廃車が決定的です。
慎重に行動していても此ばかりは仕方有りませんね。

↑このページのトップヘ