水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

2015長尾周二放浪記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1503221
ご覧の様に80号パネル4枚繋げた作品を製作中です。
三重県四日市から川を遡ったのですが砂防ダムが至るところに有って絵に為りません。今度は鈴鹿市から山に入り、制作したくなる渓流を探しやっと見つけました。香川県も同様で山深い川にも人口物で美しい渓流が見付かりません。
余り必要と感じない場所でも此でもかと言う位コンクリートで固めて居ます。
そんな現場を見ると気分が乗りませんが其に負けず準備です。
渓流に車から材料を運びます。
そして80号を2枚繋げ又2枚、そして4枚繋げて棒で支えます。
弟から借りたインパクトが大活躍です。
水彩画家・長尾周二1503222
マダムもフランスに帰り、天気予報が最高で展覧会場から車を飛ばし目的地を目指しました。  
鈴鹿山脈です。
大自然の中での野宿、私は大好きです。多分普通の方は恐くて泊まれないかも知れませんね。灯りが全く見えず携帯電話も繋がらない場所です。
昼はカツカレーの弁当で夜は豆腐と鯖の缶詰、あとリンゴです。何時もでしたら一週間分の食糧を積んで山籠りですが今回は2泊3日で小さな美術館かじたの展覧会場に戻ります。(お客様申し訳ございません。)ですから明日の食糧でおしまいです。
構図を頭の中でイメージして当たりを付けながら筆を走らせます。
現場で描く時でも絵作りは大切です。大作は其を間違うと大変です。
明日は取り合えず仕上げて帰ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150312
名古屋、小さな美術館かじたの準備で大忙しです。フランスから送られて来た作品を額装したりパネルに貼ったりとこの二日間朝から暗くなる迄作業を続けて居ます。昨日は雪が舞う中で本当に体が冷えて朝起きたら頭痛がしていました。 しかしそんな事に負けては居られません。
8時過ぎからパネルに作品を貼り午後からは80号のパネル4枚製作に取り掛かりました。3枚で今日の作業は終わり明日出来上がり次第名古屋に向かいます。夕方6時半に作業を終わり近くに在るぽかぽか温泉に入って冷えた体を温めて来ました。

一般社団法人アートシップインターナショナルを立ち上げて各地でアーティストから問い合わせや活動を一緒にしたいと話が有りました。未だ個人的な関係だけでの話しですが反響の大きさに大変喜んで居ます。
と同時に日本国内のみならず世界に挑戦したいアーティストが大勢いらっしゃる事に頼もしく思って居ます。
このアートシップインターナショナルはそうしたアーティストの応援をすると同時に世界のアーティストとの交流を通じて親睦を図る事を目的にしています。
その上で世界に通じる日本人アーティストが生まれて来ると信じて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150305
私がフランス、ロワール地方に在る世界遺産のシャトーボガールで企画展を開催した際にオープニングパーティーにバョリンを抱えて駆けつけて下さいました。 彼の演奏で盛り上がった事は言うまでも有りません。英国は勿論日本でもアーティストとして活躍してる様子、大変嬉しく思って居ます。彼のアーティスト名は Masa−kunです。演奏をお聞きに為った方もいらっしゃると思います。
フランスに来られた際にマダムの館に泊まりその際にマダムからプレゼントされたワインの味は一生涯忘れないと話して居ました。数十人居たフランス人から歓 声が上がった代物で当時フランスでも一本数十万円すると言われて居たヴィンテージ物でした。其くらい彼のアーティストとしての才能は溢れて居ます。その彼 と東京で再会出来て話しに花が咲きました。懐かしい友人の一人でした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150304
昨日は外務省、小林司法書士事務所、阿佐ヶ谷美術専門学校にお伺いしました。一般社団法人を立ち上げましたので色々な方のご支援や協力を得る事も大切な事です。
そうした中で阿佐ヶ谷美術専門学校の理事長三輪さんの話で日本人画家とヨーロッパ画家の大きな相違点は詩や音楽を感じる作品が日本人画家の作品には少ないと仰有って居ました。躍動感や感情表現が画面から溢れ出ているかどうかだそうです。
私はその話しで技術的なテクニックは中国、ロシアと同等以上で何故日本人画家の評価が低いのかと言う問題の本質の一旦を垣間見た気がします。
勿論、オリジナリティが有ってその上の話しです。
たかが平面作品ですが奥はとても深い仕事だと常々考えさせられて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
2月27日発売、男の隠れ家に記事が掲載されました。早速書店に行ったのですが高松は1日遅れの28日発売でした。
巻末に近いページに掲載されて居ますのでご覧下さい。
水彩画家・長尾周二1502281
今日は齒ART美術館の近くから五剣山の裾野に登る道が有ります。昼食を二人で取った後、山歩きを為りました。標高は375メートルですがそこは今、登山 禁止に為って居ますので西側の366、09メートルの山頂に立ちました。
水彩画家・長尾周二1502282
私が高校生の時に今は登山禁止に為って居る峯の山頂から写生をした事が有ります。 岩山で険しく西側の峯でも鉄梯子を二度登りロープを使って登らないと山頂にはたどり着けない山です。讃岐の山の中では最も危険で険しいと言われて居ます。 当然見晴らしが良くて別世界の風景が望めました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1502221
高松の齒ART美術館で開催中の展覧会で4回テレビ放送が有った事などで何人かの懐かしい友人から連絡が有りました。
お会いしたり約束をしたりで大変懐かしく思いだしたりして居ます。

50号の渓流を描いた後は海の風景と車を走らせて居ます。
大串半島からの五剣山は大好きな風景です。先日夕陽を描きに行って6号3枚仕上げました。刻々と変わり行く色彩や空気感がとても美しく楽しんで描けた風景でした。
水彩画家・長尾周二1502222
毎日、描く事で見えて来る事やイメージや構成が湧いてきます。特にParis日本文化会館出品作品の構想を練って居ますが現場で写生する事で一歩一歩進んで居ます。
しかし何年描いても描けば描く程、難しく困ったモノです。技術に頼ればつまらなく為ったりイメージが湧かなく為ったりで最近は出来るだけ思いのまま絵筆を走らせる様にしています。画面から感じる感動が其のままに表現出来ればと無心に描いて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1502201
貴峯山(223メートル)に登りました。ご覧の桜が咲き始めて居ました。
河津桜の一種でしょうね。
水彩画家・長尾周二1502202
大見富士とも呼ばれて居ます。標高はさほど有りませんが 傾斜が急で大変でした。山頂から望める風景は瀬戸内海と讃岐平野が見えて絶景でした。地元の農家の方から情報を頂きそれも楽しい事でした。

上の絵は齒ART美術館のビーチから描いた風景です。潮の香りを楽しみながら本当に楽しく描きました。
自分が描きたい風景を楽しみながら描く事程楽しい事は有りません。
出来映えは良くないかも知れませんがとても楽しかったです。
しかし、風は冷たく長時間の写生には少し堪えました。
今日は大串半島に行きました。風が強くて車の中での写生と為りました。小豆島を望んだ風景を描きました。刻々と代わり行く色彩や空気感が楽しめました。
明日はどちらに向かいますか?

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1502161
先週は標高304メートルの鶴羽山を登りました。津田の松原が北西に望めました。その峯続きの山も登りました。
昨日は徳島県鳴門にある大麻山を登りました。大麻比古神社の御神体で山頂にも社が有りました。標高538メートルの山ですが殆んど石段で山頂の社迄続いて居ます。由緒有る神社の奥峯神社です。
水彩画家・長尾周二1502162
弟が登る山を選んで一緒に登るのですが遠くから眺めていて威厳や風格がある山の山頂には神社の社が有ります。山岳信仰や行者が修行した跡が見られます。
時に山岳地は過疎地で氏子が居なくなり山頂の社の管理さえ出来なく為って居る様を目撃する事が有ります。
登山道さえ何処なのか分からない位の山も有りました。古の人々が奉った跡は土台だけだったりします。
そうした場所からの風景も素晴らしい時が有ります。再度画材を持って制作に来た事も度々です。
作品は渓流です、フランスでの発表作品を制作しています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1502101
友人アンティークシップオーナーの紹介で先ず岡崎市美術館学芸員の村松さんとお会いしました。又岡崎市のTHE BLUE BOXギャラリー太田さん等、約20人とお会いしました。
次の日に宮嶋さんが豊川市を案内して頂き桜ヶ丘ミュージアムの学芸員森田さん等をを紹介して頂きました。豊川市で開催中の企画展を豊川稲荷神社等の展示会 場を4ヶ所巡りました。旧銀行や使われていない元クリーニング店を使って現代アートの展示を拝見しました。地域に密着したアート作品のイベントに感動的で した。
水彩画家・長尾周二1502102
高松市の歯ART美術館の企画展案内は昨日4度目のテレビ放送が有りました。
写真は蒲郡市のミカン畑からの風景です。
各地に素敵な風景が待って居ます。
機会ある毎に立ち寄って描きたいですね。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150206
深夜バスで新宿から四国高松に向かって又、その帰り道です。何故かと言うと一般社団法人アートシップインターナショナルの登記に向けて高松市の公証人役場 での手続きを終わって登記を東京の司法書士事務所にお願いする為です。6日に登記予定です。

此で昨年立ち上げた任意団体から法人化出来る事と為りました。 香川県高松市の歯ART美術館と名古屋市の小さな美術館かじたの企画展に於いて外務省から後援頂いた裏付けとしての法人化ができます。そうした理由でパリ に向かう時間と同じ約12時間の往復と為りました。

ま、お金がないのも確かな理由ですが。
何故一般社団法人アートシップインターナショナルを設立したかと言う経緯は登記が終わってから話しますが海外活動に於いて個人では限界が有ると痛切に感じたからです。
設立に際しメンバーや協力頂いた皆様に心より感謝申し上げます。

東京多摩の駐車場に停めて居る車で高松に帰れば又制作に励めます。
と言っても3月14から二週間名古屋市小さな美術館かじたの展覧会が控えて居ますからの んびりと言う訳には行きません。その後福岡のギャラリストにフランス作家と日本作家の作品を預けてフランスに向かいます。

フランスでも私の個展も含め毎月の様に展覧会が企画されています。

↑このページのトップヘ