水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2015長尾周二放浪記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
長尾周二150811
麦わら帽子を被り陽射しを避けては居ますが暑いのには参ります。30 、40分描いては日陰に逃げます。湿度が低いので日陰は涼しく感じます。
ま、日本のジリジリした暑さに比べれば快適でしょうが陽射しが強いので本当に暑く感じます。車を木陰に停めて其所に避難します。時間が有ってお金に余裕があればブルターニュ地方かピレネー山脈に行きます。確実に4度以上涼しいし、もし暑くても夜は快適に寝られます。

マダムから16日は何処か場所は分かりませんが犬の展覧会が1日だけ有るそうでそれに誘われて居ます。犬であれ何であれ頼まれれば描き上げます。前日15日が飾り付けだそうです。ちょっと離れた場所の様です。

絵の話し
所詮2次元の世界に3次元を表現する訳ですからいわゆる絵空事です。
況してや自然の光の中で描いて居る訳ですから思う通り行く筈が有りません。
どうにも為らない事にチャレンジしているのですから馬鹿と言うしか有りませんね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
長尾周二1508101
小雨は勿論風が強い日でもロワール川に通って居ます。
どう表現すれば風を感じるか!
空間表現出来るか!
空気感を感じるか!
流れる雲や水を表現出来るか!
流れ行く季節感を表現出来るか!
と模索しながら毎日を過ごして居ます。
対岸に車を走らせる事も有りますし館の前で描くこともあります。
パンとチーズたまに魚の缶詰を持って一日を過ごして居ます。今日はマダムがハムとチーズを持たして下さいました。昨夜作ったチャーハンと一緒です。ちょっぴり豪華なランチでした。
長尾周二1508102
帰って来てからメンバーから依頼されていた額縁を完成させました。
絵を描く事と同様に物を作る事は楽しいものです。
私が作って居る額の材料は建築資材の材料を使って作る額縁です。当然額縁専門店の様に完全とは言えませんが制作コストは半分以下です。しかもコーナーに金具を使って居ますから落とした位では壊れません。
日本から持参した工具や目止め用のとのこを使って処理しています。
木工用の工具は日本製が一番です。先日も金具を付ける際に日本から持参したキリを用意した所、フランス人も便利にしていました。アクリル板をカットするのも弟に教えて頂いたカッターの替え刃を使ってカットしました。
巷に溢れて居る中国製の其よりは楽に早くカット出来ました。
材木に塗った塗料もアクリル絵の具の黒を使いました。三度塗りで仕上げました。ボコボコのベニアで釘なんかどうすればこんなに不揃いなのかと思える位アバウトです。そういった面では日本製は間違い有りません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150807
マダムが中国のエージェントと数年前から展覧会を通じて交流をしています。8月5日ParisでARTECのメンバーと会って会合を持ちました。
私も招待作家として出品しています。昨年個人的に出品依頼が有りましたがアソシエーションを通じての出品ならと答えました。
こうした芸術分野に於いても積極的に動いて居るようです。
ま、中国の展覧会に何人か参加した作家の中から行かれるそうですが私はお金もないし皆様にお任せです。
メンバーのリクエストの額縁は木地とパネル迄出来ました。後は塗装してアクリルガラスを入れれば完成です。
フランスで注文すると結構良い値段がしますので安く済ませる為に引き受けました。

本当は毎日外に出て制作したいのが希望です。
今日は額縁制作の後は展覧会のベルニサージュにマダムと一緒に行きます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1508021
写真の作品はテレビ取材中に描いた作品です。

私が寝泊まりしている部屋はロワール川に面している日本だと3階の裏屋根部屋です。その川の横と館の間に国道が通って居ます。館の前はカーブしていて70キロ制限です。
夜明けと共に異様な音で窓を開けるとエンジンが焼けた時の匂いとゴムの焦げ臭い匂いがしました。
下りて国道に出ると写真の様に大型トレーラーと乗用車の正面衝突でした。堤防の上を走って居る国道から乗用車は河畔の道まで約5メートルを転げ落ちて居ました。
一般道路は90キロ制限ですから一般国道と言っても高速道路と同じです。
事故原因は分かりませんが死亡事故でした。
急救隊が脈を取りましたが直ぐに運びだしませんでしたし写真の有り様ですから助かって居ないと思われます。
水彩画家・長尾周二1508022
あまりこの前では事故は起きないとマダムが話して居ましたが大きな事故でした。数年前スペインの友人槙さんが泊まって居るときに飲酒運転の若い女性がポールに当たり堤防の道路から脱輪して動かなく為って居ましたがま、policeの厄介に為って終わりました。
今回は4時間以上通行止めが続きました。
明日は我が身と気を付けて取り組みたいと思って居ます。
写真の朝陽に染まって居るのがマダムの館です。

水彩画家・長尾周二1508023
事故直後の写真


写真の風景が何時も望めますが今日は事故で車が悲惨な状況で転がって居ました。

話は変わりますが昨年私の部屋の上の屋根にある避雷針に雷が落ちてこの石造りの館が揺れました。ま、雷も恐いですね。
シャトーボガールの展覧会が明日で終わりです。ガーデンのフランス庭園の花も今年は暑さのせいか元気が有りません。
ですから今年はロワール川の河畔に通って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150728
今日もロワール河畔に車を停めて制作中です。気温が下がりグレーの雲で覆われ風が強く吹いて居ます。バラパラと小雨も時折降って居ます。幸い私の車はリア ドアを開けると雨避けにもなります。昨日の様などしゃ降りでない限り制作は可能です。昨日も現場に出向いたのですが風雨が強く引き上げました。

Parisの展覧会も毎年何処かで参加したり企画したりでセンターに向かいます。例えばマドレーヌ寺院の展覧会ですと搬入搬出時の駐車場確保が先ず大変で す。マドレーヌ寺院のギャラリーは壁面が約115メートル有りますから30号が50点以上展示可能です。そうすると私の車に作品や備品等々満載で Parisまで200キロ弱の道程を走り向かいます。何より搬入搬出時の駐車場は行って待ってても空きは中々出てきません。しかも駐車料金は高額でチケッ トを買って居なければ即罰金が待って居ます。ですから何時も前日の夜、搬入搬出に一番近い場所を確保します。それから車の中で仮眠です。ギャラリーは期間 中鍵を教会から預かり管理します。
ま、高級ギャラリーで高額なレンタル料金を払わない限り自己責任で行います。搬入が終われば郊外のフリーパーキングに停めて後はメトロを使って通勤です。車生活は慣れていますから快適とは言い難い都会ですが問題は有りません。
ギャラリーオープン前の一時や閉めた後はParisの散策で楽しんで居ます。
プチパレスの様に無料の美術館も有りますから楽しむのに事欠きません。
ベルニサージュのワイン等の買い物も出来るだけ此方で買い求めます。何処の国でも同様に首都は物価が高い為です。お金に余裕が有れば何処でガソリンを入れようが買い物をしょうが問題は有りませんが限られた資金で開催する為に倹約に努めて居ます。

フランス3チャンネルテレビ取材の後金曜日放送されました。マダムの息子さんジョンさんより映像をパソコンにインストロールして頂いて拝見しました。制作中インタビューは確り写って居ました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150725
冬も春も秋も輝いて感じる風景が有りますが私が最も好きな光景が見られるのはこの季節です。水際には黄色い花が一面に咲き青い空と緑の木々が水面に写し出 されゆったりと流れる様は何物にも代えがたい美しさです。先日描いた向日葵畑に行ったのですが花は咲き終わり頭を垂れて居ました。
今はロワール川の河畔で過ごして居ます。
館の直ぐ前が川ですのでガソリンを使って走る事も有りません。
先日の蚤の市で折りたたみ式の椅子を安く買いました。友人の上森さんは車に折りたたみ式の椅子を積んで居て二人で描くときは拝借して居ました。
基本的に立って描きますから椅子は使わないのですが食事をしたり空気を感じたりと時間の経過を楽しむ時は椅子が有ると快適です。
風が吹いて川面の模様が変わったり雲が動いたり、あっ!
川面に動物が居るでは有りませんか!多分、川獺だと思います。
白鳥を初め数々の鳥が見られます。
そんな夢の中の風景で過ごして居ます。

私は64歳です。今までに何度か死んでいてもと言った事が有りました。
幼稚園生の時にブランコの鎖と板をを止めて居るボルトが頭を直撃しました。今も頭蓋骨に陥没した跡が有ります。
2度目は小笠原諸島の父島に写生旅行をした時です。兄島との海峡で魚釣りをしていたのですが磯に突然高波が押し寄せて釣り道具と共に流されました。本当に 死を覚悟しました。其所は漁師と一緒に漁に出て海流の流れが激しい場所だと知って居ました。流されて居て太平洋の水平線を波間で見た時は駄目だと思いまし た。服を着たまま泳ぎ着いた時は呆然として居ました。
3度目はフランスの国道を走って居てトラックを追い越す時です。先に追い越しをかけた車の後を追って追い越しをかけたのですが前の車が直ぐに抜かず対向車 が来てしまいました。当然正面衝突です。国道と言っても制限速度は90キロです。完全に死を意識しました。しかし何故か衝突せず追い越しが出来ました。
何度も思いだしましたが間一髪と言うより生かされて居ることを実感しました。
そうした事も今の行動や皆様の為に働こうと決意した要因です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家.長尾周二1507211
私の趣味で蚤の市を見て回るのが日曜日朝の日課に為って居ます。私が8月末に個展を予定しているSelles・sur・Cherの街に行きました。
蚤の市と個展会場を見る為でも有ります。約300店の出店が有りましたが気に入った品物は有りませんでした。アンティークショップの前にも品物が売られて 居て店内も2度見て回りました。そのレリーフはショーケースの片隅に有ってとても気になって手にしました。価格は安かったのですが手持ち資金も殆んど無く なって居たので帰ろうと街のを通り抜けて居ましたがどうしても気に為って引き返し購入しました。
水彩画家.長尾周二1507212
作品の出来が良かったしオリジナルのレリーフだから手に入れました。
館に帰ってマダムに見せると驚いた様子でレリーフの肖像画はレーニンだと教えて頂きました。1870年スイスから貨物列車に家財一式を積みロシアに帰って行ったそうです。その前にはフランスにも滞在していたそうです。作家のサインも有り間違いないとの事です。
アンティークショップのオーナーは専門外の品物に破格の値段を付けている場合が有ります。今回もそうした品物だと思います。

シャトーボガールの展覧会を手伝って居ますので制作時間が限られます。大好きな向日葵も待ってはくれません。時間が取れれば毎日向日葵畑に行きたいですね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1507193
3チャンネルテレビ取材が有りました。私は制作中インタビューを受けました。
水彩画家・長尾周二1507192
主な内容は、風景画家の私は常に自然と共に在ります。風景の日本とフランスの違いを聞かれてフランスの緑の色が多い事日本の秋はカラフルに色が変わる事等を話しました。そうした自然の中で出会うアニマルを写生する事があると話しました。

展覧会場でパビリオンフラワーと呼ばれて居る花に蝶々が何匹も蜜を吸いに来て居ましたので其を描いて居ました。その写生風景とインタビューでした。
水彩画家・長尾周二1507191
写真は作家にインタビューしているテレビ局のスタッフです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1507131
月に一度ブロァの蚤の市が有ります。全てプロの店です。最近の蚤の市はガレージセールに近い蚤の市が多いのですがこの蚤の市はアンティークショップの店だ けです。ですから良い掘り出し物が時たまに出てきます。プロのショップでも専門外の物は意外と格安で販売して居る時が有ります。
高さ15センチ位の石膏型抜きの彫像です。17世紀に作られた物だと教えて頂きました。
ご覧の様にクオリティが高いアンティークです。
水彩画家・長尾周二1507132
こうしたコレクションに値する物が本当に安く手に入るので止められません。
火曜日は戦勝記念日で又蚤の市が有ります。
夜明けと共に車を走らせます。
インターネットで開催地は調べて居ますので後はカーナビ任せで現地に向かいます。
初めての場所で風景が良くて再度描きに行く場合も有ります。

CHOUZYのARTEC展が終わりました。今回はオランダ、フランス、スペイン、日本、中国の画家約50人の出品者が居ました。そうした中で来場者の人 気投票で3位に入りました。地元作家が上位を独占しますが(友人縁故者の投票)やっとフランスの人々にも認知されたと喜んで居ます。南仏サンレミ・プロバ ンスでヴァン・ゴッホを記念した街を挙げての展覧会に飛び入り参加した際に2名表彰されたその中に入った事が有りました。ブラッシュ市の写生大会でも2等 賞を頂いた事が有りました。
そうした事よりも皆様に認知された事の喜びは何物にも変えられません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1507111
私の部屋は3階の屋根裏部屋です。先ず12段上って通路を抜けドアを開けて螺旋階段を50段上がったら其所に有ります。毎日嫌でも62段の階段を上り下りしている訳です。
健康には大変良い環境だと思って居ます。
窓からロワール川が望めます。
朝日も昇るのが見えるので毎日の様に眺めて居ます。
ココリコの花の季節が終わりロワール川を描いて居ます。窓から望めるのですが車で河畔の気に入った場所で描いて居ます。
特に暑い日は木立に囲まれた日陰に車を停めて尚且つリアドアを開けて日陰を作りその下から制作しています。雨の日や雪の日も同様で少々の雨はゝって事有りません。
強風や激しい雨の場合は車の中で描きますが基本的に大気に触れ香りや風を感じながら描いて居ます。
向日葵の季節ですから何枚かは描きたいですね。
水彩画家・長尾周二1507112

↑このページのトップヘ