水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2011ヨーロッパ放浪記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・向日葵
昨日今日と2日掛かりましたが向日葵を描きました。
例年暑い中で描いていますが今年は肌寒い位で雨が降ったり止んだりの中で描きました。

ま、向日葵はヤッパリ汗をかきながら描かないと実感が無いですね。

水彩画家・長尾周二・旅行記写真110723
フランソワーズさんのシャトーにお客様がいらっしゃって居ます。ジョン・クロードさんご夫妻です。奥様がアートテクトメンバーで画家です。

ジョン・クロードさんはParisで演奏活動をなさって居るピアニストです。シャトーシャモント近くのレストランでディナーをご一緒した際にピアニストの赤松真理さんが9月にいらっしゃる話をしたら、是非お会いしたいですねとの事でした。

シャンソン小劇場のジョゼさんカトリーヌさんにも既にコンタクトは取っていて音楽家の交流も始まりそうです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真110717
絵を描いてて絵の具を混ぜ感じる色を造るのが大変です。日本では見たこともない数々の色が此処には有ります。
特に花は河川敷に咲いている花でもまるで色が違います。勿論、葉っぱの色や木々の色も。と言う訳で試行錯誤は続いて居ます。どうすれば感じたイメージに成るのかです。何枚も何枚も重ねて居ますが空回りの作品が続きます。

今日は肌寒い日でした。赤いパーカーが活躍しました。今は久しぶりにまとまった雨に為って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1107151
14日フランスのナショナルデーで何か楽しみますか?と言う内容でした。
私は早朝、約50キロ南にあるSELLESで開催される蚤の市に行って来ました。小さな街ですが三時間位見て回りました。アンティークで面白そうなのはロワイヤル時代の椅子で其を購入しました。革にドラゴンが彫って居ますので間違いなくロワールの物です。
後はサンダル1ユーロ、布地5ユーロを買っておしまいです。

水彩画家・長尾周二・旅行記写真1107152
帰って来てからは車に設置するベッドを作りました。ナショナルデーとは関係有りませんが夜は此処の街CHOUZYで恒例の花火大会です。東に満月が登り暗くなり始めると音楽隊先頭に提灯行列です。田舎街での花火大会ですから派手さは有りませんが幾つに為っても一時の楽しみです。花火大会会場の街外れの池にはこんなに人が居たっけと思う位大勢の人が集まります。

写真は今日購入した椅子と花火大会です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真110713
アンティーク家具は勿論ジュエリーに至る迄マダム・フランソワーズさんは詳しく家具に付いては教えて頂き少し判る様に為って来ました。
このシャトーにも素晴らしいアンティーク家具が各部屋に有りますよね。
それ等を見ながら製作年代と特徴を教えて頂きました。

機械工具を使わない家具は本物だと言う事だそうです。
一見するとコピーなのか判らない時が有りますよね。
私が購入した中にもそう言った類似品が有りました。

古いテーブルを買ってマダム・フランソワーズさんに教えて頂いたワックスで磨くととても幸せな気持ちに為りました。200年前のテーブルがとても喜んで居る様です。

写真の様に私の部屋はアンティークショップと成りつつあります。
ランプは八個、、、、ま、眺めて楽しんで居るだけですけど。

ハンドメイドの良さは何時までも変わらず心が和みます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真110710
修理して660ユーロ払った一週間後、イギリス・ロンドンに行って帰る途中再度故障しました。今度はウオータポンプ破損でした。ガレージの重要さを改めて思い知らされた出来事でした。
ウオータポンプ破損の原因はラジエーターキャップが純正でなくマッダとホンダ用のキャンプでサーモスタットが作動せず高圧が係った為にウオーターポンプが破損した様です。
私も永年TOYOTA車を乗って居ましたが考えられない故障でした。そして終に廃車です。
修理して乗ればとも考えましたが二度目のタイミングベルト交換時期も来ていますし、25年前の車でも有りますので買い替えを選びました。
Parisから約70キロ南で動かなく為りました。ま、其処からロワールに辿り着くのも嫌に為るぐらい大変でした。

と言う訳で次の中古車を探す事に為りました。幸い母が残して下さった資金が若干あり、此方で絵が売れたお金を足し何とか手に入れました。

車を探して居るのは友人や知人が知っていて色々アドバイスや販売店を紹介して頂きました。
ブロァの販売店は勿論見て回り価格や車種の研究をしました。
トーマスさんからインターネットの車販売サイトを教えて頂きその方法がリスクも有りますが一番安く手に入るとの事でした。

それから三週間、毎日毎晩サイトとにらめっこ電話したりメールしたりして売主とコンタクトを取りました。また、英語を話せる人は少なく友人に通訳を頼みました。
直ぐ電話しても売れていたり、通訳をお願いしている間にあ10分位経ち一足違いだったりでした。
幸い友人の上森さんが私が電話した直ぐ後に通訳して下さって一番最初のコンタクトと為りました。
しかし売主はParisフランソワーズさん家族は全員ロワールに帰宅中、Parisには居ませんでした。
其処でフランソワーズさん友人でParis在住のマダム・ダニエルさんが売主との交渉を引き受けて頂いて成立しました。

Paris迄電車で向かいメトロに乗り継ぎ約束の駅に着きました。
幸いマダム・ダニエルさんとは何度となくお会いして面識が有りしかも英語が話せるので意志の疎通が出来ました。
その上マダム・ダニエルさんは6500ユーロから5800迄値引き交渉迄して頂きました。

さすがParisのマダム百戦錬磨です。

車選びは皆さんの意見を参考にTOYOTA、ワーゲン、メルセデスの中から選びました。
欧州では中古車も大変高く年式走行距離が有っても同様です。他のメーカーは安い車も有りますが信頼性から止めました。槇さんの例も有りますので。(アウディ、100キロで走行中エンジンストップ、バンドルも利かず死亡事故になる一歩手前だったそうです。勿論エンジン破損、廃車)
フランソワーズさん始め大勢の助けが有り購入出来ました。本当にありがとうございました。
ドキュメントを交換しロワールに帰って来ました。明日、登記と保険契約に行って頂き完了です。

2001年製メルセデスVITO8人乗りです。シートは直ぐ外しますけどね。走行距離264000キロ 価格は5800ユーロです。勿論日本だとタダ同然ですがどっこい欧州ではこの価格だと奪い合いです。インターネットで検索直ぐ電話かメールしないと無くなってしまいます。ですから古い日本車も輸出可能なのです。

日本では高級車ですが欧州では一般的で良く走っています。
ガラスにヒビが入ってたりテールランプもヒビが入っていたり。後ろも横も擦って居ます。後ろのドアのエンブレムも無かったりですが修理すればどって事無いでしょう。10年落ちらしい車です。しかし信頼性からはメルセデスやワーゲン、TOYOTAが此方でも一番です。しかしTOYOTAハイエース・ディゼルも考えましたが価格が同じ位で修理を考えれば現地車を選びました。ま、正直なところインターネットで検索してコンタクトがやっと取れたのがこの車と言うのが現実です。

エンジンや足回りは定評ですよね。パリから帰る200キロで分かった事は後ろのデスクブレーキドラム&パットは直ぐ交換した方が良い感じです。あとはクラッチ点検ですね。タイヤは新品同様、エアコンのガスが無くなりかけて居ます。ガスチャージが必要です。傷や凹みは後回しで先ずはその辺を点検ですね。安くして頂いた分は修理費に回して安心して乗れる様にします。持ち主は定期的にディーラで点検修理していた
様です。勿論禁煙本人のみが利用して居ました。

もっと大きな車やキャンピングカーも考えましたが駐車や入り口で高さ制限が一般的ですので普通車にしました。

此から整備して利用します。ベッドも作り快適な旅が出来ます。一枚でも良い絵を描いて皆様に恩返し出来ればと思っています。
ありがとうございました。

あっ!私は既に日本人では無い考え方かも知れません。日本でこんな車乗ると馬鹿にされますよね。貧乏画家がメルセデスに乗るなんて!

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真1107041
たましん歴史美術館・風景画展出品作品
水彩画家・長尾周二・作品写真1107042
      昨日描いた作品

フランソワーズさんからマドレーヌ教会での展覧会にSHUJIの素晴らしい友人がいらっしゃったと聞いて居ましたが誰だか分かりませんでした。
メールを頂き関口さんだと分かりました。
ありがとうございました。

関口さんのメールでは、「たましんコレクション風景画展」が国立駅前のたましん歴史美術館で6月28日から8月28日まで開催中だそうです。
私が30数年前に描いた油絵の作品も出品されて居るそうです。

興味が有る方はは是非御覧頂けば幸いです。

その作品の写真と昨日描いた作品を送ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二・旅行記写真1107021
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1107022
夕方八時位にロワール川の河川敷に車を停めてブロァの街を見ていたら背後でブオーブオーとバルーンのガスバーナーの音がするでは有りませんか!

堤防を登ると15機のバルーンが飛び立ち始めた処でした。4、5機のバルーンはよく見掛けますが15機となると壮観です。
数万円払えば乗れるそうですが如何でしょうか?

私は高い所が苦手なのでバルーンが飛んで居る風景を描きたいと思っています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
そのサイトでは車以外にも色々な物が掲載されています。
日用品からペット貸家に売り物件、家具に下着まで出ています。
その中でも特に面白かった物をお知らせします。興味が有れば是非ご覧
下さい。
◆馬   600-3000ユーロ
◆ペット海老    価格表示無し
◆古いお店のカウンター  800ユーロ
◆漁船       価格表示無し
◆オムツ 10布     45ユーロ
◆芝刈り(機乗車できます)  500ユーロ      
   
◆中国のそろばん     12ユーロ          
◆個別指導小中学生    12ユーロ          
◆便器       価格表示無し
◆バービ人形       1ユーロ           
◆電動カキ用ナイフ    15ユーロ           
◆新プロフェッショナルまつ毛  110ユーロ         
◆そり             300ユーロ         
◆13キロのブタンガスボンベ  29ユーロ         
◆一時の募集       求人かな?
等々
所変わればですね。
楽しめましたか・・。では又

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
美しいモニュメントや整然と造られた街並みは世界の人々を魅了します。
そんな街でも色々な人々が戦いながら生きて居ます。メトロに乗るとトランペットやアコーディオン、バイオリンにギターと演奏している姿が見られます。
旅行者にとって心地好い音楽演奏も時には騒音にしか聞こえない場合が有ります。早朝から深夜迄並大抵では出来ないと感心させられます。

マドレーヌ教会の入口には何時も物請いが居ます。
其処にも縄張りが有るようで時間によって三人でローティションを組んで居るようです。二人の老婆と一人の老人です。
少々の雨が降ろうが明け渡す気は更々無い様子です。毎日顔を会わして居ると彼女からも挨拶する様に為りました。

そう言う訳ですから泥棒も稼業として成り立って居ます。
旅で訪れたパリの街にも色々な人々が戦いながら生活して居ます。人種も育ちも考え方や思想も違う人々です。

パリの高級ブランドショップでは価格表示が無く価格を尋ねないのがマナーとされる店が在る半面1ユーロを生活の糧にしている人も居ます。

私も1ユーロを生活の糧にしている人の一人ですが、経済と言う魔物に呑まれたら最期何も見えない世界に入って終うのかも知れません。

限られた時間と生活スペースで有る地球の事も忘れないで下さいね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1106212
先日、日本から友人が遊びに来て一緒にアンティークショップに行きました。

一見して価値の有る物だと分かりましたので是非購入したらと何度も薦めたのですがノーと言われて私が購入した物です。18×36センチ位の作品ですが18世紀ナポレオン時代のシルク製品です。勿論手織りで絵を描いて居ます。

マダム・フランソワーズさんは美術大学の先生でも有ります。
見せると大変珍しい物で美術館に展示していても良い位の作品だと解説して頂きました。買った値段は約1万円です。

今までにも手元にお金が無く買えなかった物の中に一、二点惜しい品物が有りました。

そんな時は無理しても買うべきだと今は思っています。

↑このページのトップヘ