水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

個展・展覧会情報

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1607012
会期は6月30日から7月10日でベルニーサジュは2日11時からです。
会場はCHOUZYのタウンホールで約200点の出品で展示して居ます。
今回は私達のアートシップインターナショナルメンバー作品とARTECメンバー作品日本から福岡市に在るギャラリートレドスシエロス作家も出品して居ます。
早速CHOUZYの町長も来られ挨拶しました。

私達はこの後イタリアミケランジェロ美術館企画が有りますので20点と少し点数を抑えて展示しました。私達の展示スペースにフランスを代表するロルジュの版画作品2点も展示しました。
写真の黒い布が掛けられた作品がそうです。
水彩画家・長尾周二1607011
今日はARTEC会長フランソワーズさんがBLOISのラジオ放送局で展覧会の案内を放送して頂きました。アートシップインターナショナルメンバー作品と 共にビジターの飯尾京子さんの作品紹介もして頂きました。長年にわたり参加していますので作品内容も熟知していて解説して下さった様です。
水彩画家・長尾周二1607013
さすがに会場設営で疲れて朝、会場に顔を出して町の入り口に案内板を掲示した後、館で休ませて頂きました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1606093
上の画像をクリックすると拡大・全体が表示されます。
イタリア トスカーナ地方ミケランジェロ美術館での展覧会が7月10日~31日まで企画して居ます。
タイトルはKOKOROJAPAN展です。
三室ある美術館の二室をアートシップインターナショナルメンバー作品で展示します。

一室でフランスを代表するロルジュの作品を後見人柴沼さんの協力で展示します。
この展覧会に際しイタリア日本大使館の後援許可を得たりグビヨウの美術団体会長のアーナルドさん、ARTEC会長フランソワーズさん、
ロルジュ友の会会長の柴沼さん等のご支援、協力で開催出来る運びとなりました。
皆様に心より御礼申し上げます。

ミケランジェロ生誕の地で展覧会が開催出来る事に大変嬉しく思って居ます。
又、今年は日伊友好記念年150周年でも有り記念行事の一環として開催出来る事に為りました。
メンバーに為り替わり重ね重ね御礼申し上げます。

またそれに付随しての話題ですが、6月10日発売の毎日新聞朝刊のコラム欄「ひと」において、
ロルジュ友の会会長である「柴沼淳子さん」の記事が掲載されるはこびになりました。
日本で柴沼さんの活動や趣旨にご賛同していただき、そしてご尽力いただいた方々のおかげで実現することになりました。

柴沼さんは約50年前からフランスに在住しています。
前述の世界的な現代美術作家である「ロルジュ」とはアシスタントとして約18年間生活をともにし、ロルジュ本人の逝去後も30年にわたりロルジュ友の会・会長としてロルジュの芸術活動の伝承を続けてきました。


現代美術の巨匠である作家である「ロルジュ」の作品や人間に迫る貴重な記事となると思います。

アートシップインターナショナル理事長
長尾周二

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160510
色々な事が有りましたがヤマト展が終わりました。インスタレーション作品も今日取り外しに行って来ました。
明日鱗太郎さんが日本に帰国しますので空港まで送って行きます。帰りはパリの画材店に寄って来ます。
水彩画家・長尾周二16051022
今,藤の花が咲き満開です。80号25号4点と5枚制作しました。特に藤の花の命は短く直ぐに終わってしまいます。次回のブログではそれらの作品を添付致します。
早いものでフォモンタンのマタミュウジアムARTECの展覧会も明後日には撤収です。
藤の花と菜の花が終わるとココリコの咲く季節がやってきます。

野に出て既に日焼けして顔は真っ黒に為って居ます。
こうして制作出来る事に本当に感謝です。

ARTEC展覧会の新聞記事のリンク(ARTECより)
https://docs.google.com/folderview?id=0B7uPAZaeF3Lfd1I4U2ctMFBzbnc&usp=drive_web

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1605051
初日、約200人2日目約300人3日目500人以上の来場者があり盛大な内に展覧会が終わりました。
後日鱗太郎さんが帰国後写真を掲載用に持参しますのでご覧下さい。
ARTEC会長フランソワーズさんジョンさんシスレーヌさんも駆け付けて頂きました。
水彩画家・長尾周二1605052
2日目はフォモンタン マタミュウジアムの搬入作業が有って私は会場に居ませんでしたが雨が降っていたにも係わらず大勢の人がきて頂きました。
鱗太郎さんは折り紙を皆さんに作って差し上げて居たのでより身近に人々と交流を深めて居た様です。
水彩画家・長尾周二1605053
私も初日は羽織袴で皆さんのお世話をしました。
作品価格を全員に聞いて居なかつたのですがお客様から問い合わせが多数有りました。

同時にフォモンタンのマタミュウジアムでのARTECの展覧会が5月2日~10日まで開催中です。

此処でも日本人作家の評判はとても良いです。
水彩画家・長尾周二1605054

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1605011
※画像をクリックすると拡大表示されます
会場が思いのほか広かったので飾り付けに時間が係りました。
まず車に作品や備品を満載して27日に会場に着きました。メンバーの鱗太郎さんと一緒に作業を始めました。
今回は私の作品の渓流も展示しました。4.55メートル×1.55メートルの作品の展示用木枠の制作から取り掛かりました。鱗太郎さんは日本で購入した京染友禅反物40メートル巻き二本と10メートル巻き2本を用いて会場にインスタレーション作品を制作しました。
出発する前の日に40メートル反物に針金を縫い付ける作業が有りましたが前日、早朝3時まで係り私は3時過ぎまで手伝って寝ましたが彼は5時近く迄作業をして居た様です。
暗めの展示室に白黒系の作品を展示し、紅染めの桜柄反物をメインに青い反物と萌黄色の反物で作りました。
白い石造りの壁と紅色の桜、白黒作品のマッチングをイメージして会場造りをしました。
荒井さん,平沼さん、中尾さん、龍ノ平さん、水口さんなどメンバーの作品の他、私の渓流作品の展示です。
それらの作品やインスタレーションの展示に会場にある照明6基プラス ハロゲン照明器具を7基設置し設営しました。
温室部分に加藤さん、山崎さん、山本さん、阿部さん、と私の作品を展示しました。
愛媛県在住七宝作家の飯尾さんの作品も特別展示しました。

早朝から深夜の作業に為った事は言うまでもありません。
盛大なオープニングパーティーに為り無事開幕しました。

30日はフォモンタンのマタミュウジアムでのARTEC展覧会搬入作業です私はシュウジに帰り作品搬入に入りました。日本メンバー作品も展示致します。
水彩画家・長尾周二1605012
水彩画家・長尾周二1605013
※それぞれの画像をクリックすると拡大表示されます

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150919
一般社団法人アートシップインターナショナルの設立展であるParisマドレーヌ寺院にて展覧会を無事終えました。
創立会員の皆様に心より御礼申上げます。
9月5日〜14日迄に来場者は800人を超えて居ます。
反響は思って居たより大きく皆様の作品に対する評価がこうした数字にも表れて居ると思って居ます。
日本人作家を世界に紹介すると同時に世界的な作家を育てたいとの思いが一歩一歩進み出したと実感します。
その成果が作品5点買って頂いた事でもお分かり頂けると思います。
来場者の中には在仏日本大使館の外交官や在仏アメリカ大使館外交官婦人、ロルジュ・コレクターの柴沼さん、東洋美術書を編集出版されて居るニコラさん自治体国際化協会の所長さん等もいらっしゃいます。
又、ARTEC会長のフランソワーズさんの協力も力強い応援です。
高松歯アート美術館、名古屋小さな美術館かじたの展覧会は外務省の後援許可が下りました。Paris日本文化会館に続きParisマドレーヌ寺院展覧会に在仏日本大使館の後援許可が下りました。
マドレーヌ寺院入り口には大きなポスターに国旗と在仏日本大使館のロゴマークが入って居ました。そうした事も有って多い日には20人を超えて日本人の方が 入場して頂きました。最終日は展示替えでご覧頂けない日本人も多数いらっしゃいました。ネットでJAPAN・KOKORO展を知って来たとお聞きしまし た。
次に繋がるアドバイスや紹介等の支援の話が出て居ます。特にコレクターの柴沼さんは趣旨に賛同して頂き力強いお言葉を頂きました。
日本から5人のメンバーが来仏しそれらの成果を実感されたと思います。

この経験を基に確りと大きな目標に向かって歩みたいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150913
連日100人前後の入場者が有ります。
マドレーヌ寺院入り口には国旗と在仏日本大使館のロゴマークが入った大きなポスターが掲示されて居ます。
先日は在仏日本大使館外交官が来て下さいました。今日はアメリカ大使館外交官婦人が来られました。日本人関係者も数多く来られて居ます。東京造形大学のフランス研修生5人組とか女子美卒のアーティストを含め観光客の方も連日来られて居ます。
国籍もポルトガル、スペイン、アメリカ、ドイツ、中国、台湾、イギリス、ロシア、ベトナム等多彩です。日本人に良く似た顔なので声を掛けたらネパール人だったりとさすがに世界の観光地だと実感します。
勿論フランス人が主流でアートシップインターナショナル作家の作品も買って頂きました。今日迄にメンバーの作品を数点お買い上げ頂きまし た。又、他の作家も大変評価が高く記載帳には絶賛の言葉が寄せられて居ます。コンピューターグラフィック作家の作品からカリグラフィ作家、抽象画から具象 画家とバラエティーに富んだ作家群の展示も評判でした。
お子様連れの家族や若い世代から年輩の方まで日本のギャラリーでは見られない光景です。
話し掛けると質問や感想を気軽に応えて下さいます。身体の大きい髭ずらの男性二人が入って来られた時に日本人女性作家は身をすくめ恐いと仰有って居ましたがそうした方もアーティスト作品をゆっくり観覧頂きました。
14日月曜日が最終日ですが未々多くの出会いや交流が有ると思います。
今日は午前中大雨で全く入場者が居ませんでしたがそれでも50名は超えました。
夜はARUEC会長のフランソワーズさんと平沼さん三人でディナーをご一緒しました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150911
ある作家は写生旅行に、有る作家はロワール観光に向かいました。展覧会に出品しそれらの事を終え日本に帰国しました。
ロワール観光はシャトーシャンボール等六ヶ所のシャトー巡りをして来ました。ランチは円さんのレストランうまみで戴きました。
特にシャトーモントレゾーは上森さんや私の作品を買って頂いたシャトーオーナーで入場料は勿論タダでオーナーのプライベートルームも案内して下さってメンバーも大感激でした。
小さな街並みでシャトーのみならず教会や水路を巡りその風景も大変人気が有る場所です。
未だ会期は有りますので又、報告致します。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1509081
マドレーヌ寺院入り口に大きなポスターを掲載しています。写真の様に美しい花壇が有ります。
正面入り口から右に向かい柵に沿って歩けばギャラリーの入り口が有ります。
連日100人前後の人々が来場して頂いて居ます。
水彩画家・長尾周二1509082
昨日はARTEC会長フランソワーズ・イカールさんのご案内でフランス料理のディナーを頂きました。昔からの雰囲気が其のままの美しい街並みの中にその店は有りました。各々の料理を注文しましたがどの料理も大変美味しかったと皆さんの感想です。

Parisを十分堪能し交流親交を深めた展覧会参加者でした。
明日は一部のアーティストは写生に一部のアーティストはロワール観光にそして会場を留守番する方と別れて行動です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150907
一般社団法人アートシップインターナショナルの海外展第1回Paris展の初日を迎えました。6月にParis日本文化会館でフランスの美術団体ARTECとのジョイントで展覧会を主催しましたが実質的に今回がメンバー展としての旗揚げです。

海外初のアートシップインターナショナルParis展は私の想像以上に手応えが有りました。
Paris日本文化会館展に続き今回も在仏日本大使館の後援を頂きました。
マドレーヌ寺院入り口に120×80センチのポスターにはJAPAN.KOKORO.EXPOSTIONのタイトルと共に国旗と在仏日本大使館のロゴマークが並んでいます。
フランスParisのセンターにあるマドレーヌ寺院は世界中から来られた観光客が見学にいらっしゃいます。そうした中で美術に関心の有る方がポスターをご覧に為って入場して下さいました。
ベルニサージュにも関係者友人知人が25名出席して頂きました。その中にはフランスを代表する作家ロルジュのコレクター柴沼さんARTEC会長フランソワーズ・イカールさんや自治体体国化協会のParis事務所所長荒井さんレストランオーナーの千葉さんも来て頂きました。
全く何も無い処からマドレーヌ寺院のギャラリーを使わせて頂く契約が出来こうして皆様のご支援を頂き開催出来ました。
心より感謝申し上げます。
マドレーヌ寺院入り口に大きなポスターを用意しました。日本の日の丸とParis日本大使館の後援許可マークロゴが効いたのでしょうか20人位の日本人観光客が来られました。それらを含め初日の入場者数は150名を超えました。
全てが期待以上の1日でした。

アートシップインターナショナルの主たる目標は日本人作家を世界に羽ばたける事を応援する団体です。今回はメイン作家を平沼邦子さんとしフランスの評論家 に作家紹介文を書いて頂きました。今後こうした発表と同時にあらゆる方面に働きかけ作家の後押しをしたいと思って居ます。
早速火曜日にはARTEC会長フランソワーズ・イカールさんがParisのラジオ放送局で今回の展覧会情報を放送して頂きます。
平沼邦子さんの作品解説を含めメンバーの作品に付いて事前打ち合わせを今日する事に為って居ます。

こうして産声を上げた一般社団法人アートシップインターナショナルを今後共宜しくお願い致します。

一般社団法人アートシップインターナショナル 理事長 長尾周二

↑このページのトップヘ