水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

個展・展覧会情報

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1802121
関係者の尽力で無事展覧会が終わります。連日100人を超える入場者があり好評の内に終わりを迎えることが出来ました。本当にありがとう御座いました。
作品は見て頂いてこそ輝いて来ます。大勢の方が驚きと感動を共有して頂きました。
三階展示室で明治、大正、昭和愛知の洋画家たちの企画展が開催されて居ますがそうした作家達に負けず劣らずと皆さん仰って頂いて居ます、現代作家も捨てたものでは有りません。
水彩画家・長尾周二1802122
私がヨーロッパで見聞したアーティストにも日本作家は十分対抗出来るポテンシャルを持って居るて思います。ある意味では画一的な美術教育や徒弟制度的な縛りが残って居ますがそれでも尚、才能を持ったアーティストが大勢いらっしゃると感じます。日本の美術は基礎教育がしっかりして居る点が特筆されます。その後の方向や自分の進路により変わりますが多くの才能有るアーティストを見出す事が出来ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二18020711
展覧会には連日大勢のギャラリーがいらっしゃって居ます。木曜日には160人以上来場者が有りました。安城市では初めて内容の有る展覧会を拝見させて頂きましたと仰るかたが多数くらっしゃいました。
水彩画家・長尾周二18020710
日本画や書道、油絵、オブジェ、デッサンとバラエティに富んだ内容と作家のレベルが高い事で共感して頂いて居る様です。オランダ人アーティストやフランス人アーティストとの共演も興味深く御覧頂いて居ます。
水彩画家・長尾周二1802101
ミッシェルさんと伊勢神宮参拝して来ました。次の日は奈良法隆寺、東大寺、春日大社と巡りました。日本食を始め日々違う食事をご一緒して居ます。法隆寺ではカレーうどんを食したりでミッシェルさんも楽しんで居ます。
水彩画家・長尾周二1802102
私が青年時代にパリでの個展をお世話した橋本明治の塾頭だった岡田守巨さんが手掛けた法隆寺金堂修復壁画に再会、日本文化の翠を鑑賞して来ました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1802071
オープニングパーティーには30人以上の参加者が集う盛会の内に始まりました。

安城市の市長代理の方、西尾市議会議員、安城市国際交流協会、安城市文化協会、安城市ロータリークラブ会員など
多数の地元の関係者様の方々にご出席いただきました。
祝電も重徳衆議院議員、三宅参議院議員、愛知県知事、安城市市長から頂戴しました。
ご多忙の中、皆様のご好意を賜り、御礼申し上げるしだいです。

東京からも荒井さん岩崎さんが駆けつけて頂きました。パーティーで忙しくしていてパーティー風景を撮る事を忘れてしまいました。残念!余興に日本舞踊を舞って頂きました。
安城市で国際交流展が開催されたのは大変意義があると思っています。
こうした文化国際交流が根付く事を希望します。

AR T C会長のフランソワーズ イカールさんと電話した際、
「昨年フランスからの帰国間際に立ち寄った、サンテニオン近くのチャペルがある町の市長から展覧会依頼が有ったのですが、それが決まった」と連絡がありました。

又、昨年5月の連休にトゥールのヤマト展に出展しましたが同様に依頼がありました。
今までの活動の成果だと喜んでいます。
フランスの活動、今年も相変わらず忙しく為りそうです。

下の写真は展覧会場の様子と展示作品の数々です。
水彩画家・長尾周二1802072
水彩画家・長尾周二1802073
水彩画家・長尾周二1802074
水彩画家・長尾周二1802075
水彩画家・長尾周二1802076
水彩画家・長尾周二1802077
水彩画家・長尾周二1802078
水彩画家・長尾周二1802079

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1712121
寒波襲来で誰も来ないのかと心配しながら美術館に入ったのですが朝から賑わって居ます。一度来られた方の紹介や再度来館者などで大変有難いと感謝して居ます。
展示作品の中でも私が気に入って居る写真を掲載しました。牡丹です、日本を代表する花の一っです。日本滞在中は勿論良く描いて居ましたのでフランスで牡丹が咲いて居るのを見つけた時は感動して夢中で描きました。五月の爽やかな晴れた日に日本で描いた大好きな大輪の牡丹が描ける喜びで満ちていました。何日も咲いて居る訳では有りません。日本で咲いているそれと比べると幾分小ぶりで感動して描いた事を思い出します。
水彩画家・長尾周二1712122
アンティークも早朝から車を走らせ手に入れた私に取っては宝物です。兜姿の陶器で当時は職人が作ったインテリア飾りと聞いて居ますが私には心動かされる作品でした。
水彩画家・長尾周二1712123
そうした展示をご覧戴いた方のリピーターや紹介でいらっしゃって居ると聞いて個展を開催して良かった思って居ます。
会期が長いので途中旅にでもと思っていましたがこうした方々がいらっしゃって居ますので出来るだけ会場に居る様に努めます。
車のタイヤを冬様にしましたから雪景色を描くことも可能です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1712032
展覧会が始まって何日間か過ぎました。そうした中で色々な出逢いやエピソードが有りました、その中で出来事です。

美術館近くに住んでいらっしゃる方が来られて話が弾みご自宅の庭に案内して頂きました。
其所から見える風景を描かして頂く事を念頭に置いてお伺い致しました。
田んぼ越しに山が見えますその風景が気になって居ました。
そうすると家庭菜園で造られている立派な大根とニンジンを頂きました。
フランスでも何度かトマトや玉子野菜を頂いた事が有りましたが、展覧会に来られて畑から野菜を採って頂いたのは初めてです。

会期中に制作したい風景をと思っています。
水彩画家・長尾周二1712031

水彩画家・長尾周二1712033
香川県の西に住んでいらっしゃる学校の若い先生が来られました。
私も青年時代に絵画教室を開催して居てそうした話に会話が弾みました。

知能指数が高いことと学校の成績は全く関係がない生徒が居るとか(私も小学生時凄く高かったのですがビリから2番目でした・・)、
そうした子供は記憶力とは違う別の能力が優れて居る可能性が有るとか、
絵が上手な子は算数が得意とか、
私の経験を話してその事を共有出来ました。
若い先生ですが真剣に取り組んで居ると見受けられ心強く思いました。

住んでいらっしゃる近くに古墳が在るそうで今度案内して頂く約束をしました。
その古墳なの石棺は全国で19個見つかって居る熊本県阿蘇山麓から運ばれたピンク色した石棺です。大和や浪速で多く見つかって居ますが香川県でも三個有ります。
その二つが彼女が住んでいる近くに有ることは調べて分かっていますので、是非とも訪れたいと思っています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1712022
師走を迎え何かと忙しない季節ですがお時間に余裕ができましたら是非御覧ください。

展示作品の「渓流」は香川県塩江町の渓流です。当然現地で製作です。80号のパネル4枚繋げて五メートル弱のキャンバスを作り上げてからの制作です。詳しくは過去のブログに記載していますので御覧ください。


水彩画家・長尾周二1712021
展示品の中でコレクションについて書き記します。石膏像は蚤の市で購入した逸品です。
世界遺産のシャトー・シャンボールで開催される最大規模の蚤の市で手に入れました。
早朝星空が望める時間からキャリーバックを曳いてのお宝探しです。
過去にも置時計や絵画を買い求めました。
今所有している作品の中でも最も大好きな彫刻です。
一日部屋で眺めて居ると天使に見えたり悪魔に見えたり様々な表情を感じることが出来ます。
作家名や経歴は調べて居ませんが当時の名作で有ることは疑う余地はありません。  

連日友人や知人が来られ大変ありがたく思っています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1711302
大西アオイ記念館は昨年夏に開設したそうです。
主な収蔵品は茶道に関した物だそうです。
他に洋画作品も70点程コレクションして居るとの事で前回は佐伯祐三の作品三点展示して居ました。
今回は須田国太郎の油絵三点展示して居ます。
水彩画家・長尾周二1711303
館内には勿論茶室が有りますし庭園内にも写真の様に素晴らしい茶室が有ります。
丁度紅葉の見頃で紅葉に映える佇まいが堪能出来ます。
水彩画家・長尾周二1711301
晩秋の讃岐紅葉で赤く染まった由良山を描きました。
昨日から描き始め今日仕上げました。友人知人がいらっしゃる時は案内してその合間に書きました。
変わり行く季節を描きとめたいと思って居ますので明日も合間を縫って制作したいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1711304
日曜日午後2時から搬入作業に入りました。日曜日は弟が手伝って大作二点を展示しました。月曜日は美術館職員2名も加わり思いのほか順調に展示出来ました。
事前に黒い布地やアンテーク作品を展示する台を購入していましたのでその辺は抜かりが有りません。しかしどうしても忘れ物が出て来て何度か弟の家まで通いました。
水彩画家・長尾周二1711281
自分の作品は16点で難無く終わりましたが問題はアンテーク約30点です。
エミール ガレ、レオナルド フジタ 等々日本初公開の作品も含まれています。
壁に掛けるフックも百均ショップで用意していましたので小品はそれを利用しました。
改めて見てみると良くぞこれだけのコレクションが集まったものだと自分でも感心します。大枚を叩いてあつめたのでは有りませんが見ごたえが有るとおもいます。
水彩画家・長尾周二1711283
皆さまのお蔭で思いの外早く展示が終わり3時過ぎには美術館を後にしました。
自分の作品も旧作を含めて全て手持ちの額縁で終わりました。
日本で制作した作品とヨーロッパ滞在中に制作した作品が展示して居ます。
出来れば大勢の人に見て頂きたいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二171024
大型の台風が去って早速ポスターを設置して来ました。朝日が部屋を明るく射して目が覚めました。先ず紅葉を描きに行く為に食糧を買い出しに行きました。
その後美術館前に設置した木枠をベニヤ板を貼り付けその後ポスターを設置しました。
家に帰って事前に炊いていたご飯をおにぎりにして制作に備えました。石鎚山方面に行く予定です。
寒さ対策もして行きます。ダウンジャケットや毛布など冬装備です。庭に熟れた柿が生っています、その柿を取って車に乗せ出発です。
大好きな紅葉、大変楽しみにして居ます。

※長尾周二展の概要は当ブログ冒頭のご案内か、付設リンクの長尾周二オフィシャルホームページをご覧ください。(ブログ管理者)

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170920
今度はARTECの展覧会が始まります。今日はそのベルニサージュ出席の為にParisに来ています。
セーヌ河畔の街路樹も色付き始めました。
朝、フランソワーズさん等とマドレーヌ寺院に着き私は街を散策してベルニサージュが始まる午後6時過ぎに帰るつもりです。
カルチェラタンの画廊街、アンティークショップ街を見て周り今はセーヌ川を渡る橋の上でブログを書いて居ます。歩行者専用の橋の上は観光客が幸せをかみしめ通って行きます。
バヨリンを奏でる音楽家や水のボトル売る人、鍵を売る人まで居てとても賑やかです。
どんよりした曇り空ですが一部青空ものぞいて居ます。
土曜日日曜日は麟太郎さんと蚤の市に出掛けました。3ヶ所回って三点買いました。その一つが18世紀に作られた花瓶台です。其処には絵付け去れた陶板が二枚付いて居ます。この陶板の絵付けが素晴らしく迷わず買いました。
陶板だけでも大変貴重な作品ですが木製の花瓶台も当時の職人が丹精込めて作られたものです。
後は18世紀のパステル画とクリスタルのガラスコップです。ガラスコップは麟太郎さんの専門で安くて価値ある物を選んで頂きました。バカラも含まれて居ます。
写真はマドレーヌ寺院の祭壇です。

↑このページのトップヘ