水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2015長尾周二放浪記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150708
今日は朝8時にロワールからParisに向かいました。とても過ごしやすい日でほっとしました。
何時もの様に郊外に駐車してメトロでセンターに向かいます。
地下鉄に乗って居ても多種多様の人種が乗り合わせて居て飽きる事が有りません。
バカンスシーズンで観光客も多く見られました。
ルーブル美術館前で時間調整の為に待って居たのですが色々な国の言葉が飛びかって居ました。

先日CHUZYの展覧会会場でモデルに為って下さった女学生を描きました。金曜日にも再度モデルに為って頂く約束をしました。
人物画もモデルを前にして描くと色々な事が発見出来て楽しいのですが如何せん枚数が足りないので思う様に描けません。
こうして機会有る毎にチャレンジしています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・6
フランスの良い処はこんな田舎の村でもコレクターが居て良い作品には直ぐ反応するところです。冷やかしも含め色々な質問が来ます。
そうした一般大衆が文化を支えて居ると思います。
5歳位の子供でも作品に付いて質問をして来ます。
学校で美術教育がなされて居ませんが課外活動や両親から見学するマナーも含めい小さな子供頃から育まれて居ます。
日本も戦前にはそうした日本文化を継承するたしなみが有りました。所謂道がついた習い事や修行です。
床の間には掛け軸を季節に掛け替えたり季節の花を生けたりしていました。柔道剣道も同様です。
そうした文化の継承こそがその国のアイデンティティーを育むと思います。

四国香川県の伝統工芸品に鍛金による急須が有ります。しかしその後継者も販路も先細りです。こうした伝統技術は金銭には変えられない文化だと思います。

残念ながらそうした事さえ経済経済のかけ声で消えて行く運命に有ります。

そうした地道な活動を大切にする事が未来に繋がると考えて居ます。地球の裏側に居て感じます。

下の写真はARTEC展覧会とアートシップインターナショナルメンバーの出品作品です。
水彩画家・長尾周二1507068


ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・1

ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・2

ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・3

ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・4

ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・5

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1506302
Paris迄約200キロ、何度となく往復しています。朝、早朝6時に出発すると9時にはParisセンターに到着です。途中のパーキングでトイレ休憩を取ります。
当然1日仕事で帰りも遅く為る事が多いです。
車中泊で何日間か滞在する事も有ります。
花の都Parisですが私はさほど興味が有りませんが美術館やギャラリーは出来るだけ回る様にしています。今回の様に展覧会で来るのが主な理由です。

時間が有って車のドアの物入れを整理していたらヨーロッパ各地の気に入った場所のパンフレットが出て来ました。
ポルトガル、ポルト スペイン、ロンダ イタリア、アッシジ ドイツ、デンケンスビュ フランス、カルカッソンヌ等々です。
中にオランダでヨットをスケッチした冊子が出てきたりと私のちょっとした宝物を覗いた気分に為りました。殆どは又行きたい場所です。
出会った友人や知人の事も思い出して旅をしている気分に為りました。

イタリアの富豪フランチェスカさんはどうしているかな?とかドイツのワーナーさんは元気かなスペインのロシア人画家アナトリーさんとか色々な人の事を思い巡らしました。
明日はCHOUZYの展覧会搬入です。
忙しさは相変わらずです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家.長尾周二150627
長年野外写生をしていると日本人に日本人と思えない位真っ黒です。(インドとか東南アジア系と言われます。)
湿度が高くないので日陰だとさほど暑く感じ無いのですが直射日光を浴びると射すように感じる位です。

私は強い光が大好きで光輝く大自然をモチーフに描いて居ます。お陰て眼は大分弱って居るようです。
どうしても仕上げ近く為るとサングラスを取り肉眼で見るからです。

畑の中から見ているとあっちも此方も絵に為るのでついつい同じ場所に通ってしまいます。

明日も精一杯絵筆を持って描きますか!

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150624
体力気力健康で無ければ絵も描けませんね。何時も前面にファイトを出し戦って居ますが自分の作品だけは思うように描けません。
才能等これっぽっちも持ち合わせて居ない私は絵筆を持って描くしか能が有りません。若い頃は自分の仕事に満足して居ましたが今と為れば滑稽です。
時間が無いと言いながら通って居ますが季節の移り変わりは早いですね。
シャトーボガールの農園は真っ赤なジュウタンから黄金色に近い印象でココリコも咲いている場所が限られてオレンジ色に近いです。今日も描きましたが今年もココリコの制作は終わりに近づいた様です。
最近は自分の作品の展覧会にも余り興味を持たず其れより絵筆を持って野外に立つ事に意義が有ると思って居ます。
当然生活の為に収入を得るため展覧会は大切です。

車検は無事終わりました。フランスの車検も以前と比べると厳しくなって来ました。そうした事も時代の流れでしょうね。
明日もパンとリンゴを持って写生に励みます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150621
車検で指摘された箇所の修理で二日間、車がガレージで修理です。今年、此方に帰って来てから初めてのんびりしました。
とは言っても制作準備は怠りません。新しいパネルは作らない様にしていますので8枚作品をパネルから剥がして新しい水彩紙を張りました。(30号を中心に)
後は部屋の片付けやパソコンで音楽を聴いたりして楽しんで居ました。
身体も勿論疲れて果てて居ましたから良い休養に為りました。
日本を外から見ていると色々な矛盾や人々の生き方さえも問題を感じたりします。こうしてフランスに滞在して絵を描いてる事もそうした心に感じる事がそうさせて居るのかも知れません。
訳の分からない権威や格付け、ステータスが服を着て歩いて居るような国。ま、好きにして下さいと言うしか有りません。
特に拝金主義でその事が幸せと勘違いしている御仁。ポルトガルはヨーロッパの中では貧しい国ですが私は一番好きな国の1つです。とても人間的で所謂差別も無くて皆さんに親切に接して下さいます。そうです、昔の日本人の様な懐かしい感じさえします。
旅をしているヨーロッパの人々も口を揃えてポルトガルが良いと言います。
私達アーティストはそうした人間的な悩みや苦しみ美しさや感動を表現しています。心の問題を解く為に戦って言ったら分かりやすいでしょうね。
明日から野に出てその命題に答えを求めて自分との戦いに挑みます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1506173
初日会場に居ました。こう言う時間が一番疲れます。昨日はParis郊外メトロの始発駅近くに車を停めて車の中で泊まりました。

同じ車で泊まるのでも大自然の中だと小鳥の囀ずり声で目覚める方がどれ程素晴らしいかお分かりでしょうか。寝る際も星空を見つめたままだと直ぐ寝られます。
都会の朝は車の音で目覚めます。寝る際も疲れて寝るのが精一杯です。
駐車料金が係らないフリーパーキングは中々有りませんから自然と郊外に為ります。
Parisは展覧会で来るか知人と会うかです。
車上生活が長いと居心地の良い場所を探します。先ず制作したくなる場所、その近くが一番です。
水彩画家・長尾周二1506183
フランソワーズ イカールさんは今日ラジオ放送で日本文化会館での展覧会の事を紹介して下さいました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150616
明日からParis日本文化会館での展覧会が始まります。早朝5時起きで準備し6時にロワールを出発搬入をしました。
搬入を終わりマドレーヌ寺院のギャラリーを見て日動ギャラリーやギャラリーためながが有るギャラリー街を散策しセーヌ河畔に来ました。相変わらず高原に居る様な爽やかな風が吹いてとても過ごしやすい天気です。
本当はロワールのココリコ畑に居て制作に没頭したいのですがそうは行かないのが現状です。
ですから可能な限り雨でも雪でも野外にイーゼルを立てて制作する事にしています。
カルチェラタンのギャラリー街も見て歩きました。月曜日ですから閉まって居るギャラリーも有りましたが作家やギャラリスと話を交わし楽しんで来ました。アートの世界も現代は混沌とした状況ですから尚更自分を信じ我が道を行く事が大切だと思います。
私は青年期にトヨタ自工系列(現東北トヨタ)でデザインをしていましたから尚更感性や思い等々人間が感じる感情を如何に表現するかと言う命題にチャレンジしています。
話は変わりますが、フランスも経済が良くないのでタックスが上がったり日本から送った作品や画材にも数年前から係るように為りました。フランス人が段々住みにくく為って来たと言う位ですから私の様な異邦人は尚更です。
今年は車検で例年より厳しくなって修理箇所が増えました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150611
車検で指摘された箇所の見積もりでディラーのガレージに車を預けて居ます。約束の時間迄2時間有るのでロワール川に散歩に来ました。さほど川幅は有りませんが(700メートル位)数件建物が見える位で大自然のままです。
青空も東の空に少し見えますが一面グレーの雲に覆われていて肌寒い風が吹いて居ます。
穏やかな流れの川面には数々の鳥たちが羽を休めたり空を舞ったりしています。私の部屋から同様にロワール川が望め、朝日はロワール川に昇ります。

キラキラと輝く川面を眺め一時を楽しんでいます。

私はヨーロッパに車を送り放浪の旅を始めて9年目です。各国に友人が居て泊めて頂いたりして親好を深めて居ます。しかし、私の語学力は全く改善するどころか名前さえ覚えられないていたらくです。
ま、フランス語もドイツ、イギリス、イタリア、スペイン、ポルトガル等々言葉は挨拶位はと言った感じです。
情けない限りですがそれでも私の個性に合って居るのか続いて居ます。
ま、何とか為るさのアホさ加減がそうさせて居るのでしょう。
その分、勘が良くて前に進んで居ると思います。
特に人物を見抜く能力は有ると自負して居ます。

余り良くない人物には関わらないのが一番です。
そんなスタンスで海外生活を楽しんでいます。

今日も昨日描き始めた80号を昼から仕上げます。

ロワール河畔からブログの更新です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150608
先日前々日と33度32度と真夏日でしたシャトーボガールの農園は菜の花畑がご覧の様なココリコ(ポピー)畑に入れ替わり黄色いジュータンから赤いジュータンに替わりました。
友人の上森さんと競う様に作品を制作しています。こんなに素晴らしい風景を見て描かない画家は居ませんよね。と話ながら昼食を共にし、制作に励んで居ます。
ドイツに旅立つ前に80号を二枚描き上げました。帰って来てから小品五枚描いた後再度80号二枚描き上げました。
昨年描いた場所にも同様にココリコ畑が出現していますので其所にも描きに行く約束をしています。
描かないと前に進めませんし描いても納得出来る作品が仕上がる訳では無いし、昨日は疲れて車の中で夕方迄寝てしまいました。勿論仕上がらなくて今日、再度 80号を仕上げに行って来ました。帰って又、80号を水張りして制作に備えました。このフランス・ロワール地方の素晴らしい風景の中で制作出来る喜びは何 物にも代えがたい喜びです。

↑このページのトップヘ