水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

個展・展覧会情報

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170915
今日は1日中雨が降って入場者が少なかったのですが作品のお買い上げが有ったり写真の様な方が2時間位いらっしゃって愉快な話で盛り上がりました。彼はユーチュバで明日にでも又来て写真撮影をすると仰っていました。
水彩画家・長尾周二1709141
又、日本文化会館館長やパテシェの千葉さんもいらっしゃって頂きました。
写真のもう1つは水口さんの光ファイバーを使ったオブジェです。
水彩画家・長尾周二1709142
マドレーヌ寺院はParisのセンターに在って観光客も大勢いらっしゃって居ます。特に日本人の方も毎日何人かご高覧頂いて居ます。日本大使館後援のマークが入ったポスターを見られて来られる様です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1709111
無事マドレーヌ寺院ギャラリーに70点余りの作品を展示して展覧会が始まりました。今回は加藤さん岩崎さん荒井さん水口さんがParisに来られて参加しています。
昨日は展示作業中でしたが40人位入場し作品も購入して頂きました。
私はこの会場が好きで毎年この会場で展覧会を開催しています。
ナポレオン一世が建造したフランスの国宝です。(1991年世界遺産登録)
世界中から観光で来られて居ます。
水彩画家・長尾周二1709112
さて初日は入場者が130人と大変大勢の方が来て頂きました。フランス人は基より日本人、台湾人、スペイン人、ブラジル人、アメリカ人、ドイツ人、スロバニア人、と私が確認しただけでもこの様に国際的にいらっしゃった観光客の中で興味が有った方がいらっしゃって頂きました。
勿論こうした中で国際理解と親善に寄与すると同時に日本文化の紹介に為ります。心地よい疲れでよく寝られると思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1709031
3階屋根裏部屋に保管して居るメンバー作品を一階に下ろしたり自分の出品作品を点検したりで近づいた事を実感しています。
水彩画家・長尾周二1709032
日曜日の蚤の市は3ヶ所回りました。絵付け皿二枚と石膏のレリーフ坂それに銅製の一輪挿しを手に入れました。1ヶ所目は日の出と共に行きましたが出店数は多かったのですが何もなかったです。ま、殆ど日用雑貨や古着です。先日リストアップしていた2ヶ所目で3点手に入れました。絵皿はオリジナル作家のサイン入りで手描きです。フランスの古き良き時代の芸術品です。日本で言えば名古屋ノリタケのオリジナル絵付け皿と言う感じです。石膏レリーフも気に入って居ます。多分昔のお土産の様な感じですが図柄が気に入って買いました。絵皿二枚にレリーフと花挿しで7ユーロこんな事が有るから止められません。足で稼いだと言うことでしょうか。3ヶ所目は気に入った物が一点有りましたが値段が高くて止めました。ま、本当に良いものなら有り金叩いてでも買いますが安ければと言った処です。で農家の方が出店して居てトマト2キロ2ユーロで買いました。完熟トマトはスーパーで買う其れより美味しかった事は言うまでも有りません。
未だ車に有りますから楽しめます。
写真の作品は50号でロワール河の河川敷道路を描いた物です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1702151
このたび2017年末に高松市にて個展の開催が正式に決定しました。

「長尾周二滞欧11周年記念個展(長尾周二絵画展およびコレクション同時展示)」(仮題)
会場 大西アオイ記念館
会期 2017年11月28日(火)〜12月24日(日) (月曜日休館)
住所 〒761-0302 香川県高松市上林町148番地
電話 087-880-7888        
公益財団法人大西・アオイ記念財団です。

ワンボックスカーに画材を満載し横浜港よりロンドンに送りヨーロッパ24ヵ国を旅し数々の出会いや交流が有りました。
そうして11年が過ぎヨーロッパで制作した作品を中心に、渡欧後では初めての日本国内での個展を開催致します。
また同時に滞在中にフランスなど欧州各国の蚤の市で買い集めたコレクションも同時に展示致します。

美術家にとって、自分の芸術活動を続けるうえで良質な古美術品などを見抜く目は必須といわれています。
特にフランスは一般市民もあたりまえのように生活の中で芸術に親しむ社会であり、いわゆる「蚤の市」においても本格的な価値を持つ美術品に出会える可能性があります。10年以上現地の蚤の市などを回り、コツコツと収集した価値あるコレクションであると自負しています。

館長より開催の運びに為ったと電話を受けフランスより持ち帰ったアンティーク額縁にアクリル坂をカットして準備を始めました。10月に帰国してから再度作品を選びますが持ち帰ったアンティーク額縁2点の1点です。
その1点が写真の額装作品です。
水彩画家・長尾周二1702152

ヨーロッパにおいてはフランス・ロワールの世界遺産のシャトー・ボールガールでの企画展、モリノフの招待個展、ギャラリーバガボンド企画展、在フランス中国大使館より北京、上海、青島招待出品、セネガル国文化省より招待出品、パリマドレーヌ寺院個展とフランスは基より発表を続けて来ました。

日本での展覧会も大変楽しみにしています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1608021
フランス オレルリアン近くに在るシャトーSaint Jean Ie Blancで8月2日から13日ARTEC展が開催中です。

昨日仮眠をしながらイタリア・カプレーゼミケランジェロ美術館よりフランスに帰って来ましたが 今度はARTEC展の準備です。

シャトーの展示可能な12部屋の内2部屋を日本人アーティストに提供して頂きアートシップインターナショナルメンバー全員 の作品を展示しました。
写真は展示中の招待出品愛媛県松山市在住七宝作家飯尾さんの作品と中尾さんの作品です。
水彩画家・長尾周二1608022
イタリアカプレーゼミケランジェロよりの帰路、先ずアレッオ経由フィレンッェを目指しました。カーナビで走ったら又山越え標高約1000は有ろうかと思え る山岳道路でした。車は喘ぎ喘ぎやっとの思いでたどり着きました。市内は信号機で大渋滞水温ゲージも80度を越え危険状態に逆戻りです。イタリア観光を諦 めてフィレンッェから有料高速道路に入り帰路に着きました。

快調にジェノバを過ぎフランスに入りカンヌを走り過ぎてから一搬道を走りました。走り馴れた道です。エクス アン プロバンスを通過する時は一昨年亡くなった友人J・カルロス ガロさんとの事を偲びながら走りました。既に深夜でしたから立ち寄る事も止めました。アビニヨンからリヨン方面に走ります。途中仮眠を取り又一般道を走り ました。

さすがにフランス、気温も下がり楽々走りきりました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二160724
静かな山の頂上に中世の砦が在ります。其所がミケランジェロ生誕の美術館と為って居ます。

アートシップインターナショナルはその一つの建物の中の2階3階の3部屋を使用し展覧会を開催中です。開催に当たり日伊友好150周年記念事業と在イタリア日本大使館より認定して頂いての開催です。

2階にはロルジュ作品12点展示3階の2室にアートシップインターナショナルメンバー作品24点を展示しています。

展覧会の反響や感想を前回の報告に続きを書きます。
感想を書いて頂いて居るノートは14ページ目に入って居ます。ゆっくり翻訳出来ればと思って居ます。

山本さんの作品は額装しモノクロ作品の中に在ります。アイデアと知己に富んだ作品は無くては為らない作品です。小品ですが存在感の有る作品です。

龍ノ平さんの作品は抽象化去れた人物像と静物画の展示です。CHOUZYのARTEC展に3点風景画を出品した為会期が重なり風景画は展示出来ませんでした。しかしその意欲的な作品は大変クオリティの高い作品と為って居ます。

中尾さんの風景画は空気を感じるリアリティーが表現されて居て現場に吹く微風さえ感じます。今こうしてメールを書いて居る間にも8人入場者が居ました。

山崎さんの作品は花々の中に蝶が画かれて居ます。フランス・マタミュウゼでのARTEC展で作品をコレクターに買って頂いた事でもその実力はお分かり頂けると思います。勿論イタリアでも人気の作品と為って居ます。

水口さんの立体はトゥールのヤマト展での人気、マタミュウゼでのARTEC展でARTEC賞受賞でもお分かりの様に若い才能有るデザイナーです。
此処でも興味を持ってご覧に為る方が大勢いらっしゃいます。

後会期は8日間です。イタリアでの旅は後少しで終わります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160720
1日会場に居ました。
観光ですが美術館に入場料金を払ってご覧に為って居ますので皆さん時間を掛けてご覧に為って居ます。

オープンした初日加藤さんの作品 を一度ご覧に為ってから別の部屋の作品を見た後、再度作品をご覧に為って居ました。部屋から出てて来られたのは20分以上経ってからでした。ご夫婦で作品 が気に入ったご様子でした。

荒井さんの作品も津波かとかアウシュビィツをイメージした作品と解説すると納得して観賞されて居ました。

美術館の職員からも大変良い展覧 会だとお誉めの言葉を頂きました。

感想を書いて頂くノートを水口さんの作品前に置いて居ますが数日しか経って居ないのに多数のコメントが寄せられて居ます。

先に帰国された荒井さんたちの写真をアートシップインターナショナルのコーナーに掲載予定です。

美術館に滞在して居た日は70人以上入場者が有ったと美術館の職員からお聞きしました。
色々と大変な事も有りましたが開催できて本当に良かったと実感しています。

特にグッビオの美術協会会長アーナルド&マチルドご夫妻には本当に御世話に為って居ます。最終日作品搬出の際も手伝って下さるそうです。グッビオから90キロの道程を駆け付けて下さるそうです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1607131
ロワールを出発し先ずはイタリア方面を走ります。580キロを走りMontmelinで一泊です。今回はロルジュ友の会・会長柴沼淳子さんとご一緒ですから高速道路を走ります。

ホテルを出発し高速道路でアルプス越えに入った所の国境で止められました。その先はアルプスのトンネルです。最近アルプストンネルで火災事故が有ったりした事で車のチェックをしていました。
な、なんとポンネットから煙が出て居るでは有りませんか!
出発一週間前に整備工場で点検依頼をしていましたから安心して走って居ました。
高速道路から下ろされ二ヶ所の整備工場で修理を依頼しましたが相手にさえしてくれません。
仕方なくゲージを見ながら下道で2080メートルのアルプス越えを試みました。
本当に最悪エンジンがストップです。煙を出しながらもアルプスを越え再度高速道路に乗りました。どうやら坂道で負荷を掛けなければ走る様です。既に700 キロ近くを走りイタリア迄来ましたから何とか為ると判断し走りました。幸いアルプスを越えて走り出すとゲージが60度まで下がりオーバーヒートを回避出来 そうです。着かなければ展覧会のオープニングさえ不可能です。

サンマリノ共和国を左に望むと後は100キロです。美術館が在る村は標高600メートルです。60度だったゲージが90度近くまで上がり間一髪で着きました。

ローマ空港にはメンバーの荒井さん他メンバーが日本から到着します。この先600キロ近くを走るのは無理と判断しホテルで車をレンタルし迎えに行きました。

7月10日無事オープニングパーティー開催出来る事と為りました。
在イタリア大使館より日伊友好150周年記念事業と認定されカプレーゼミケランジェロの村長も出席の元オープニングパーティーが開催去れました。
イタリア・グッビオの美術協会会長アーナルドさんご夫婦が全てに於いてご支援して頂き本当に感謝しています。
ロルジュ作品12点アートシップインターナショナルメンバー24点3室を使っての展示です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160705
同じ町に住むアーニー&フランソワーズさんの畑を通りかかると例年一抱えのユリの花を頂いて居ます。今年も黄色と白のユリの花を頂きました。
例年私の展覧会が開催中なのですが今年は有りません。花は館のテーブルに飾られて居す。
展覧会でご覧に為った方から私の作品が進化して居るとの指摘をして下さる方がいらっしゃいました。
一見、子供が描いたような気がするへたくそな作品です。本人は至って真面目に色々な事を試しながら制作に取り組んでいます。其のことを長年にわたりご覧に為って指摘して頂いたのには本当に有り難い事です。
そうした面でもフランス人の鑑賞眼は恐るべしです。
コレクションして頂いた方々の温かい応援が勇気と制作意欲を頂いて居ます。

イタリアミケランジェロ美術館企画の為、ロルジュの作品を積み込みました。明日、メンバー作品を積み込み明後日イタリアに向かって走ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1607031
(※当サイトでは肖像権とプライバシー保護に配慮し、関係者以外の直接掲載のご承諾をいただいていない方が写っている画像は出来る限り加工して掲載しております・・・掲載管理者)
ARTEC展が始まったのでその様子を報告します。
ベルニーサジュの様子の写真を添付しました。CHOUZYのメイヤー出席の元大勢の参加が有りました。町長にARTEC会長フランソワーズさんが出品作品の解説をして下さいました。
展覧会の様子を新聞記事に掲載されました。飯尾京子さんと長尾周二がアートシップインターナショナルコーナーで取り上げられて居ました。
ロルジュの版画作品も二点展示しました。
掲載した作品です。
水彩画家・長尾周二1607032
日曜日と言えば蚤の市です。
イタリアの友人にワインを買いました。ロワール地方は白ワインの産地ですからそれを用意しました。それとは別にお土産を探しに出かけました。
水彩画家・長尾周二1607033
蚤の市でも夜明け前からアンテークを探して30キロ圏内を走り探して居ます。今日の買い物は写真のリモージュのお皿とカップそれと水彩画の人物画4点買い ました。リモージュは確かな物ですが人物画は掘り出し物と言えます。額縁は新しく如何にもプリント画の様でしたがオリジナルの水彩画で約100年前の物で す。
水彩画家・長尾周二1607034
三か所回って会場を隅々まで探索し手に入れました。金曜日まで私の車が整備工場に入って居ましたので余り動けませんでしたが整備を済ませて西に東にと走りました。
プロの収集家との競争です。幸い授業料を随分と払いましたので今はミステークは有りません。
良いものを手にすると制作にも弾みが付きます。

↑このページのトップヘ