水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」:群馬県安中市の旧松井田西中学校
【後援:外務省、安中市】

※展覧会期間中は新型コロナ緊急事態宣言のため展示内容をネットなどでも配信しましたが、展覧会後は長尾周二作:「渓流」(参考:写真は5月25日付記事に掲載)他、一部の作品を入れ替えて常設展示中です。旧松井田西中学校は水道設備があります。またアルコール消毒液を設置しております。化粧室は簡易の物2基、および近隣に公衆設備があるのみです。ご承知おきください。(不定期休)


・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展Part2「アートの散歩道・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館
【後援:外務省、愛媛県、松山市、フランス大使館、NHK松山拠点放送局、南海放送、テレビ愛媛、愛媛新聞、FM愛媛、愛媛日仏文化交流会】

当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては出来得る限り現行の国内外の法制や社会規範等を遵守しておりますが、お気付きの点等がございましたらコメント等を通じて、直接長尾氏本人にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。
(サイト管理者より)

個展・展覧会情報

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展c1
先ず日本画家の柳楽晃里さんの作品です。藤の花を描いて居ます。 (上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展c2
バイクが描かれて居るのはフランスを代表する現代美術の巨匠・ベルナール ロルジュの作品です。
明るい色彩の作家はphilippe BRISSONさんです。(上の写真・右)

大西・アオイ記念館・日仏国際交流展c3
円形の作品はroly STECKさんです。(上の写真・左)
真ん中の作品はmagali LEONARDさんです。
ニケと円盤投げのモチーフを描いて居るのはdanielle GACHETさんです。
(上の写真・右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展d1
黒い人物像が描かれて居るのはviviane ortiz MAUSKEさんです。(上の写真・左)
顔を描いて居る2作品はchristine GAUTHERONさんです。
(上の写真・中と右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展d2
キッッキが描かれて居る作家はconstance BERGERさんです。(上の写真・左)
海で泳姿の作品はdanielle BAILLY–SALINSさんです。(上の写真・中)

風景画2点を描いているのはlucien MELOUさんです。
(上の写真・右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展d3
黒で描かれて居るドローイングは醍醐イサムさんです。(上の写真・左)
グレーが基調な作品はverena von LICHTENBERGさんの作品です。
(上の写真・中と右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展E1
青を基調した2点の作品はjean–louis BIGOTさんです。(上の写真・左右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展E2
黒の中に人物像が有る作品は斎藤良さんのリトグラフです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展E3
青の作品は地元香川県の作家モーリエール瞳さんの作品です。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展f1
荒井弘子さんの作品です。心の深層を抉り出す秀作です。 (上の写真・左右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展・作品写真
点描表現の作品はmichel MAURYさんです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展f3
イーゼルに置かれた作品は鯨岡里子さんで5点の連作となっています。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展g1
水口麟太郎さんはグラスファイバーを使ったオブジェを制作、写真に撮った物です。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展g2
青の作品は斎藤良さんの作品です。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展h1
TOSEN IWASAKIさんの作品です。(上の写真)
数字の一から順番に表現した作品で斬新な表現となって居ます。

大西・アオイ記念館・日仏国際交流展I1
黒と赤で表現されて居る作家はanic PICARDさん(上の写真・左)
黒い基調の作品はARTEC会長のフランソワーズ イカールさんのフェイスシリーズの作品です。(中)
黄色が入ったコンポジションの作品はmoller PHILIPPEさんです。
(上の写真・右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展I2
3点続きの作家はcaussin BELLONさんです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展I3
パステル画3点はlaure DEVYさんです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展g3



最後に長尾周二桜の風景画です。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二190422個展・珈笛画廊ほのほ1b
香川県高松市四国新聞社西横に在る画廊ほのほでの個展が始まりました。
丁度日仏国際交流展の会期と重なる様になりました。
水彩画家・長尾周二190422個展・珈笛画廊ほのほ2b
出品作品は20点で落ち着いた雰囲気の中で展示出来て居心地の良い空間に為りました。
早速友人知人が駆けつけて頂き有難い限りです。
水彩画家・長尾周二190422個展・珈笛画廊ほのほ3b
フランスの作家ポールさんもご紹介して此処で企画展をして頂ける様に為りました。
こうしたネットワークが広がり文化活動が少しずつ根付いて本当の国際交流が始まっています。

来月の愛媛県砥部での企画展もそうした一環で形になって嬉しく思って居ます。

明日はポールさんが高松からフライトし帰国ですが、来月直ぐ今度はARTEC(欧州造形美術振興協会)会長のフランソワーズ・イカールさんが松山にいらっしゃいます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
長尾周二・日仏国際交流展4
上の写真は黄色が主な作家は楠本恵子さんです。
長尾周二・日仏国際交流展5
次の写真は左から、人体を表現して居る作家は石尾たか司さん、花を表現して居る作品は藤倉春日さんです。

これ等の作品は銀座ギャラリーGKよりご紹介頂いた作家です。
皆さん表現は違いますが見応えのある作品です。
ご覧に為った方々は高松市では観られない秀作だとお褒めの言葉を頂いています。
こうして現代フランス作家との交流展は見る側にとっても又とないチャンスだと思っています。

他の作家や作品も近日中に紹介させていただきます。

長尾周二・日仏国際交流展6
チャリティーボックス(有志の方々:写真撮影および掲載の許諾済)
また美術館の館長がノートルダム大聖堂の火災に対してお見舞いの言葉を掲示して下さいました。其れをご覧に為ったお客様がチャリティーボックスは無いのかと言われ急いで製作しました。すると早速寄付をして下さって居ます。

3.11東日本大震災の際はフランス国民からチャリティー展覧会に多くの寄付を頂いた経緯が有ります。そうした事も有ってチャリティーボックスの設置となりました。

寄付を頂いた方々その心根に感謝致します。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
長尾周二・日仏国際交流展3
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
朝、大西アオイ記念館に着くと早速前回の個展にいらっしゃった方々が駆けつけて頂きました。
長尾周二・日仏国際交流展1
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
写真は愛媛県松山から宮崎さんご夫婦と砥部の矢野さんの写真です。
展示風景は今後随時載せます。

初日夕方松山にポールさんと行きました。
知人の飯尾さんからホームパーティーに招かれてお伺いしました。
約15人が参加していて大変楽しく過ごさせて頂きました。

その日はポールさん共々泊めて頂いて、今日は今治市から尾道市までのね「しまなみ海道」を走って広島の宮島口ポールさんが宿泊するホテルに送って行きました。
ポールさんはフランス語しか話せないので広島から福岡迄と福岡から高松の切符を買うのをサポートして日本の旅を楽しんで頂ける様にしました。明日からまた展覧会の受付に通います。
水彩画家・長尾周二1904171

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1809253
マドレーヌ寺院展の案内が余り出来なかったのはパソコンをロワールの館に置いて有った為です。

さて今年は入場者も若干少なめで特に観光客がアート作品を買って帰る事が減りました。
ロワールの展覧会でも感じて居ましたがPARIS展でも同様の傾向です。
それでも着物や帯等のお土産と山本壮太郎さんの作品が売れました。
水彩画家・長尾周二1809254
コレクションして下さる事が作家に取って最も嬉しい事でも有りますが芸術が少し庶民から離れつつ有るのではないかと思います。そうした中でもフランスの方は好きな作品をコレクションして下さる事が文化として根着いて居ると感じます。
水彩画家・長尾周二1809172
水彩画家・長尾周二1809251
水彩画家・長尾周二1809252
兎にも角にも好評の内に終わりました。
ロワールでも有りましたが二度来場された方も何人かいらっしゃいました。
熱心に作家手作りのカタログをご覧に為って居る姿を拝見しました。
今回は日本人観光客が多かった様に思います。
ジャポニスム2018公式ロゴマークを見ての入場だと思います。
そうした中でも何人かご縁で友人知人になる方もいらっしゃいました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1809171
早朝、シャルルドゴール空港に迎えに行ったら車の前輪がパンクアクシデントのスタートでした。
16日が搬入日でしたが着いた日にそのままマドレーヌ寺院に向かい鍵を預かり搬入をしました。
木曜日皇太子殿下にお目にかかる機会が有った16日はParisに車が進入出来ないと道路案内板に表示されて居ました。
ですから土曜日に搬入を済ませて飾り付けも略終わりました。
実質16日が初日に為りました。
初日の来場者は65人とまずまずでした。
今年は工事の関係で正面玄関に花壇が設置されて居ません入場者が減ると思って居ます。
出来ることは全てしました。
日本文化会館に置かせて頂いた案内状を持参する来場者もいらっしゃいました。
わざわざロワールからおいでになる方も数人いらっしゃいました。
早速、山本壮太郎さんの作品が2点買って頂きました。
パテシエの千葉さんが初日にケーキの差入れを持参して頂きました。
作品のレベルアップをされましたねとお褒めの言葉を頂きました。
やはりビジターは良くご覧になっていると思い知らされました。コツコツと前進する事の大切さを心より痛感しました。
水彩画家・長尾周二1809178
当団体理事・荒井弘子の作品(写真上)
水彩画家・長尾周二1809174
当団体会員・造形華TAKAO CHIBAの作品1
(写真上)
水彩画家・長尾周二1809176
当団体会員・造形華TAKAO CHIBAの作品2(写真上)水彩画家・長尾周二1809175
水彩画家・長尾周二1809173
水彩画家・長尾周二1809177

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
日曜日は蚤の市が有ります。早朝麟太郎さんと一緒にシャトーシュベルニーの街で行われた蚤の市に行きました。思いの外店が多く楽しめました。彼はガラス製のコレクションをして居ますので香水の瓶を買い求めました。私はコーヒーミールと置き時計を手に入れました。
蚤の市は時にお買い得なグッズが有りますので止められません。手に入れた時計は次の機会に紹介致します。

10時前には展覧会会場に着くと建物の下ではマルシェが出ていて其処で音楽の演奏会が開催されて居ました。その為も有って本当に多数の来場者が有りました。
展覧会出品作品の紹介を続けます。
水彩画家・長尾周二1808271
Keiko Kusumoto (楠本恵子)さんの黄色の色を基調した画面に繊細な線でコンポジションされた作品は見る人に新しいイメージを涌かす作品です。其処に淡い紫色の色が加味された抽象画と為っています。大変難しい挑戦を挑んで居ますので今後の展望が楽しみなアーティストです。
今回の

Morliere Hitomi (モーリエール瞳)さんの作品(8月19日の記事の作品写真)は最初に展覧会案内をした際に写真を掲載した作家です。モダンアートを思考して居る作家で偶然の造形を予想して制作して居ます。彼女の名刺を数十枚お預かりし会場に置いていたのですが置く度に直ぐ無くなりましました。。ノートの説明等で関心を持って頂いた方が多数いらっしゃると言うことだと思います。

水彩画家・長尾周二1808272
Shitoshi Uemori (上森司敏)さんはロワール地方で一緒に制作する友人です。在住作家として活躍している油絵作家です。友情出品して頂きました。暑い真夏や菜の花の季節もイーゼルを並べて製作しています。写真のムーランが有る菜の花畑でもご一緒しました。

他の作家の紹介は世界遺産マドレーヌ寺院KOKORO展の際にできればと存じます。
小さなブラシュー・ビエールホールにこんなにも大勢の人が来て頂いた事に驚きと感謝で一杯です。
何度もこの会場で展覧会をして居ますが今回の入場者数は初めてです。
ありがとうございました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808252
立て続けにフランス国内の新聞2紙に(一社)アートシップインターナショナルの展覧会記事が掲載されました。

8月23日木曜日に掲載されていたのがLa NouvelleRepublique紙です。
続けて8月24日金曜日に掲載されて居たのがRenaissance紙です。
Vieille Halle de Bracieux(ブラシュー・ビエールホール)で開催中の展覧会記事です。

特にルネッサンス紙の記事はRyunohira Kumikoさんの作品(写真下)とMuromachi Katsuyoさんの紹介と作品写真(8月23日付記事参照)が掲載されて居ます。おめでとうございます。
水彩画家・長尾周二1808251
Ryunohira Kumiko (龍ノ平久美子)さんは九州在住作家です。イメージを溜めて丁寧に作品にして居ます。今回フランスの新聞ルネッサンス掲載作品も同様に思いである庭を描いた物です。数有る作品の中から選ばれた事でもその評価が高い事が伺えます。

掲載されて居る方には帰国した際に新聞が届くように手配致します。楽しみにお待ち下さい。
エレキギターを持参して演奏して頂いた宮崎さんも集合写真に掲載されています。

金曜日の時点で入場者数は400人を超えて居ます。
チャペルでの個展に来て頂いた方も何人も来られています。又、2度3度と再度来られている方も何人かいらっしゃいます。
小さな田舎町の展覧会ですが見識の高さを伺い知れます。

今日ブラシュー・ビエールホールの責任者が再度いらっしゃって喜んで居ました。
アーティストも良く来られて自分の好きな作家の作品を丁寧にご覧に為り絶賛されて居ます。
こうした事が有ると疲れも取れます。後半も会場に居なければなりませんがもうひと頑張りです。
次回に残った作家の感想をかきます。

本来こちらで紹介させていただきたいのですが、新聞記事につきましては、複数ありますので、残念ながら国内のみならず国際的な著作権に配慮する関係で今回は掲載は控えさせていただきます。


La Nouvelle Republiqueの記事(La Nouvelle Republique社オフィシャルサイトより)(2018年8月27日現在)
水彩画家・長尾周二1808253

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808231
昨日、午後から気温がどんどん上がりそれには合わせる様に来場者が居なくなりました。今日も朝から南風でとても暑くて会場に居るだけで汗が吹き出しました。それでもなお19名の来場者が有り本当にありがとうございます。
上の写真はブラシュー・ビエールホールの外観風景です。

続けて作家の印象です。
水彩画家・長尾周二1808232
Muromachi katsuyo (ムロマチカツヨ)さんの作品は身近な生活を通して得たイメージを作品にして居るとの事ですが台所で調理した際の野菜等を自分の心の中に消化し組み立てて居ます。そうした作品ですが緑の健康的な画面構成はさすがと言わざるを得ません。今後の作品に注目したい作家です。

水彩画家・長尾周二1808233
kujiraoka eriko (鯨岡恵里子)さんは銅版画家です。オーソドックスにコッコッと積み上げた技とイメージが一体となって画面に引き込まれる秀作と為って居ます。

水彩画家・長尾周二1808234
Nagira kouri (柳樂晃里)さんは日本画の作家です。何度かフランスのビジターにこれはどんな絵の具を使ってるのかと質問が来たりあの透き通った表現は使って居る絵の具の為なのかと話が有りました。フランス人はこうした事も丁寧に鑑賞し質問します。会場に居られたら直接色々な事を得られる事でしょう。

毎日フランソワーズさんの館に帰っては居ません。朝夕の美しい風景堪能する事も忘れては居ません。天の川銀河を見上げ朝日の昇るのを草原の中で体感しそれらを写生して居ます。昨日の夕日はとても綺麗でした。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
17日飾り付けの日に4時頃終わって夕方まで3時間弱開けていて18人お見えになりました。18日、19日と両日とも100人超えで平日の今日も51人来場者が有りました。イギリス人やオランダ人、スイス人等バカンスで訪れる観客で賑わって居ます。

今回から出品作品の作品を掲載します。会期中何度かに分けてエピソードを含めて案内致します。
水彩画家・長尾周二1808211
先ずはSaitou ryou (サイトウ良)さんの作品です。
大変レベルの高い版画だと評判です。私も常日頃から日本人作家のレベルは世界的に見てもエッフェル塔近くの日本文化会館館長杉浦が仰る様に高いと思います。そうした中でも印象に残る作品です。
水彩画家・長尾周二1808212
Isio takashi (石尾たか司)さんの裸婦をモチーフにした作品も斬新な視点で表現されて居てオリジナリティが高く見る人に印象的な作品です。

Yamamoto sotarou (山本荘太郎)さんの作品もARTEC会長フランソワーズさんの尽力でParis個展の際に高い評価を得ています。グラフィックの仕事ですがユーモアセンスたっぷりの作品です。
マドレーヌ寺院KOKORO JAPON展の際に作品写真添付します。
水彩画家・長尾周二1808213
Iwsaki Tosenさんの作品はフランスでも人気で昨年のマドレーヌ寺院展でもアメリカ人のデザイナーが買い求めた事でもお分かり頂けると思います。此処数日間でも観客の方は足を止められ鑑賞して居ます。今後の活躍が楽しみなアーティストです。

水彩画家・長尾周二1808214
この都度Parisの大学を終えて新たなる活動を始めるⅯizuguchi rintaro (水口麟太郎)さんはParisの個展の際に美術雑誌インタビュー記事が掲載された新進気鋭のメンバーです。今後も日仏で活躍するアーティストです。光のオブジェが今回の出品作品です。

↑このページのトップヘ