水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

個展・展覧会情報

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記100728
7月27日から8月19日迄の会期でシャトーボガールにて開催されます。今日はオープニングパーティーを開催して頂き多数の出席者の中で盛大に行われました。
ロンドンからは二上公臣〔マサオミ〕さんがバイオリン演奏の為に駆け付けて頂きました。即興で弾いたりリクエストで弾いたりとプロフェッショナル顔負けの実力で喝采を浴びて居ました。

パーティーの料理は向井円さんが作って下さいました。巻き寿司を中心にした日本料理は皆さんから大変評判が良く大勢の人達と名刺の交換をしていました。

取材に来て居た新聞記者も美味しいと絶賛して居ました。又、私の取材写真とは別に好きな絵の写真を撮って行かれました。取材写真も好きな絵の前の写真二ヶ所で撮りました。作品を高く評価して頂き大変嬉しく思います。

日本人同士の出会いやこのパーティーでフランス人との出会いが新たな芸術活動に繋がりそうです。夏のバカンス中の展覧会、大勢の人々との出会いが有ると思います。その事も大変楽しみにしています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真100727
昨日のディナーはフランソワーズさんの家族、バイオリンを演奏して頂ける二上公臣〔マサオミ〕さんとご一緒しました。
家族の為に演奏会をして下さったお礼にマダムフランソワーズさんが素晴らしいプレゼントをして下さいました。

ワインセラーから1975年ボルドーの赤ワインを出して下さいまし た。
そうです、ワイン通なら如何に貴重なワインかお分かり頂けると思います。一本数十万円はする代物です。
私も何回か頂いた事が有りますがボトル一本出して頂いたのは初めての経験です。残りのワインも今日のディナーで戴ける事に為って居ます。

フランス人は日頃からワインには特別にこだわりを持っていてオープニングパーティーに使うワインでも産地を見ながら美味しくて安いワインを選んで頂きました。
又このワインはワインセラーで寝かせると熟成して良いワインになるとケース単位で購入したりしています。チーズ同様そのこだわりには恐れ入りました。
家庭料理とワイン、チーズ、デザート迄こだわった食事に感謝です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真100712
夕方フランソワーズさんと展覧会のベニサージュ〔オープニングパーティー〕に出席、35名位参加していました。

フランソワーズさんが到着してからベニサージュが始まりました。何度か参加していると顔見知りの人が増えてお会いするのが楽しみになってきます。

夜は以前にもご一緒させて頂いたジョゼさんが主宰する音楽会に招待して頂きました。
着いた時には始まっていてジョゼさんが日本のアーティスト、シュウジが来ましたとマイクで応えて下さりました。
今回もシャンソンが中心で5人のアーティストが出演していました。会場はジョゼさんのご自宅を使ったホールではなくて今回は庭に作られた野外ステージでのコンサートでした。

フランスはこうした活動が色々な分野においても盛んで感心させられます。観客は120人位でした。始まったのが午後9時で、12時に終りますがその後シャンパンを開けてパーティーです。
会場を後にして館に着いたのは午前2時近くでした。

生演奏で身近にシャンソンが聞けて友人が増えていく訳ですからとても幸せです。
皆さん夜は心行く迄楽しんでいらっしゃいます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
シュロスミツコ美術館の風景です
シュロスミツコ美術館の写真1
シュロスミツコ美術館の写真2

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・シャトーボガール展覧会写真1
水彩画家・長尾周二・シャトーボガール展覧会写真2
フランス、ロワール地方に快適なシーズンがやって来ました。晴天で暑くもなく爽やかな心地好い風が吹いていました。個展会場にも日曜日、今日1日で122名来場者が有りました。〔開場は午後2時から6時迄〕有難い事に大変好評でマニアックとかトレビアンとお褒めの言葉を頂いて居ます。

又五月の展覧会はポスターを作らない予定でしたがシャトーボガールのマダムがポスターを作って頂きました。写真がそのポスターです。渡した資料で作って頂きました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二ショーボガールの個展の写真4
晴天でとても心地良い風が吹いて居ます。芝生と森の緑がとても素敵な季節になりました。薔薇の花も咲き始め過ごしやすい日々が続いて居ます。
写真は展覧会を開催している建物からシャトーを見た風景です。

昨日オープンして御覧頂いた人達はアートに煩い人が多いと感じました。
作品解説迄して頂いたり好きな作品はコレとコレだとか教えて頂いたりで日頃からアートの好きなヨーロッパ人らしいですね。
語学力が殆ど有りませんが何を伝えたいかは大体分かります。

語学が出来るともっとコミュニケーションが楽だと痛感しています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二シャトーボガールの個展写真1
水彩画家・長尾周二シャトーボガールの個展写真2
水彩画家・長尾周二シャトーボガールの個展写真3
今日会場に搬入展示しました。夢のような会場での展覧会です。会場に作品を搬入した時の印象は、こんな素晴らしい場所に作品が負けてしまうのではないかと気後れしました。
10メートルは有ろうかと思う天井まで真っ白な壁。窓にはビロードのカーテン、シャンデリア大きな暖炉、天井の梁でさえ存在感が有ります。
壁に掛けると以前から此処に有ったかのように輝き出してホッとしました。此れからの作家活動にも大変意義深い展覧会になると思います。

朝から八時間かけて展示しましたが作品の配置をしながら感じた事は石造りの存在感と時を経た木の強さ、高い天井と白い大きな壁、全てが強烈に威圧してきます。会場が作品を選ぶ事も有るのだとブガッシュ市での個展で使用したギャラリー、築500年の木造重要文化財建築でも感じましたが壁や部屋の存在感に作品が負けてしまう場合が有ると気が付きした。それが良い額縁と調和来る作品のみが耐えうる強さだと感じました。

ま、大理石の彫刻が会場に在るのですから想像出来ると思います。美術団体の作家が慌てふためきデカイ作品を用意したり原色の絵の具を塗りたくる気持ちが理解できたと思います。

延べ1ヶ月間の個展で得るものは何物にも代えがたい体験が待って居ると思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記100430
5月30日はパーティーが入って居たために今日で終わりの予定で したがパーティーは壁面を使わないのでそのまま展示していて良いことになり私がロワール地方に帰る迄良いそうです。

しかしサンレミプロバンスのジョンさんがフランソワーズさんに会いたいとの事でどちらにしても長くは出来ませんと伝えました。
ガロさんのご好意に感謝です。

フリーの人々が大勢いらっしゃいますのでとても楽しいギャラリーです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
展覧会の会期は7月25日から8月20日迄です。
その前からシャトー内で制作する許可も頂きました。特に会期中はシャトーに滞在していますので日本から来られたら是非声を掛けて下さい。

このシャトーに付いて少し説明します。世界遺産のロワール川シャトー群の一つでブロァの街から南に約9キロの所に有ります。40エーカーの敷地内には森と庭園、二つの池が有り散策するだけでも一汗流す広さです。

特に際立って居るのはフランス国が出来た当時の重要人物の肖像画が60余点有る事です。フランシス一世始めジャンヌダルクの肖像画まで有るのには大変驚きました。多くのシャトーは家具調度品がフランス革命時に紛失したのですが個人所有の為その当時のまま残されていて必見の価値が有ります。

今日はシャトーボルガールの庭を散策してきました。写真がシャトーボルガールでその奥が展覧会会場の建物です。展覧会会場も宮殿の様な雰囲気が有るとても広くて素晴らしい会場です。

後日こずえ&ディディエさん等からお聞きした所、ブガッシュウ市から頂いたメダルは大変名誉有るとの事で名誉市民に相当するのだそうです。作品展を認めて頂いて大変恐縮しています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記100411
ブガッシュウ市はロワール地方に有り世界遺産のシャトーシャンボールに近い街です。私が個展を開催させて頂いた会場はフランスの重要文化財に指定されている木造建築で約500年前に建てられた建物です。
そして今日は市庁舎に招待されてセレモニーが有りました。美術関係者や市の関係者プレスを招いて市庁舎で行われました。

私が北海道利尻島で描いた礼文島を望む作品をブガッシュウ市に寄贈しました。お礼に市のマーク入りのネクタイとメダルを授与して頂きました。又来年6月約1ヶ月間個展を開催して頂ける事を約束して頂きました。

私はフランス語でのお礼の挨拶をさせて頂きました。

その後中庭でレセプションがあり恒例のワインとシャンパンで乾杯をしました。

↑このページのトップヘ