水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

2016長尾周二放浪記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1602111
先ずロルジュ展にお伺いして柴沼淳子さんと夕方まで会場でご一緒しました。
ロルジュの作品はコレクターのコレクション展で大変素晴らしい展覧会でした。

水彩画家・長尾周二1602112
夕方6時過ぎからモンパルナス近くのギャラリーのオープニングパーティーに行きました。高松歯ART美術館のや名古屋の小さな美術館かじたの展覧会に出品していたアーティストの展覧会です。
こうした交流からより良い関係が生まれて来ます。
出来る限りそうしたパーティーには参加しています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160209
横浜港よりワンボッスカーをロンドンに送り欧州の旅を始めて10年目に為ります。
こうして友人宅にお世話に為ってからも6年が経ちました。
そうした友人や知人がヨーロッパ各国に出来て今の活動に繋がって居ます。
本当にこの間幸運に恵まれて居て自分でも信じられない位です。
昨日、
ロルジュ友の会会長である柴沼淳子さん宅で6時間話をしていましたがマダムとの出会いも奇跡的だしその後芸術活動を一緒に出来るとは夢夢思っても居ませんでした。
此所ロワール地方でも何人か世界遺産群の城主と親しくして頂いたり作品をコレクションして頂いて居ます。
柴沼淳子さんが貴方は不思議な人ですねと仰って居ましたが自分でも語学も出来ないしこうして友人知人が増えて何時の間にか活動が形に為って居る事にまるで夢の中に居るようです。
日本での活動にも弾みが付いて来た様で新たな企画が進みそうです。
住む家もないしお金も有りませんがとても幸せな生活を送れて居て本当に感謝しています。
この幸せを皆さんにも分かち合いたい気持ちで一杯です。
ナポレオンもこの暖炉で寛いで居たのかも知れませんね。この館はナポレオンも泊まった事が有るそうです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160207
昨日まで毎日シトシトと雨が降る日々が続いて居たそうです。ロワール川も水位が高く滔々と流れて居ます。
今年のロワール地方は例年よりアーモンドの花が2ヶ月程早く咲き始め今が盛りの木も有りました。マダムの庭に有るプラムの花も咲き始め例年より1ヶ月早い開花だそうです。写真の様に快晴で春の陽気でコートが要らない1日でした。
スケッチブックを持参していれば間違いなく写生して居たと思います。
日本の海や山の美しさも感動的ですがフランスの田舎も心トキメキ制作意欲が湧いて来ます。
未だ車に制作道具は積んで居ませんので残念ながら眺めて堪能するしか有りませんでした。
アーモンドの花は大木に為ると一見桜の花が咲いて居る様に見えます。数日間滞在ですが描きに行きたいですね。

Parisテロの後遺症が有るのではと少しは心配していましたが入国審査や街の様子も全く変わり無く感じました。飛行機の搭乗員に尋ねたら観光客が10%位減ったと話して居ましたが変わって居るのは其れ位ですね。
マダムも観光客は少し時間が経てば帰って来ますよと仰って居ました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160204
昨日20時55分高松中央インター発の深夜バスで旅立ち東京新宿7時23分着でした。乗客は殆ど学生の様に思われました。
新宿から京王腺で多磨霊園に向かい運転免許証センターで国際免許証の書き換えをしました。その後、府中に有る相田化学工業の方とParisマドレーヌ寺院展覧会の打ち合わせです。
立川のビジネスホテルに1泊早朝羽田に向かい11時20分発でParisに向かいます。
主な目的は80号の作品を取りに行く事です。
15日成田空港着で帰国、その足で銀座古径(額縁店)に作品を届けます。
その夜6時20分発の夜行バスで島根県松江市に向かいます。松江市で1泊した後に安来市に向かいます。18日午後安来市市長とメンバーの山崎さんと共に表敬訪問の予定です。前日も関係者とお会いします。
息子から電話で新幹線や飛行機を使って身体を労ってと言って頂きましたがアソシエーションにはお金が有りませんので全てに倹約するしか有りません。
只、私達のアソシエーションの活動に行政が関わって行事が進み始めました。
フランスでも地方行政の支援で行ったイベントは広がりがありとても有意義でした。
日本でもそうした形が出来ればと願って居ます。
硬直した既成団体や画商ではなし得ない日本人作家を世界にと言う事は先ず無理です。
地方行政と共に進める事でこうした新しい形が可能だと思って居ます。
民間団体だからこそ可能なジョイントが有ります。
私が欧州に旅立ち10年目に為ります。各国で数々と出会った人々やアソシエーションとの交流を通じてなし得る事が有ると確信しています。
日本の中で既成団体の中ででは世界に認められる事には為りません。
世界で発表し一歩一歩進む事が肝要だと思います。
そうした一つ一つを確実に前に進める為に活動して居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160131
昨年高松市に帰って来て三木町町長を表敬訪問しました。その際に作品寄贈の話が有り承諾しました。
フランスに帰ってから作品を日本に送ろうと思って居たら3月1日庁舎横に建設中の建物が竣工しセレモニーが有るそうです。
作品はフランスに有ります。間に合わないとまずい事に為ります。
昨夜の内に飛行機の予約を入れてフランスの友人やマダムに日本に作品を送らなくて良いと連絡を取りました。
額縁製作も間に合うように準備を進めて頂く様に手配しました。
そして町長にその旨伝えました。後は町長室に掛かって居る日本画家岸本聖四朗先生の作品や同窓会の話し等で盛り上がりました。
岸本聖四朗先生は私が高校生の時教えて頂いた画家です。
木田郡三木町は私が子供の頃に育った故郷です。
讃岐山脈の山麓に屋敷が有って片道四キロの通学路を歩いて通いました。後高松市内に移り住みましたが懐かしい風景が有ります。

2月5日羽田空港発14日成田空港着で作品を持ち帰ります。
予定していた事もキャンセルし申し訳ございません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160126
東にゴルフ場が有る半島が見え、北に小豆島、西には五剣山が有る庵治半島が一望に出来る瀬戸内海国立公園の景勝地です。朝から夕方迄眺めて過ごすのには最適な場所です。
しかしこのような国立公園の中に讃岐テアトロンや宿泊施設、陶芸窯や釣り施設、ワイナリー等行政が机の上で画いた夢の跡が殆ど使われないで放置去れていま す。しかも文化遺産の狼煙場を高台に有った場所を200メートル程海側に移設。高台のその場所は宿泊施設を造りましたが今は閉鎖。文化遺産の狼煙場を元の 場所から移動、しかもその施設は源泉を2つ持つ温泉付です。
今日もそのテアトロン越しに五剣山を描きました。
何度来ても大きな税金の無駄遣いを感じます。誰の為の施設でしょうか?
こうした無駄な施設は日本中で見られます。
しかしこの大自然は何物も代えがたい美しさです。
イギリスの自然に対する理念も少しは学んで頂きたいと思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160125
香川県高松市鬼無町に有る勝賀城跡に行って来ました。1221年築城1585年に廃城と為った中世の山城跡です。廃城に為ったのは秀吉の四国征伐だそうです。標高364メートルの山頂に有り土塁や井戸が残って居ます。
弟の案内で是非とも此所からの風景を見せたいとの事でした。日曜日10年振りの寒波が来た日で流石に空気は冷たい1日でした。
瀬戸内海や高松市街地も望め絶景でした。讃岐山脈方面は雪の為に望めませんでした。
今日の山登りは体調も良くなかった事も有って何度か長い休息を取り何とか登り切りました。
途中で出会ったハイカーに運動不足だと駄目出しされて負けず嫌いの私は最後まで諦めず登りました。
最近でも標高差1000メートル前後の登山はしていますから登れない事は有りませんが何せこの城跡の登りは登山ルートで急な坂ばかりで心肺機能が次いて来なく休み休みでした。
ま、間違いなく運動不足です。
雪も舞い出した山を後にしました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1601232
高松市から讃岐山脈を目指して193号線を走ると溜め池の横に明らかに古墳と思われた小高い山が有りました。山頂迄登り確信して散歩していた地元の方にお伺いした処、昨年迄徳島大学の古墳調査団が入っていたそうで石棺も出土したそうです。
弟と山登りをした徳島県の大麻山や高越山も神話の由来が有る神社が有りました。大麻山は山が御神体で拝殿は麓に有ります。そうした私達の歴史を知ることが日本の風景を描く事に役に立つと思って居ます。
もう少し走った所に竜満池が有ってその北に川東八幡神社がありその奥に油山152メートルがありその山頂にも登りました。その昔、山から油が出て居たと伝承が有ります。近くには古墳も有るそうですが私はこの山も必ず古墳だと思います。
讃岐平野を見渡せしかも油が出て居たと伝承が有る地に古の長が葬られ無い訳が無いと思います。
ま、そんな古の想いを廻らせて製作を続けて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160121
四国高松にも雪が舞って居ます。
最高気温が10度以下と言う日々が続く様です。

世界のニュースは既に第三次世界大戦が始まって居ると解説する方も居ます。世界各地でテロが多発しています。
何故こうした馬鹿げた事が世界各地で起こるのでしょうか。
アナーキスト?宗教?人間の欲望?経済、経済と叫ぶ輩が起こした顛末でしょうか?
僅かなパンと絵筆が有れば幸せを感じて生きて行ける私は所謂変わり者かも知れません。
ローマ遺跡の立派なお墓や古墳に埋葬された高貴な人でも亡くなってしまえば同じで土に帰るだけです。何故他人より良い車に乗りたがるのでしょうか?何故大きな屋敷に住みたがるのでしょうか?
トヨタ系列のデザイナーを辞めた時にそうした成功を望む事は止めました。
色々な事が有りましたが何を残せるかを考えた結果一枚の紙と絵筆で夢を描く事にしました。
寒い日も正月も機会有る毎に制作に励んでいます。
只、アソシエーションを設立した以上この理念に沿って戦って居ます。世界が騒がしく為れば為る程、私達の出番です。今年もフランスやイタリアでメンバーのそうした想いを載せた展覧会を続ける事が人々の幸せに繋がると思います。
東日本大震災3・11の後フランス・ブラッシュ市で市長後援のチャリティー展覧会を開催した際の事です。私がNHK地球ラジオ・デレクターから依頼されレ ポートを毎週放送局に送って居た関係で渋谷放送センターの担当者に相談した際、非常時画家は静かにして下さい。とメールが来ました。メールは消さず今でも 取って居ます。日本赤十字は日本政府の指示が無いと動けない。東京のロータリークラブも同様です。
結局ARTCの会長フランソワーズさんにARTECの口座を使って何とかチャリティー展覧会が開催出来ました。(寄付先が決まってなければフランスでは寄 付行為で出来ません。)日本赤十字は5月迄日本の総理大臣が受け取りを拒否していた為に世界中の日本人が寄付した義援金がその間、日本の同胞に渡りません でした。阪神淡路大震災の際も自衛隊出動を止めて人命が喪われました。
何故なのでしょうか?そうした非常時こそ各自が祖国(人々の為)為にどうすれば良いか考えて行動すべきだと思います。
今も金、金、金、廃棄した食品を転売オレオレ詐欺と何ら変わりません。
そうした保身や無作為が及ぼす不利益を何と心得て居るのか残念でありません。寒い日が続くと行動も鈍く為ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
高越寺、高越神社標高1122メートルに行って来ました。
徳島県穴吹町近くの山で吉野川沿いに有る山です。
車で駐車場迄登りますが近くには船窪高原オンツツジ群落が有ります。
何故この山に登ったかと言うと20年前に登った事があってその記憶で一緒に行って見ないかと話が纏まり向かいました。
水彩画家・長尾周二1601172
写真のオンツツジ群落をご覧下さい。私もオンツツジが咲いて居る季節には来た事が有りませんが嘸や見事な風景だと思われます。九州霧島のツツジ群落は咲いて居るのを見た事が有りますが勝るとも劣らないと思います。是非とも咲いて居る風景を描きたいと思って居ます。
標高1122メートルの山頂近くにある寺院と神社ですが車で行けない時代に造られた事を考えると凄いと感じました。
水彩画家・長尾周二1601171
本当にご覧の様に神仏が宿ると思える場所の伽藍です。写真は山門です。

↑このページのトップヘ