水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2011ヨーロッパ放浪記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
最初の車はNISSANセレナ・ディーゼルでした。車の中を改造してベッドを作り寝泊まり出来る最低限の生活用品を積み展覧会が何処でも出来る様に作品と画材を満載して旅立ちました。

勿論アパートの家財道具は全て処分しました。それでも捨てられない作品や貴重品は弟や息子、友人宅に今でも預かって頂いて居ます。

日本での放浪は夏が来ると北に向かい冬は南で過しました。

冬、九州霧島韓国岳山麓で赤松を描いたときは氷点下10度以下でした。勿論水彩画は無理、鉛筆淡彩で仕上げました。零度前後は乾きが悪く滲んだりしますが氷点下10度と為るとエイと色を着けた瞬間に画面が凍ります。その筆もカチンカチンに凍り一人で大笑いでした。

春の便りが聞こえる頃は宮崎県か四国足摺岬に向かい桜の花を描きました。その後、開花を追いかけて北上します。
行きを三陸海岸にすれば帰りは日本海岸にしたり内陸部だったりで全国を巡りました。

特に北の大地は上川町や羽幌町等展覧会を企画して頂いたり作品制作に便宜を図って頂き感謝感謝でした。

利尻島の漁師ご夫妻は行くと泊まってけー飯食ってけーとお世話に為りました。東日本大震災の被災地も私が大好きな海岸の一つで何度となく回りました。

夏の終わり男鹿半島で台風の直撃に遭遇しました。風速40メートル以上の風が吹き荒れ一日半車が揺れ続け船酔い状態に為りました。
それでも10メートルは有ろうかと思える大浪を何枚か描きました。その後鳥海山で制作中過労で倒れ動けなく為りました。

日本海の初冬、雷を描きたいと松林の海岸に居た所、目の前に落雷が有りました。その衝撃たるや強烈で車は揺れ身体は飛ばされ頭の中まで真っ白い閃光が走りました。いや!雷は見に行く物では有りません。

車上生活で大変なのは冬です。身体が冷えると体力も消耗し病気に為ります。元旦、伊良湖岬で動けなくなり三日間寝込んで終いました。動ける様に為って病院に行くとこれ以上強い抗生物質は有りませんと肺炎の薬を処方して頂き一ヶ月半かかりやっと回復しました。
そんな厳しい冬が終わると楽しい風景や人との出逢いが有ります。

旅を続けて居て一番の楽しみは出逢いです。今はヨーロッパ各国を巡って居ますが思いは同じです。

1997年セレナを廃車してTOYOTAエステマを購入、横浜港から画材と生活用品を満載してイギリス、ロンドンに旅立ちです。

英語も片言しか話せません。何故あの時旅立ったのか今でも不思議な位です。
ヨーロッパでの最大のピンチはピレネー山脈での事故です。此所でも助けて頂いたのはヨーロッパの新しい友人達でした。片道1000キロを走り荷物共々救出、友人の大切さを染々と感じました。

その後ロンドンの二上さんからTOYOTAカリーナハッチバックを格安で譲り受け今年のトラブル迄走り続けました。
ワンボックスカーから普通乗用車に乗り替えた時は地獄の様でした。あの狭い車中で寝泊まり炊事洗濯と生活をしなければ為りません。其に勝る旅の楽しみや出逢いが有ったからこそ続けられたのだと思います。

その間19ヶ国140000キロ以上を回りました。
雪で動けなかったり、policeに連行され取り調べ室で尋問されたり色々な事が有りました。

11年目を迎える来年も旅は続きますがフランスに在住しながら国際作家として制作に励む所存です。今後も御支援宜しくお願い申し上げます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・大串半島からの小豆島
写真は私が描いた「さぬき市大串半島からの小豆島」です。

先日、ひろしま美術館を見学して来ました。

以前にも訪れた事が有り懐かしく作品との再会を楽しみました。

印象派を中心にしたコレクションは点数は少ないものの作品が揃って居ます。
晩年のゴッホやマルケ、モジリアーニ、ユトリロ、ブラマンクの作品等が展示されて居ますがその中でもスーチンとモネの作品が印象的でした。

著名な作家でも心を動かされる傑作とそうでない作品が有ります。
ま、趣味の世界ですから好き嫌いも多分に有りますが時代やスタイルを超えて秀作は輝きが違います。

小さな美術館で30分も有れば見て回れますが三時間かけて何度も見て回りました。

日本人画家の洋画作品も展示されていて比較も出来ます。
広島の財界人がコレクションを寄贈して文化に触れる機会を与えて下さったこの美術館です。
日本の美術館でも一度は訪れてたい美術館の一つです。

ヨーロッパ各国の美術館も良く訪れますが日本の美術館も機会有る事に見学するように心掛けて居ます。
作品に触れる事は作家や時代背景も含め私自身、大変勉強になります。

美術作品は鑑賞する側の力量やセンスも試される程奥の深い傑作やエッ!と驚く駄作も有ります。ま、一時期持て囃された現代美術作家が抽象作品を描いて居たのを止めて具象作品を発表したりして居る作家が居ますが時代の先取りをして居る様で軽い仕事に終わって居る事が多いと思います。自分を一筋に掘り下げた芸術家と比較すると一目瞭然です。

そんな事も含め数多く作品に触れる事は自分の作品を高める大切な時間だと思っています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真111222多摩川
多摩川沿いに郷土の森公園が有ります。早春には梅の花が咲き揃いよく散策したものです。

先日30年程お世話に為って居る掛かり付けの医院に風邪薬を出して頂く様にお願いに行きました。5年振りでしたがもう貴方のカルテは無いわよと笑いながら応えて頂きました。

その足で多摩川迄散策、私の原点でもある風景を楽しんで来ました。
シベリアンハスキー犬を飼って居ましたので散歩を兼ねてスケッチブックを広げ毎日の様に写生しました。丁度、堤が有る場所から上流部の対岸はゴルフ場で丘陵の崖は手付かずに残って居てとても美しい自然の風景が楽しめます。その西の空には富士山も望めます。

河原には胡桃の木や桑の木が自生して夏には実を付けて居ました。
私が飼って居たハスキー犬は果物も食べるので桑の実も熟れて落ちた果実を食べて居ました。

予備校を止めて土方、ポンプ屋、トラック運転手、印刷会社社長室長とアルバイトをしていた時もスケッチブックを持って通った場所です。
その僅かな場所はフランス、ロワール川にも似た大自然が残って居ます。
小春日和の陽を浴びながらのんびり過しその場を後にしました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「アロエの花」写真
東京・武蔵小金井駅から近いアパートに息子が住んでいて其処から南に5キロ程、府中駅前の歯科医院に通っています。行きは歩いて帰りはバスを利用しています。道筋に府中美術館が有り立ち寄り展覧会を見たり図書室で図録を閲覧したりしています。

何処に居ても美術作品を鑑賞しています。
日本ではアマチュア作家の作品の方が楽しい場合が多いのでどんな展覧会でも覗いて居ます。

ヨーロッパに滞在中もパリは勿論、出来るだけ作品を見て回る様にしています。
時に心打つ作品に出会うと私も制作意欲が湧いて寄り熱中出来ます。

そんな後は樹木の紅葉や夕焼けも感動的です。

作品は四国高松で描いたアロエの花です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
長尾周二・RNC西日本放送・出会えて良かった画像
四国高松に有るRNC西日本放送のラジオ番組に出演しました。
ラジオ放送を聞いていてロマンシンシングリクエストにエピソードを添えてメールでリクエストしました。

局のスタッフから連絡が有り出演して頂けませんかとの事でした。
12月11日午後1時から2時間番組で出会えて良かったと言うテーマのリクエスト番組でした。
そこでヨーロッパでの出会いを話させて頂きました。
スタジオからは玉藻城址が見えてその向こうに女木島が望めます。
地元高松で楽しい一時を過ごさせて頂きました。

因みにリクエストはイルカのなごり雪でした。局のスタッフから放送した録音とリクエスト曲入りのCDを頂きました。

今日夜、夜行バスで歯の治療の為に東京に向かいます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真111205
少し離れた庭にミカンや柿、枇杷の木等が植わって居ます。小さな庭ですが私の描きたいモチーフが沢山有りました。
その中でアロエの花が咲き始め枇杷の葉が色付き不思議なハーモニーを作って居て思わずイーゼルを持ち出しました。
つい最近まで柿の実や甘いミカンも有りましたが私が食べて無くなりました。
今、実っているのはキンカンとハッサクです。
そんな小さな庭に通っている間に描きたく為って仕上げました。
一時帰国中ですが既に30号4枚6号8枚描きました。
楽しくて時間が経つのが早いです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真晩秋の石鎚山
友人の赤木さんから車を借りて石鎚スーパー林道を通り伊予富士を描いて来ました。

先ず高松から愛媛県西条市を目指しました。
天気は快晴、 四国八十八ヶ所巡礼のお遍路さんも足取り軽やかな感じでした。右側に瀬戸内海を見ながら車を走らせました。

途中コンビニで弁当を買い寒風山トンネルを抜け石鎚スーパー林道に入りました。
紅葉は終わって居ましたが晴天で素晴らしい風景が待って居ました。
勿論、何度も通って描いた風景です。

さすがに標高1000メートル以上、先日の雪が少し残って居てツララは50センチ以上に伸び既に冬景色でした。

描き終わり高松に帰る途中愛媛ミカンを買い帰宅しました。

明日はさぬき市大串半島に行き画を描く予定です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真111124
3・11以降、日本は大きく変わったと聞きました。
緊急地震速報を地震が起こる度に聞いてたり、原発の事故による社会不安等で生活面まで変化したようです。
絆、頑張ろう日本と街角にポスターが貼られて居ます。

何人かの友人が東北地方へ行かないのですかと聞かれました。私が何度となく通い風景画を描いてた事を知ってるからです。

私の画は社会性をテーマにして制作している訳で有りませんから今は御伺いする予定は有りません。

美しい大自然の風景画を通じて感動と喜び、生命力を表現したいと思って居ます。
ですから今は遠慮させて頂いて居ます。
東北地方で出会った人々の事を思い出すと尚更です。
絆、頑張ろう日本。ポスターには政治家の顔が印刷されています。

私はフランス滞在中でしたが出来る事はしてきました。
今は自分の作品をコッコッと描き上げて行く事が使命と感じて居ます。
東日本大震災のニュースを聞く度、そう思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真渓流
水彩画家・長尾周二・作品写真1111222
風も無くなって野外で制作するのに最適な天気予報でしたので自転車を走らせました。
背中にリュックサックと30号のパネルを背負い仏生山を通り山を目指しました。

川沿いを走ったのですが護岸はコンクリートで固められ絵になる風景は有りませんでした。結果的に辿り着くと溜め池で香川県らしい光景です。

20キロ以上走って渓流風景は諦め水の流れを描きました。

出発前からイメージする様な風景は望めないとは思いましたが案の定、山中迄コンクリートで固められていました。

プレバブ、プラスチック、コンクリート、日本の風景は無味乾燥な風景に変わりました。
人間が快適に生活をする為には自然との調和や文化を守る事が大切だと思います。
溜め池には大きな石碑が幾つも建っていて過去に何度も土建屋や政治家に税金が流れた証が有ります。

ロンドン郊外、ウエンブリーの丘に小さな池が幾つか有りますが丘の頂上に有る池が人口池だと判るのが3週間以上毎日通ってやっと分かりました。ある日突然水位が上がったからです。その位自然と調和しています。

国立公園で有ろうがコンクリートやテトラポットで固められた光景は日本中見られます。

多分、日本の役人や政治家は自然との調和など手間の係る事より大きな石碑に名前を刻む事が好きな様です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真111118
私が育った四国高松に帰って来ました。友人や知人と再会し楽しい一時を過ごして居ます。

1966年頃の風景は面影すら感じられ無い位の変貌振りです。
当時は家が五軒位で屋島が見えて居ました。今は商業地で10階建のマンションや住宅で農地は殆ど残って居ません。

直ぐ横に蓮池と野田池が並んで有ります。
初夏に為ると産卵の為、農業用水路に鮒が池から上って来ていました。
冬は池の横に有った水路を仕切って寒鮒をバケツ一杯捕って居ました。

野田池は一周1、3キロ位でランニングには最適で良く走って居ました。
その堤には古い木に梟の巣が有りました。
今は一本も残って居ません治水の為と謳いコンクリートで固めて居ます。
農業用の溜め池ですが農地は殆ど無くなってその役目は終った様です。
水位が下がって池の底が見えて居ました。
一周して見るとバイクやスクーターだけで八台、写真の様な状態で見られました。
池が作られた江戸時代はとても水が貴重でした。
ゴミ捨て場所に為っている現状を見ると果たして日本人は豊かに為ったのだろうか?と疑問に思います。

清流が流れていた水路にはドジョウや鮒等自然に囲まれて居ました。
現代は新しいマンションにピカビカの車、部屋も綺麗で快適な生活を送って居るようです。

しかし御覧の写真は農業を捨てたこの国の象徴に思える光景でした。

↑このページのトップヘ