水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

個展・展覧会情報

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1109101
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1109102
モリノフの展覧会準備をして来ました。
庁舎ホールと言ってもさほど大きな部屋ではなくてこじんまりした部屋です。
それでも作品を展示しているとウキウキしてきます。

新しい出会いと作品を見て頂ける機会を与えて下さった事に感謝です。
勿論東日本大震災のチャリティーも続けます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・展覧会写真1108141

水彩画家・長尾周二・展覧会写真1108142
アートテクト展がCHOUZYで13日ー28日迄開催されています。

日本から5月に個展で来仏した荒井弘子さんの作品四点も出品されています。作品を見た来場者はツナミのイメージで描いたのかととても強いインパクトが有った様子でした。

出品作品はインターナショナルでスペイン、アフリカ、日本、ルクセンブルク等多彩でした。

私も新作を含め四点出品させて頂きました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
美しいモニュメントや整然と造られた街並みは世界の人々を魅了します。
そんな街でも色々な人々が戦いながら生きて居ます。メトロに乗るとトランペットやアコーディオン、バイオリンにギターと演奏している姿が見られます。
旅行者にとって心地好い音楽演奏も時には騒音にしか聞こえない場合が有ります。早朝から深夜迄並大抵では出来ないと感心させられます。

マドレーヌ教会の入口には何時も物請いが居ます。
其処にも縄張りが有るようで時間によって三人でローティションを組んで居るようです。二人の老婆と一人の老人です。
少々の雨が降ろうが明け渡す気は更々無い様子です。毎日顔を会わして居ると彼女からも挨拶する様に為りました。

そう言う訳ですから泥棒も稼業として成り立って居ます。
旅で訪れたパリの街にも色々な人々が戦いながら生活して居ます。人種も育ちも考え方や思想も違う人々です。

パリの高級ブランドショップでは価格表示が無く価格を尋ねないのがマナーとされる店が在る半面1ユーロを生活の糧にしている人も居ます。

私も1ユーロを生活の糧にしている人の一人ですが、経済と言う魔物に呑まれたら最期何も見えない世界に入って終うのかも知れません。

限られた時間と生活スペースで有る地球の事も忘れないで下さいね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真110616
13日14日と搬入や準備で忙しくして居ました。
今日15日から29日迄パリのマドレーヌ教会で展覧会が開催されて居ます。
会場は丁度教会の入口辺りの地下です。昨日も準備中に係わらず何人もの人々が入って来ました。

写真は展覧会案内板正面入口です。

あっ!車は動かなくなり廃車が決定的です。
慎重に行動していても此ばかりは仕方有りませんね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・パリ・マドレーヌ教会写真
6月15日から6月28日迄Parisマドレーヌ教会で展覧会が有ります。
先日マダム・フランソワーズさん日本から来られて居た赤木さんと一緒にParisを巡りました。勿論オペラ座やエッフェル塔、ルーブル美術館と見学したのですが展覧会会場でもあるマドレーヌ教会も見てきました。
会場はマドレーヌ教会の地下に有ります。昨年度に続いて二度目の展示です。

ルーブル美術館は久しぶりでした。
展示場所が全く変わっていてまるで新しい美術館に来たようでした。この美術館も学芸員が作品に精通して無いようで教会に飾ってたで有ろう大作がとても低い位置に展示して居たり、アングルの作品等わざとらしく同じ部屋に展示せず何の為なのか
理解出来ない展示方法が見られました。

現代はアーティスト同様作品の展示方法すら分からない人が美術館を管理している様です。アングルの作品の間に他の画家の作品を列べて何か意味でも有るのでしょうか。他にも理解出来ない展示が多々見られました。

マダム・フランソワーズさんも同様な意見を述べて居ました。

写真はマドレーヌ教会です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
パリ・オペラ座近くのマドレーヌ教会での展覧会日程です。
6月15日から28日です。
午前10時から午後6時迄オープンしています。

パリに来られたら是非お立ち寄り下さい。
昨年秋に続き二度目のパリです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・新聞記事写真110514
内容は日本人三人のそれぞれ違った作品を展示しています。シュウジはフランスをこよなく愛していてその気持ちが良く出ている作品です。大変素晴らしい作品で日本の風景と共に約50点展示しています。

ロワールのパン屋さんが店先で簡単な内容翻訳をして頂きました。三人の名前は日本の新聞と違ってきちんと掲載されて居ます。

この個展でもブラッシュ市の市長さんが作品を購入して下さいました。有り難い事です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真110508
5月7日ベルニサージュが開催されました。
ブラッシュ市のギャラリーで個展が始まりました。
昨年個展開催の後、来年度は全室自由に使って良いと許可を頂きました。
日本から荒井弘子さんが一室使って頂き、ロワール地方にお住みの中台まほさんも一室使って個展を開催して頂きました。

ベルニサージュには市長始め美術協会会長、フランソワーズ・イカールさんプレスの関係者等50名以上の参加者が有りました。仕出しは向井円さんロワール地方のパン屋さんからも差し入れがあり日本料理と美味しい御菓子で皆様から喜んで頂きました。

市長や美術協会会長の挨拶の中で日本とフランスがリンクする事は大変意義有る事ですと話が有りました。

私からは東日本大震災のチャリティー展覧会のお礼と続いて個展でもチャリティー展覧会を続ける事を報告致しました。そしてフランス・ブラッシュ市の皆様の温かいご支援に心より御礼申し上げました。
写真は挨拶の後歓談中写真です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真110429
ロワール世界遺産群のシャトーボガールで肖像画展が始まりました。
友人のスペイン・バレンシア地方在住の槇隆夫さんが1500キロを車で駆け付けて頂きした。ポートレイト画家のスペシャリストで過去に20000人以上描いて居ます。
作品の展示は勿論、会場でデモストレーションをして頂いて居ます。又彼は肖像画とは別にクラシックカーも描いて居ます。ロワール地方の市立自動車博物館での個展の話も進んで居ます。
人との出会いが広がり繋がり形に為って来ています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周・旅行記写真1104251
水彩画家・長尾周・旅行記写真1104252
Salon du Portrait展がシャトーボガールで始まりました。
会期は4月23日から5月8日迄です。

昨年私がシャトーボガールのオーナ・マダム・ナタリー さんと出合いマダム・フランソワーズさんを紹介した事からこの展覧会が企画されました。
初日には文化庁のビソンさんブロァー市セレイト市の市長始め200人以上の参加者の中セレモニーが行われました。
日本やイタリア、スペイン、アフリカ等色々な国からのアーティストによる肖像画展が開催されました。
勿論私も作品を出品しています。

友人のスペイン在住ポートレイト画家の槇さんも1500キロ以上車を走らせ駆け付けて頂きました。会場でデモンストレーターをして頂きました。
夜、9時からシャトーの会場でシャンソンを聞きながらのディナーを頂きました。
ディナーは向井円さんが仕出しの日本食を作って下さいました。
シャンソンは勿論ジョゼさんとクリステーヌさんです。歌の間にマジックショーが有ったのですが着物姿の私を舞台に上げ日本のマジシャンとかでお手伝いをしました。此れから数日はチャリティー展覧会と掛け持ち展覧会と為りました。

上の写真は文化庁のビソンさんシャトーボガールのオーナによる挨拶風景です。

下の写真はシャトーボガールの庭園内で子供の絵を描くイベント風景です。

↑このページのトップヘ