水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
・展覧会情報



水彩画家・長尾周二1807242
KOKORO JAPON展(Part.1)
 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)

水彩画家・長尾周二1807243
KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2017長尾周二放浪記(国内・ヨーロッパ)

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二171229
そのアトリエは私が生まれた香川県三木町に在りました。農家のオーナーが作家活動に理解がある方で納屋を改造してアトリエにした
ものです。南側には讃岐山脈が望め制作や子供の教室で使うのには最適な環境です。
そのアトリエにお伺いしてお話をお聞きしました。
御主人がフランス人で国際交流にも意欲が有ると話されて居ました。鮮やかな色彩を自由に操りモーリエール瞳さんの世界に思わず引き
込まれ生命の誕生と喜びを情熱的に表現したその作品に感動です。
未だお子さまが小さいので思う存分活動が出来て居ないと話されて居ましたが溢れる制作意欲を溜めて創作に挑まれる姿を感じました。
フランスでの活動も楽しみにして居ます。

日本各地にこうして自分との戦いに望み文化の為に手助け去れて居る方がいらっしゃる事に希望と未来が拓けると確信してアトリエを後にしました。

私の軽トラには彼女の作品と共に旅をして愛知県安城市の展覧会に望みます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1712231
50年以上会って居なかった友人知人が来て頂いたり欧州旅立ち前に作品を購入して頂いた方と再会したりと思いもして居なかった出来事が有りました。
十年一昔と言いますが本当に浦島太郎に為った様でした。
故郷は思い出が詰まった旅行鞄の様です。其処に風景だけでなく青年時の友人知人が登場するのですから感慨も深い物が有りました。
美しい瀬戸の風景を描くだけで無くそうした思い出も表現出来ればと制作に思いを馳せて居ます。
水彩画家・長尾周二1712232
定年を迎えて水彩画教室に通っていらっしゃる方が意外にも多くいらっしゃって居ます。教室では技術指導が盛んなようでそうした話が良く出ました。当然私の作品をご覧に為って今まで見たことが無い作風だと話されます。オリジナリティーは作品に取っては命とも言えるものですから其れが無いとゝにも為りません。しかし、日本では技術指導が主流ですから教室での作品は同じ様な作風が並びます。質問も技術的な質問が多く見られました。楽しんで描くには最低限の技術が有れば後は無心に筆を動かす事が肝要だとお思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1712201
先日、香川県で日仏文化交流をなさって居る方がフランスの新聞記事を訳して持って来て頂きました。同じ記事を国立香川大学でフランス語を教えていらっしゃるフラン
ス人が解説を交え翻訳して頂きました。その新聞記事はシャトーボガールで企画して頂いた時の記事です。
内容は大体理解はしていましたがその文書がまるで文学の一ページの様な格調高い表現力で書かれている事を教えて頂き感嘆しました。
勿論私が伝えたかった事は的確に表現しているだけで無く彼の鑑識眼の確かさその文章の格調高い表現は既に文学と言える域の記事でした。
日本の其れとは比べるまでも有りません。
経済優先で文化部の記者ずら居ない薄っぺらな記事、情けない状況です。
文化が根付かない日本、少しは見習って欲しいと思います。
水彩画家・長尾周二1712202
展覧会には書道家や陶芸家等のアーティストもいらっしゃって居ます。こうした情報交換も楽しい一時です。

今週で終わります。旅に出ますよ!

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二171217
展覧会会場を少し早めに切り上げて高松市の旧市街に向かいました。
会場を訪れた方の中に高松市美術館で開催中の香川県作家の展覧会を見て頂ければ、との依頼が有ったので先ず其れを拝見しました。

私の記憶の中に栗林公園の中に在った美術館を思い出します。
外光を取り入れたとても爽やかで木のフロアで白い壁、いつか此所で個展を開きたいと付属の研究所に通って居ました。
しかし、その美術館とはまるで違うそれの中に展示されて居ました。近代設備は時に不快感を感じる場合が有ります。私は自然光を取り入れた施設の方が好きでした。

同窓会はお爺さん御婆さんに為った自分の鏡を見て居る様でした。

展覧会には銀行の会長や町長御夫妻を始め色々な分野の方々がいらっしゃって居ます。
中でもコレクターが二人いらっしゃってそれらのコレクションに負けず劣らずとお褒めの言葉を頂きました。作品の良し悪しは自分でコレクションして初めて分かると私も実感しています。ですからそうした方からの評価はとても嬉しく思います。
今日朝一番で広島県から来られた方もいらっしゃって感激しました。会期が長いので飽きて旅にでもと思いが一瞬過りましたがリピーターや紹介で来られるのを目の当たりにすると会場に向かわせます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1712121
寒波襲来で誰も来ないのかと心配しながら美術館に入ったのですが朝から賑わって居ます。一度来られた方の紹介や再度来館者などで大変有難いと感謝して居ます。
展示作品の中でも私が気に入って居る写真を掲載しました。牡丹です、日本を代表する花の一っです。日本滞在中は勿論良く描いて居ましたのでフランスで牡丹が咲いて居るのを見つけた時は感動して夢中で描きました。五月の爽やかな晴れた日に日本で描いた大好きな大輪の牡丹が描ける喜びで満ちていました。何日も咲いて居る訳では有りません。日本で咲いているそれと比べると幾分小ぶりで感動して描いた事を思い出します。
水彩画家・長尾周二1712122
アンティークも早朝から車を走らせ手に入れた私に取っては宝物です。兜姿の陶器で当時は職人が作ったインテリア飾りと聞いて居ますが私には心動かされる作品でした。
水彩画家・長尾周二1712123
そうした展示をご覧戴いた方のリピーターや紹介でいらっしゃって居ると聞いて個展を開催して良かった思って居ます。
会期が長いので途中旅にでもと思っていましたがこうした方々がいらっしゃって居ますので出来るだけ会場に居る様に努めます。
車のタイヤを冬様にしましたから雪景色を描くことも可能です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1712071
雪が降ろうと機会を見付けては写生に励んでいます。防寒は其なりにして居ますが未だこの寒さに慣れて居ませんので構図を決めて目処が着いた処でその日は暖かい館内に引き上げました。友人が来られた事もあり中で歓談しました。
由良山の紅葉はもうすぐ終わりを迎えそうですから今日も仕上げるべく絵筆を持ちます。
水彩画家・長尾周二1712072
ニュースを見ていると益々世界の歯車が狂って善からぬ方向に向かって居る様に感じます。地球の自転軸の変化で地震災害が発生しそうとか、民族対立や戦争が起こりそうとか、心静かに過ごし難い昨今です。私が渡欧する前に経済が萎縮しまず最初に芸術文化の予算や人員削減がなされました。メディアに置いても文化部の専門スタッフが殆ど居なくなって東京や京都でも定期的に取材して居た記者が見えなく為りたまに来ても経済等の兼務で的を得た紙面ではなくなって居ます。生活のためには経済は切り離せませんがだからと言って報道が間違ったり片寄って良い訳が有りません。私の経験でもそうした記者の取材は的外れでガッカリと言った経験が何度か有ります。ま、世の中に余裕が無くなるとこう言うふうに為ると納得です。
そうしたことはさて置き日本には素晴らしい芸術家が大勢いらっしゃる様に感じて居ます。そうした作家の為に此れからも尽力したいと思っています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1712022
師走を迎え何かと忙しない季節ですがお時間に余裕ができましたら是非御覧ください。

展示作品の「渓流」は香川県塩江町の渓流です。当然現地で製作です。80号のパネル4枚繋げて五メートル弱のキャンバスを作り上げてからの制作です。詳しくは過去のブログに記載していますので御覧ください。


水彩画家・長尾周二1712021
展示品の中でコレクションについて書き記します。石膏像は蚤の市で購入した逸品です。
世界遺産のシャトー・シャンボールで開催される最大規模の蚤の市で手に入れました。
早朝星空が望める時間からキャリーバックを曳いてのお宝探しです。
過去にも置時計や絵画を買い求めました。
今所有している作品の中でも最も大好きな彫刻です。
一日部屋で眺めて居ると天使に見えたり悪魔に見えたり様々な表情を感じることが出来ます。
作家名や経歴は調べて居ませんが当時の名作で有ることは疑う余地はありません。  

連日友人や知人が来られ大変ありがたく思っています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1711304
日曜日午後2時から搬入作業に入りました。日曜日は弟が手伝って大作二点を展示しました。月曜日は美術館職員2名も加わり思いのほか順調に展示出来ました。
事前に黒い布地やアンテーク作品を展示する台を購入していましたのでその辺は抜かりが有りません。しかしどうしても忘れ物が出て来て何度か弟の家まで通いました。
水彩画家・長尾周二1711281
自分の作品は16点で難無く終わりましたが問題はアンテーク約30点です。
エミール ガレ、レオナルド フジタ 等々日本初公開の作品も含まれています。
壁に掛けるフックも百均ショップで用意していましたので小品はそれを利用しました。
改めて見てみると良くぞこれだけのコレクションが集まったものだと自分でも感心します。大枚を叩いてあつめたのでは有りませんが見ごたえが有るとおもいます。
水彩画家・長尾周二1711283
皆さまのお蔭で思いの外早く展示が終わり3時過ぎには美術館を後にしました。
自分の作品も旧作を含めて全て手持ちの額縁で終わりました。
日本で制作した作品とヨーロッパ滞在中に制作した作品が展示して居ます。
出来れば大勢の人に見て頂きたいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二171125
額縁を倉庫から出して来て作品を額装します。ヨーロッパに渡航する前から額装された作品も有ります。近作と入れ替えたり点検したりした後に車に積んで行きます。およそ作品が決まればタイトルを書くカードを用意しました。経歴表や説明文を張るパネル制作、展示の為の紐づけと作業が続きます。
その度に必要に為った工具やスチレンボードを百均ショップに買いに行きました。
そうした事を経た後に略準備が終わりました。軽四のバンは満載で全ては入りませんでした。日曜日2時過ぎから搬入作業です。当然月曜日も展示しなければなりません。
しかし、個展は楽しみでも有ります。自分の作品は全て大好きですが欠点や次の制作に向けての反省が生じ又、制作にと意欲が湧いて来ます。
果して会期中大人しく会場に居られるかは疑問です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二171121
今日は先ず地元メディア5社を回って取材依頼をして来ました。
少しでも多くの方に来場して頂き作品とコレクションを見て頂きたく存じます。
明日も新聞社各社を回りたいと思って居ます。

倉庫から作品と額縁を出して点検、出品作品を決めて居ます。やっと12点が決まりました。ヨーロッパに旅立つ前の作品も数点出品します。
新作を額縁に入れ替えての準備です。明日も帰って来たら出品作品の用意です。
後は大作を準備します。帰国して描きに行った伊予富士や四万十川の渓流作品です。
アンテークも展示しますので準備は大変です。
アンテークを展示する台や黒い布地も用意しました。

↑このページのトップヘ